日本テレビ系列『ナカイの窓』では、これまでに60台以上所有した芸能人屈指の車好きで知られるテリー伊藤さんや元F1レーサー・片山右京さん、タカハシレーシング社長でカースタント・高橋勝大さん、カーライフジャーナリスト・まるも亜希子さんが出演です。

映画声優や自動車雑誌編集者を経て2003年6月にフリーランスのカーライフジャーナリスト(自動車評論家)として独立、同じくモータージャーナリストの橋本洋平さんとAJAJ会員同士初の結婚して1児(娘)の母親でもある まるも亜希子さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

カーライフジャーナリスト・まるも亜希子さんについて調べてみると「妊娠・結婚・離婚」という関連のキーワードが出てきました。まずは、この3つのキーワードから調べてみました。

まるも亜希子の現在の妊娠・結婚・離婚事情は?

まるも亜希子の現在の妊娠・結婚・離婚事情は

出典:https://car.watch.impress.co.jp/

まるも亜希子さんは、2015年に同じくモータージャーナリストの橋本洋平さんと結婚をしており、娘・和奏(わかな)ちゃんを出産しています。

クルマ関連情報を毎日Web配信している「Car Watch」のサイトにおいて2017年5月29日の記事で結婚したモータージャーナリストの旦那・橋本洋平さんと2歳の娘・和奏(わかな)ちゃんとツインリンクもてぎの「森と星空のキャンプヴィレッジ」ではじめてのBBQをした家族写真を掲載していました。

まるも亜希子さんと結婚した旦那・橋本洋平さんは、学生時代は機械工学を専攻しながらサーキットでフォーミュラカーを使ってドライビングテクニックの修業後、自動車雑誌の編集部に就職するが2003年にフリーランスとして独立している。

レースは速さを争うものやエコラン大会などで好成績を収めており、ドライビングレッスンのインストラクターの活動も行っています。

現在、まるも亜希子さんと結婚した旦那・橋本洋平さんの愛車は、「日産エルグランド」と「トヨタ86 Racing」。(2018年6月時点)

まるも亜希子さんと結婚した旦那・橋本洋平さんは、離婚はしていないようです。(2018年8月時点)

 

WIKIPEDIAより詳しい?まるも亜希子のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前
(読み方)
 まるも亜希子
(まるも あきこ)
本名
(読み方・旧姓)
 橋本 亜希子 旧姓・丸茂
(はしもと あきこ 旧姓・まるも)
生年月日  1973年10月25日
出身地  千葉県船橋市
血液型  O型
身長  
体重  
スリーサイズ  B W H
カップサイズ  
出身高校  東京・青山の私立高校
出身大学  立正大学 法学部
資格  FIA(JAF規定)国内A級ライセンス
 ヤマハ・エレクトーン検定6級
職業  
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ①  恋とクルマと男と女
(https://minkara.carview.co.jp/
userid/364801/blog/)
ブログ②  まるも亜希子の「運転席deナマトーク」
Instagram
インスタグラム
 

 

3姉妹の長女として生まれたまるも亜希子さんは、4歳の頃にピンクの自転車の補助輪を外してもらうと、嬉しさのあまりにどんどん走っているうちに迷子になるが、通りかかった公園のスイカ割り大会に飛び込み参加。

スイカ割り大会で商品のスイカを手にしてピンクの自転車の荷台に括り付けて貰い、無事に帰宅してきたことに家族がビックリ仰天させてしまうなど、活発でおてんばな女の子だったそうです。

小学生時代は、実家から徒歩5分の公立小学校に通っていたまるも亜希子さんは

  • 小学2年から6年まで学級委員
  • 小学1年から6年まで運動会のリレーの選手
  • 小学6年生で放送委員
  • 小学4年生からはミニバスケット部に所属

しながら小学1年生からエレクトーンを習い、休み時間には図書室にこもって読書にふける日々だったそうです。

当時、アイドル全盛期で中学校に進学してからは、巷で流行っていた偽タレント事務所のスカウトにのせられて歌や演技のレッスンを受けていたまるも亜希子さんは、中学3年生の時に卒業アルバム編集委員を経験している。

高校生時代は、地元を離れて東京・青山の私立高校に進学したまるも亜希子さんは、10年間続けたエレクトーンと6年間続けたバスケットを辞めて人生勉強という名の遊びに励み、六本木マクドナルドの店員として、TBSテレビに出演。

立正大学法学部に進学後、埼玉の奥地にある校舎へ通学する為、一人暮らしをスタートしたところ、自動車がないと生活が出来ない状況から慌てて自動車免許を取得。

大学時代に乗った愛車は・・・

フォルクスワーゲン・ビートル(1974年式/クリーム色)
マツダ・ファミリア(年式忘れたけど4ドアセダン)
フィアット124スパイダー(1978年式/イエロー)
ニッサン・ブルーバード(これも年式忘れたけど四角いやつ)
ホンダ・シビック(これも年式不明/シルバーの4ドアセダン)

に乗っていたそうです。

大学在学中に1993年10月に劇場用アニメ『翔ちゃん空をとぶ』で声優デビューや同年12月にはBS放送テレビドラマ出演などのタレント活動をしていた。

大学卒業後、1996年4月に編集プロダクション エディトリアル・クリッパー入社して自動車雑誌「Tipo(ティーポ)」編集部員として採用され、同年8月には鈴鹿1000kmレースに「Tipoマリエール・フェラーリF40」チームのピットクルーとして同行。

「ピンクのレーシングスーツがあったら、着てもいい」と発言したことで本当に2000年6月の開催されたフィアット・パンダで「パンダ・カップ」耐久レースに参戦するも雨でスピンを繰り返し結果は惨敗。

2003年6月にフリーランスの自動車評論家として独立、現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演や寄稿している。

2004年4月、女性だけが参加する国際ラリー大会「ラリー・アイシャ・デ・ガゼル」に初の日本人チームとして参加して完走。

2005年には女性に向けた情報やコラムを発信するウェブサイト「アビリーク」を開設。