前田裕二アナザースカイでUBS証券で金融マン時代と会社を辞めた真相は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本テレビ系列『アナザースカイⅡ』は「夢の数だけ空がある」をテーマにライブ配信サービス「SHOWROOM」で双方向メディアの先駆けともいえるビジネスモデルを確立し、ビジネス書「人生の勝算」がベストセラーで各界の著名人から天才と呼ばれている起業家・前田裕二さんが6年ぶりにニューヨークを訪れます。

学生時代、就職活動のために自己分析ノートを30冊も書いた自己分析魔で深夜放送のラジオ番組で”月に行く人(実業家の前澤友作)”とよく間違えられると明かしていた前田裕二さんがエリート金融マン時代と会社を辞めた真相、NY時代のマンションやメモ術について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています