関西テレビ制作・フジテレビ系列『セブンルール』では、料理を通して孤立したアジア人女性の自立支援がしたいと思い立ち、26歳で脱サラして神戸・南京町にあるアジア料理専門店「神戸アジアン食堂バルSALA」を経営する黒田尚子さんが密着されます。

 

タイ・台湾・フィリピン出身の4人の女性とモルドバ共和国とネパール出身の2人の接客スタッフが日本の文化・言葉の壁にぶつかり、孤立していた中で母国料理に目を付け、定休日に店を貸し出してその夢を後押しまでしている黒田尚子さんの経歴,セブンルール,Wikipedia風プロフなど当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

日本社会で孤立するアジア出身女性を救うアジアン食堂SALA店長 黒田尚子 7つのルール

日本社会で孤立するアジア出身女性を救うアジアン食堂SALA店長 黒田尚子のセブンルール① 伝票はひらがなで書く

日本社会で孤立するアジア出身女性を救うアジアン食堂SALA店長 黒田尚子のセブンルール② 店の公用語は日本語

日本社会で孤立するアジア出身女性を救うアジアン食堂SALA店長 黒田尚子のセブンルール③ 調味料は必ず母国のものを使う

日本社会で孤立するアジア出身女性を救うアジアン食堂SALA店長 黒田尚子のセブンルール④ 休日はチェーン店をはしご

日本社会で孤立するアジア出身女性を救うアジアン食堂SALA店長 黒田尚子のセブンルール⑤ 帰宅したら1時間 無になる

日本社会で孤立するアジア出身女性を救うアジアン食堂SALA店長 黒田尚子のセブンルール⑥ 料理の感想はシェフに直接聞いてもらう

日本社会で孤立するアジア出身女性を救うアジアン食堂SALA店長 黒田尚子のセブンルール⑦ 毎日みんなの元気を確認する