松久直司の経歴Wikiプロフや現在,電気を通すゴムの研究とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレビ朝日『あいつ今何してる?』では、6回受験した東大模試オールA判定で兵庫県の進学校の県立龍野高等学校の教師陣が「高校入試の答案を見ただけで東大に行けると思った」と唸らせた超天才2008年卒業生の松久直司さんが特集。

パナソニック勤務の父と専業主婦の母の間に生まれ、公文式をきっかけに数式への魅力にとりつかれ、iPS細胞の山中伸弥教授と並び「これからの日本を変える研究者30人」に当時、最年少の28歳で選出されたことがあるスタンフォード大学で電気を通すゴム素材の研究している松久直司さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています