テレビ東京『家、ついて行ってイイですか?』では「真夜中の大都会!港区白金高輪で発見!真夜中に汗だくスポーツイケメン」と題して東京都港区にある白金高輪でプロフリースタイルフットボーラーの日本代表でイケメン”Kazane(かざね)”こと島崎風音さんの自宅を訪問します。

Kazane(島崎風音)彼女(ソフィー)

出典:https://www.instagram.com/

自宅にはTinder(ティンダー)で出会ったアメリカ・ボストン出身の大学生でモデルをしている美人な彼女・ソフィーさんと同棲中でリアルな20代の恋愛事情や波瀾万丈の人生を明かした世界4位の実力と持つリフティング日本代表”Kazane(かざね)”こと島崎風音さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

世界4位のKazane(かざね)が行うフリースタイルフットボールとは?

サッカーから派生した手以外の部位を使ったリフティングやドリブルなどを飛躍させて魅せることに特化したフリースタイルフットボールは、技術によってカテゴリーに分けられ、現在もカテゴリーは派生し続けさらに枝分かれを続けているそうです。

主なパフォーマンスカテゴリーとしては・・・

  • 立った状態で足技を行う「エアムーブ
  • 座った状態でボールを扱う「シッティングムーブ
  • 上半身でボールを扱う「アッパームーブ
  • 地面にボールが着いたまま扱う「グランドムーブ

サッカーボールを用いた足技は古くから存在したがそれがフリースタイルフットボールとして世界に広まりはじめたきっかけとなったのはナイキが2003年頃に始めたキャンペーンであった。

有名プレイヤーのロナウジーニョ、ロナウド、ダービッツらを起用したJoga Bonitoと呼ばれる選手たちによるテクニックを収めたビデオがいくつか作られインターネット上でも公開された。

初期は韓国のプロフリースタイラーのMr.Wooにも見られるようなサッカーの要素を強く残したスタイルが主流であったが、その後インターネットの普及や動画サイトの誕生によって世界中のプレイヤーが新しいトリックを生み出し、自由に公開できるようになるとフリースタイルフットボールのトリック、スタイルはより複雑化し多様性を持つようになった。
Wikipediaから引用

 

2019年2月時点では、フリースタイルフットボール専用ボールはなく、フリースタイルフットボーラーは、サッカーボールの5号球を使用しています。

レッドブル (Red Bull)が主催している世界大会「Red Bull Street Style」の場合は、ストリートサッカー&フリースタイルフットボール専門のアパレルブランド「Monta」の表面がデニム素材の4.5号球という特殊なサッカーボールが使用されている。

 

Kazane(かざね)の必殺技「カザネクラッチ」とは