清咲えみのキャバ嬢最高月収とWikiプロフやコスプレ画像は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、お笑い芸人のずん・飯尾和樹さんがキャバクラ嬢の顔をガン見してNo.1を決める「飯尾No.1」の今回の舞台は、アジア最大級の繁華街、新宿「歌舞伎町」の個性的なキャバ嬢から日本一キャバ嬢の選出にOrange Terrace(オレンジテラス)勤務の清咲えみさんが出演。

ススキノで盤石の地位を築いてきた「AREA-G GROUP(エリアGグループ)」が経営する満を持して歌舞伎町にオープンしたOrange Terrace(オレンジテラス)に勤務している清咲えみさんの人生の裏側など当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

Orange Terrace歌舞伎町No.1キャバ嬢・清咲えみの最高月収は?

飯尾和樹さんの持ちギャグ「ペッコリ45度」で登場したのは新宿生まれの新宿育ちの清咲えみさんは、キャバ嬢歴10年の年齢31歳ですが、Orange Terrace(オレンジテラス)歌舞伎町No.1キャバ嬢だそうです。

声優さんっぽい雰囲気が漂う清咲えみさんはが夜の道に進んだきっかけは、幼少期から母親に「ホステスになりなさい」と言われて母子家庭で育ってきたからだそうです。

清咲えみさんに「ホステスになりなさい」と言っていた母親自身は、キャバクラやホステスの仕事はしておらず、貧乏すぎて毎日ゴキブリが50匹出る家に住みながら色んな人からお金を頂くといった具体的な職業を明かされませんでしたが、破天荒な生活だったようです。

飯尾和樹さんから「”歌舞伎町”ってどんなところ?」と「歌舞伎町で働こうと思ってる人にアドバイスはある?」という質問に聞かれた清咲えみさんの回答は「歌舞伎町は、うわべの寂しさを埋めるのに最適な町」で「問題がなければ来ない方がいい」となんともトークの返しが面白い!

マツコ・デラックスさんも「やっぱ みんな喋れるね 歌舞伎町だと」といった反応で、今回の飯尾No.1歌舞伎町編の飯尾和樹さんが選ぶキャバクラ嬢は、清咲えみさんに決まりそうですね。

清咲えみさんの最高月収については、番組内では公開されていませんでした。

今まで働いていたOrange Terrace(オレンジテラス)歌舞伎町のキャバ嬢に2018年3月23日,24日に初バースデーイベントで過去歴代最高売り上げを更新している人物がいました。

有名メイドカフェ「メイドカフェ めいどりーみん」の人気メイドだった1997年3月22日生まれの”はな”さんは、現在は在籍していませんが、プロフィールに”148cmのおチビだけど目とパイと態度はデカイです許してね♡”と可愛らしいでかなり人気があったように思います。

探してみると初バースデーイベントでオリジナルシャンパンと全部で4つのシャンパンタワーの写真がありました。

現在は、Orange Terrace(オレンジテラス)歌舞伎町のキャバ嬢は辞めており、2018年9月22日のツイッターで・・・

売り上げとか今日の予定とかそういうの気にしなくていい毎日が幸せ。
キャバクラ向いてなかったんだよ。
キャバ嬢しか出来なかったけど。w
…そもそも働くの向いてないんだよね。
毎日ゴロゴロ好きな事して彼(ご主人様)の帰りを待つ(笑)
ってゆー猫みたいな生活を今はしてる
https://twitter.com/55583566から引用

と、彼氏と同棲生活を続けているようですね。ツイッターやインスタグラムのアカウント名は「オレテラ( ⑅•௰•⑅ )はな」から「るっぴちゃん」に変更して、キャバ嬢時代の写真は消しています。

と、清咲えみさんについて調べてたのですが、清咲えみさん自身の情報がほとんどなく、見つけられませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています