TBS系列『マツコの知らない世界』では「中国茶の世界」をテーマに一杯のお茶をきっかけに1998年8月12日、有限会社今古茶藉を設立した台湾台北出身の今古茶籍オーナー・簡里佳さんが幻のお茶「千年紅茶」の飲み方の説明で出演です。

 

糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」内コンテンツ「ほぼ日の日本茶」に出演や常連客でもある風吹ジュンさんも簡里佳さん自らの足で中国・台湾各地に出向いて仕入れてくる茶葉など当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

 お茶発祥の国・中国の中国茶文化とその歴史は

値段に見合った品質を経営理念にしている簡里佳さんは、良い年悪い年の中で1番良い状態のお茶を見つけ出し、高いお茶でも安いお茶だとしてもその価格に合った品質を保証できるお茶を提供をしています。

中国茶=烏龍茶と思われている人も多いようです。

中国茶は「中華人民共和国及び台湾などで作られるお茶の総称」で中国は茶樹栽培面積が世界一です。

現在は21の省(区、市)、967もの県や市へ茶産地が広がっており、大きく江北、江南、西南、華南の4地区に分けられています。

 

WIKIPEDIAより詳しい?簡里佳のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前
(読み方)
 簡里佳
(かん りか)
生年月日  1961年??月??日
出身地  台湾・台北市
血液型  
身長  
体重  
出身高校  
出身大学  文化女子大学 生活造形科 →
昭和女子大学 大学院 生活文化専攻修士号取得
所属団体  中国茶葉学会・福建省茶葉学会
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム