2018年8月2日、日本テレビ『衝撃のアノ人に会ってみた! 第8弾』の「箱根駅伝ランナーの「今」を大追跡SP」では、1979年と80年の2回、箱根駅伝に出場経験と瀬古利彦さんが襷を渡した同級生で経済小説家で知られる黒木亮さんが生き別れた父親の真実を語ります。

 

2000年11月10日に「トップ・レフト: ウォール街の鷲を撃て」を出版した時に本名・金山雅之から黒木亮の名前で経済小説でデビューを果たし、箱根駅伝のドラマを描く自伝小説「冬の喝采」で自らの陸上人生を書いている”金山雅之”こと黒木亮さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

1979年第55回箱根駅伝で金山雅之(黒木亮)さんが襷を受け取った人物は、箱根駅伝では4年連続で”花の2区”を担当した日本陸上界のレジェンド・瀬古俊彦さんです。

 

 

 

WIKIPEDIAより詳しい?黒木亮のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

本名
(読み方)
 金山 雅之
(かなやま まさゆき)
ペンネーム  黒木亮
生年月日  1957年
出身地  北海道雨竜郡秩父別町
血液型  
身長  
体重  
出身高校  北海道深川西高等学校
出身大学  早稲田大学法学部
職業  
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム