川村優希(美人医師)に彼氏発覚!?東大院生でMENSA(メンサ)会員の高学歴 実家もお金持ち?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JAPAN MENSA(メンサ)の会員?

MENSA

出典:https://twitter.com/

MENSA(メンサ)とは、1946年にイギリスで創設された、全人口の内上位2%のIQ(知能指数)の持ち主であれば、誰でも入れる国際グループです。 メンサは、世界100ヶ国以上、10万人以上の会員を持つ国際的グループです。 メンサはメンバー同士の知的交流の場を提供します。その活動は、講義、ミーティング、会報、特定の趣味を持つグループ、 地域レベル・国レベル・世界レベルのイベントによる交流を含んでいます。 そして知能に関するプロジェクトでメンサの内部や外部の研究者への協力を行います。
https://mensa.jp/から引用

「メンサ」とはラテン語で「テーブル」を意味し、円卓を囲むメンバーが、その人の人種、皮膚の色、宗教的信条、国籍、年齢、政治、学歴や社会的なバックグラウンドは無関係、平等な権利と義務を持っているそうです。

メンサは、「知性才能を、認知、育成し、人類の向上に役立てること」、「知性の原理、性質、そしてその適用などを研究することを激励すること」、「メンバーのための知的、かつ社会的活動を促進させること」という3つの目的があるようです。

つまり、会員が毎週(だいたい土曜日)のように例会やオフ会を開催し、自由奔放な議論をしながら夕食や飲料を楽しんだり、 全ては、あなたの知的利益を共有する会をMENSA(メンサ)が提供しているということでしょう。

芸能界では宇治原史規さん、茂木健一郎さん、中野信子さん、高田明日路さん、パックンマックンのパックン(元会員)がいます。特に宇治原史規さんはIQ144もあります。ちなみに会員のIQは148以上と言われているそうです。

スポンサードリンク
[ad#1]

川村優希MENSA

JAPAN MENSA(メンサ)の入会テストは不合格の場合、1年以上間を開ける事で生涯のうち3回まで受けることが出来るようです。受験料は10,000円です。

合格できた場合は、別途入会金3,000円・入会された年の年会費(3,000円を月割り)・入会された翌年の年会費3,000円・会員証発行料2,000円が必要のようです。

川村優希さんは、全人口の上位2%のIQの持ち主しか入れないと言う高知能団体JAPAN MENSA(メンサ)のオリエンテーションや、オフ会にも初参加しました。オリエンテーションは新人MENSA(メンサ)達への説明会でした。

オフ会は庶民の味方「黄金(きん)の蔵」で行われたのですが、集まった8人のメンバーの学歴が東大院生3人、東大卒、東京理科大学卒、早稲田院生、ウェルズリー大学卒と豪華です。そして、「我々は3次元しか把握できてないけど、超ひも理論をひも解くと、11次元まであるっていうじゃないですか?」 と会話が始まりました。

川村優希3

少しお付き合い下さい。

「要は3次元って、我々はxyzしか把握できていないですけど我々が持っている粒子って実はそれ以外にも性質を持っているんですよ。加速器みたいなところに行って強い勢いで物をバチコーンとぶつけると違うものになるわけですよね。いわゆる錬金術・・・・・・・・」

お酒に酔う前に言葉に酔ってしまう人もいるかもしれないですね。(笑)自分はこういう会話は興味を持ってしまうタイプですが、皆さんはどうでしょうか。

週間医学界新聞でインタビューをしていた?

2011年7月11日の「週間医学界新聞(第2936号)」に当時横浜市立大学医学部6年生だった川村優希さんがWHOグローバルインフルエンザプログラム・オフィサー進藤奈邦子さんにインタビューをしている記事が掲載れています。

週間医学界新聞

週間医学界新聞1

出典:https://twitter.com/nwsppr/pdf/2936.pdf

医学書院は、1944年(昭和19年)、日本医学雑誌株式会社として創立。1950年(昭和25年)株式会社医学書院と改称し現在に至り、医学雑誌・医学書籍・医学辞典などを発行する出版社の中でも最大手の医学系出版社です。

今後の川村優希さんに注目してみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています