木嶋真優路チュー(路上キス)画像と理由はキス魔?バイオリン名前&価格は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フジテレビ系列『アウト×デラックス』では「事務所から禁止されているのに常に路チューしてしまうアーティスト」と題して、幼少期から天才少女と呼ばれながらも幸せが耐えられない、こじらせたアウトな恋愛観を持つ天才美人バイオリニスト・木嶋真優さんがぶっちゃけトーク披露します。

13歳の時に好きになった男性が60歳以上だったり、バキバキな筋肉質よりも肌がプニョッとなってる感じで肌がたるんたるんな好きなことから60歳以上が恋愛対象の木嶋真優さんの路チュー(路上キス)画像やバイオリン名前&価格について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

木嶋真優のバイオリン名前&価格と所有者のCoCo宗次德二とは?

1699年に作られた約10億円のバイオリンの名器”ストラディバリウス”と弓の値段だけでも3500万円という高額なヴァイオリンですが、CoCo壱番屋(ココイチ)の創業者・宗次德二さんから貸与されていることでも有名ですね。

ちなみに木嶋真優さんが貸与されているヴァイオリンは、NPO法人イエロー・エンジェルの宗次コレクションからバイオリンアントニオ・ストラディヴァリ製作の「ウォルナー(Walner)」といいます。

2019年6月6日に宗次德二さんが取締役を務める資産管理会社ベストライフなどで計約27億円の申告漏れを名古屋国税局に指摘され、宗次德二さんと妻らは、過少申告加算税を含む計約9億円を既に納付していたそうです。

CoCo壱番屋(ココイチ)の創業者・宗次德二さんは、2002年に経営から引退してから私財を投じて名古屋市内にクラシックの音楽ホール「宗次ホール」を建設や音楽家を支援するために現在、ストラディバリウスのバイオリンやチェロ計6丁を含む約30丁の楽器を国内外の有望な音楽家に無償で貸与活動をされています。

今回の申告漏れは、任せていた税理士の知識不足と語っています。

  • 楽器を減価償却の対象として経費に計上して申告
    →国税局は年月を経ても価値の下がらない資産のため、経費計上は不適切と判断により2016年6月期に法人税約20億円の申告漏れとして指摘される
  • 楽器取得のため資産管理会社ベストライフに貸し付けた約10億円の債権を放棄
    →株主である親族らへの「みなし贈与」と認定されて個人所得約7億円の申告漏れと指摘される

木嶋真優の路チュー画像や常に路チューしてしまう理由はキス魔?

木嶋真優の幸せが耐えられない理由とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています