TBS系列『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』で緊急生放送で重大発表の内容ですが、2019年2月15日発売の写真週刊誌「FRIDAY」で交際中のドッグカフェで働く”狙ってる女(狙女)”の本当は交際10年だったクミさんにお笑いコンビ・オードリーの春日俊彰さんが、2019年3月25日にプロポーズをするまでの120日間とクミさんの顔も公開されます。

 

写真週刊誌「フライデー」は、一般女性のクミさんの実家に宿泊した様子を報じらるなど、ネット上で「やり過ぎでは?」といった声も上がっていましたが、春日俊彰さんが音楽でプロポーズをしたいということで国民的歌手「ゆず」と栄光の架け橋コラボしたプロポーズについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

2019年3月25日 クミさん&春日の公開プロポーズをするまでの120日間の軌跡

 

 

 

交際5年ではなく10年だった”春日の嘘”に隠されていた純愛物語

 

 

 

春日俊彰が教会でクミさんに読み上げた手紙の内容

クミさん、今までたくさんの手紙をもらってきたけど、きょう初めて手紙を書きます。

きのう、家にある数々の手紙を読み返してみました。春日の誕生日、バレンタイン、クリスマス、一ヶ月記念、一年記念、春日が入院したとき、M-1の日。そのどれもが春日に対する気持ちで溢れ、体のことを心配してくれ、最後は必ず『また、来年も同じように祝いたい』で終わっていました。

すべての手紙に2人の将来に対してのたくさんの期待が詰まっていました。しかし年々、手紙の数は減っていき、最後の手紙は5年前のことでした。手紙に変わって『結婚のことはどう考えてるの?』というメールになりました。

不安にさせて、悲しくさせて、つらい思いをさせて、ごめんなさい。結婚している友達が多くいる集まりで話に入っていけず、台所で料理をさせるフリをさせてごめんなさい。結婚で何かが変わってしまうのが、怖かったんです。クミさんのことより、自分のことしか考えてこなかったんです。

好きな人を一生、幸せにする覚悟が生まれるのに10年も掛かってしまいました。
長い間、待たせてごめんね。これからも携帯をいじって、ハイボールを飲んで、寝るだけかもしれないけど、焼き肉は絶対に食べ放題かもしれないけど、誕生日プレゼントは中古かもしれないけど、ただ温泉に行くとき、たまには特急に乗りましょうか。

この先の普通の日を、一緒に普通に過ごしたいです。