黒澤奈保子(黒澤遼太郎の母)と祖母(登志子)の仰天教育法は天才東大生の育て方?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年3月30日、フジテレビ系列『さんまの東大方程式』では、第4弾で出演した時に5歳の時に自分が社会不適合者であることを悟って「この世の中は僕には輝き過ぎているんだ」という台詞に明石家さんまが共感した黒澤遼太郎さんが出演です。

「天才東大生の育て方」のコーナーに黒澤遼太郎さんの母親・奈保子さんと祖母・福島登志子さんと共に親子3人で登場した東大生ファミリーの仰天教育や黒澤遼太郎さんの趣味・全国1000カ所ポスト巡りのエピソードなど当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

『さんまの東大方程式』に出演した東京大学の学生

大津高志、河野玄斗、山崎達弥、杉本雛乃、橋本晋太、新井謙士朗、大野崇侃、居石和樹、三浦颯太、宇佐美天彗、葛西祐美、大島一武輝、西垣裕太、土屋育子、江越誠一郎、市原萌百花、高木海翔、八島朋子、藤野晏志、横田桜花、迫野貴大、志波日月、黒澤遼太郎

「天才東大生の育て方」のコーナーに出演した保護者(母親・祖母)

黒澤奈保子、福島登志子、河野克美、八島陽子、西垣美幸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています