フジテレビ系列『ダウンタウンなう』の人気企画「本音でハシゴ酒」にモデルで女優で歌手でもあるマルチに活躍しながら3度の結婚を経て4人の子供の母親で出産を機に禁酒していましたが、約1年ぶりにお酒を解禁した土屋アンナさんが現在の旦那・ケントさんと出演します。

土屋アンナの結婚遍歴,現在の旦那(ケント)

フリップを見ながら自らの結婚遍歴から過去の旦那と現在の旦那は、土屋アンナさんよりも7歳年下でサラリーマンからマネージャーに転身している旦那・ケントさんとの馴れ初めや結婚を決意させたプロポーズなど当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

土屋アンナの結婚遍歴は全てデキ婚だった

1回目の(デキ)結婚した旦那「モデルのジョシュア」

アイルランド人の血もひくポーランド系アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれた土屋アンナさんは、同じ事務所に所属していたモデル仲間を通じて知り合ったジョシュア(Joshua)さんと2004年6月15日に結婚と妊娠を発表。
※2004年11月19日に長男・澄海(スカイ)を出産

2回目の(デキ)結婚した旦那「スタイリストの菊池大和」

 

3回目の(デキ)結婚した旦那「一般男性のケント」

 

土屋アンナと母親の間にあった確執の理由と現在

2014年10月17日に放送された母娘が水入らずで過ごして本音を出し合うフジテレビ系列『バナナマンの決断は金曜日!』において、土屋アンナさんと所属事務所の社長でもある母親・土屋眞弓さんと確執ができたきっかけの当時の”デキ婚”について語り合っています。

土屋アンナさんは、長男・澄海(スカイ)くんの妊娠について喜んで貰えると思っていたそうですが、喜びたくてもモデルや女優として注目を集めた始めたばかりだった事もあり、素直に喜ぶことができずに仕事を辞めるように言い合ったそうです。

2回目のデキ婚についても母親・土屋眞弓さんに籍を入れない方がいいと言われてるも籍を入れることに再び衝突したそうです。

現在は、子育てしながら仕事ができるように全面的にサポートをしてくれている母親・土屋眞弓さんですが、土屋アンナさんの中では長男・澄海(スカイ)くんを妊娠した時に祝福してくれなかったことが心のどこかでくすぶっていたそうです。

『バナナマンの決断は金曜日!』という番組の中で母親・土屋眞弓さんは、幼少時代から歌手になりたかった夢を厳格な両親がテレビに出ることが許してくれずに叶えられず、娘の土屋アンナさんが歌手として活躍することで疑似体験になって喜びだったことを打ち明けました。

しかし、10代で正統派モデルとして道を歩み始めたと良かったと思った途端にパンク風に変貌した理由が全く理解ができず、反発されているとしか見えなかったそうです。

土屋アンナさんは、キレイな服を着て見た目からイイ人と言われるよりも逆に自分の激しい(パンク風な)格好でイイ人と言ってくれる友だちを見つけやすくするための”自分の鎧”だった事などを互いに打ち明け始めます。

そして、番組では長男・澄海(スカイ)くんの妊娠について喜んでくれなかった本心について母親・土屋眞弓さんは

「世間体を気にしない人間だったのに、この仕事をやっていることによって世間体を気にした瞬間があった。「良かったね」と言いたかったのに言わせてもらえない。娘たちのせいにしている自分に腹が立ったり、自分にムカつきました」

と、胸のうちを全て曝け出した母親・土屋眞弓さんに向かって土屋アンナは「良い言葉だね・・・」と笑顔で返し、確執は氷解できたようですよ。