真喜志慶治(柔道家)結婚した妻の馴れ初めや現在,山下2世では無くなった戦い とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TBS『消えた天才 ~超一流が勝てなかった人 大追跡~』では、1984年ロサンゼルスオリンピック金メダリストで柔道界のレジェンド・山下泰裕さんが自ら、私の後継者だと太鼓判を押して「山下2世」と認めた天才・真喜志慶治さん之現在が特集されます。

オリンピックには1度も出場できず引退した裏には、日本国内にも関わらず1996年全日本選手権で当時、高校生だった井上康生さんとの味わったとんでもないアウェイ戦が関係していた消えた天才・・真喜志慶治さんや妻・有子さんとの馴れ初めなど当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています