児島気奈(K-PRO代表)年齢,経歴,Wikiプロフとセブンルールや結婚事情は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関西テレビ制作・フジテレビ系列『セブンルール』では、小学生の時に見た『タモリのボキャブラ天国』でお笑いに目覚めて高校時代からお笑いライブにボランティアスタッフとして携わった後にお笑い芸人として活動を経て、2004年に22歳でお笑い制作会社「K-PRO」を設立した児島気奈さんに密着。

児島気奈(K-PRO代表)

出典:https://twitter.com/

お笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんなど事務所の垣根を超え多くの芸人からの信頼も厚く、アルコ&ピース平子が「お笑いに抱かれた女」と評し、自らも「お笑いと結婚しているつもり」と言う年間1,000本以上のお笑いライブを主催するお笑い制作会社K-PRO代表の児島気奈さんと7つのルールについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

年間1,000本以上のライブを企画 若手芸人を支えるK-PRO代表 児島気奈 7つのルール

年間1,000本以上のライブを企画 若手芸人を支えるK-PRO代表・児島気奈のセブンルール① ケータリングは豪華にする

年間1,000本以上のライブを企画 若手芸人を支えるK-PRO代表・児島気奈のセブンルール② 暗い服を着る

年間1,000本以上のライブを企画 若手芸人を支えるK-PRO代表・児島気奈のセブンルール③ 食事は1日1品

年間1,000本以上のライブを企画 若手芸人を支えるK-PRO代表・児島気奈のセブンルール④ 右耳でラジオ 左耳で漫才を聴いて作業する

年間1,000本以上のライブを企画 若手芸人を支えるK-PRO代表・児島気奈のセブンルール⑤ 最前列には必ずお客さんを座らせる

年間1,000本以上のライブを企画 若手芸人を支えるK-PRO代表・児島気奈のセブンルール⑥ スベった芸人には声をかける

年間1,000本以上のライブを企画 若手芸人を支えるK-PRO代表・児島気奈のセブンルール⑦ すべての芸人を応援する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています