神木隆之介しゃべくりで「バクマン。」共演の佐藤健とは先輩・後輩の仲で私服が変だってよ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2015年9月14日、日本テレビ系列『しゃべくり007』では「先輩・後輩ココが変だってよ007」と題して神木隆之介さんが初登場です。実写映画『バクマン。』の公開も間近で演技も私生活も申し分ないのに私服がダサいそうです。

神木隆之介

出典:映画『バクマン。』公式サイト

同じ事務所の先輩・後輩の間柄というわけで、二人の普通とはちょっと違う“変”なところを紹介されるようです。「どうしてもやってしまうこと」、「叶えたい夢」などが明らかになるそうです。それでは当たり障りなく紹介していきたいと思います。

Wikiより詳しい?神木隆之介のプロフィール

 神木隆之介1

 出典:神木 隆之介 – アミューズ オフィシャル ウェブサイト

名前:神木隆之介(かみき りゅうのすけ)
生年月日:1993年5月19日
出生地:埼玉県富士見市
出身校:日出中学校芸能コース→堀越高等学校TRAITコース
身長:167 cm
血液型:B型
職業:俳優
活動期間:1995年 –
事務所:セントラルグループ・セントラル子供タレント→アミューズ

出生当初は大病をして体が弱く、助かる確率は1%だったらしく、生きている証を残したいと、母親が2歳でセントラルグループ・セントラル子供タレントへ入団させ、トイボックスの「ミッキーのおしゃべりハンドル」のCMに出演されました。

1999年、テレビドラマ『グッドニュース』でドラマデビューを果たしました。2004年、映画『お父さんのバックドロップ』で、プロレスラーの父親と距離を置く息子役を演じ、2005年、アミューズに移籍しています。同年、映画『妖怪大戦争』で主演し、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しました。

2006年7月1日、単発ドラマ『探偵学園Q』でドラマ初主演し、2007年、連続ドラマ化されました。

2008年、テレビドラマ『風のガーデン』で知的障害児役を演じる。

2010年、NHKスペシャルドラマ『心の糸』ではろう者役の松雪泰子の息子役を演じ、手話とピアノの特訓を受け、2011年にモンテカルロ・テレビ祭男優賞にノミネートされました。

2010年10月から放送されたテレビドラマ『11人もいる!』で主演。2012年4月7日、『劇場版 SPEC〜天〜』に出演し、同年、8月11日に公開された『桐島、部活やめるってよ』では「ヘタレ」の高校生を演じました。

2012年1月8日から12月23日の間に放送されたNHK大河ドラマ第51作目になる『平清盛』で源義経を演じているのですが、実は、2005年(小学5年生の時)、大河ドラマ『義経』で牛若丸を演じており、同じ人物の幼少期と成人期を演じたのは、神木隆之介さんで2人目です。
※1人目は、1996年『秀吉』と2009年『天地人』で石田三成を演じた小栗旬さん

2013年、テレビドラマ『家族ゲーム』に出演し、優等生の二面性を演じ、高い評価を得て、2014年、映画『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』に、原作でも人気の高い瀬田宗次郎役で出演されました。

2015年10月3日より2008年より2012年まで「週刊少年ジャンプ」で連載された原作:大場つぐみ・小畑健『バクマン。』の実写版が公開されます。高木秋人(たかぎ あきと)役を演じます。今話題の若手本格派俳優として注目を集めています。

(2015年9月時点)

おしゃれイズムでうっかりミスで掟破り?続きは次へ

神木隆之介うっかりミスで掟破り?

神木隆之介さんが、先週の金曜日に『おしゃれイズム』に収録に来たときの話です。神木隆之介さんが上田晋也さんに「よろしくお願いします。あと来週の『しゃべくり007』でもよろしくお願いします」と言ってしまい「え?『しゃべくり007』に来るの?」と上田晋也さんが聞き返すと「はい!佐藤健くんと一緒に行きます」とうっかりミスを犯してしまったことを暴露されていました。

神木隆之介2

スタジオでは観客が「カワイイ~!」と心を掴まれていると上田晋也さんが「今カワイイ関係ねぇんじゃ!」とツッコミを入れていました。有田哲平からも「芸能界のルールだから!」とツッコミが下されていました。

『しゃべくり007』は、登場するまで誰がゲストであるかレギュラー陣には知らされないというルールのもと行われていることを上田晋也さんは説明したそうですが、その時の神木隆之介さんは理解ができていなかったようです。

神木隆之介の性格は?

上田晋也さんが『おしゃれイズム』でいっぱい話をした時に「かわいくて正統派」と印象を受けたたそうです。また、お笑い好きでふざけた事も大好きだと明かされ、神木隆之介さん曰く「人を楽しくさせたいな」という思いがあるそうです。

プライベートでも仲が良い佐藤健さんが「ホント明るい、裏表がない」と神木隆之介さんを紹介していました。逆に佐藤健さんのテンションは、高い方ではないと佐藤健さん自ら明かしていました。『バクマン。』の撮影現場でも神木隆之介さんは朝からテンションが高いそうです。

神木隆之介の成長記録【画像で紹介】

神木隆之介3

ドラマ『サイコドクター』2002年(9歳)

上田晋也さんに「9歳の頃から演技に感情をわかって入れられるものなの?」の質問に対して「セリフがどういう意図として言ったのか深い所までは読み取ることは難しかったけど、話の流れとか簡単な流れはちゃんと入っていました」と明かしていました。

 るろうに剣心の裏側

佐藤健さんは前作に出演していたので、稽古はクランクインの3か月前だったそうですが、神木隆之介さんは8か月ぐらいだったそうです。部活のような毎日だったようです。神木隆之介さんは、瀬田宗次郎役に決まる前から勝手にやっていたそうです。

マンガを見た時に瀬田宗次郎に雰囲気似てるかなと思い、佐藤健さんの前で「宗次郎っていう役の『縮地』って言うんだけど見て!」とずっと見てもらい「人ってこんな呆れた顔するんだ」と気付かされたそうです。

本格派俳優2人のちょっと変な部分を丸裸にしよう!先輩・後輩、ココが変だってよ007!

神木隆之介4

 知ってる?好きな寿司ネタで性格丸裸!ザ・すし占い!

8個の寿司ネタの中から最初に食べるモノを選んでください。

神木隆之介6

玉子 マグロ のり巻き イクラ エビ ウニ イカ ガリ

神木隆之介さんは「マグロ」を選びました。しゃべくりのメンバーは、名倉潤さんは「エビ」。有田哲平さん「アジ」とボケて「ガリ」を選び、原田泰造さんは「サーモン」でボケて「そしたらガリになっちゃう」とガリを選び、堀内健さんは「来たものから」とボケて「じゃあもうガリ」と選び、徳井義実さんは「今、お腹減ってない、さっきお弁当食べたから」とボケてから「じゃあもうガリ」と寿司ネタでボケていきました。

神木隆之介さんが「僕もやっぱりガリに変えてイイ?」と言い出しました。上田晋也さんが「え?なんで?じゃもう一回言うよ?」という話に戻り、8つの寿司ネタを再び順に言い直して神木隆之介さんが選びなおしたものは「回ってきたものから」というと「8つから選べ!」とツッコまれていました。選び直したのはやっぱり「ガリ」でした。言いたかったんですね。(笑)それが伝播して佐藤健さんにも降りかかりました。
【佐藤健さんの話を知りたい方はココ

後輩・神木隆之介:神木、お辞儀が深すぎる

神木隆之介7

ここ最近言われるようになった話のようです。「映画、ドラマの番宣で番組にお邪魔させて頂く時に、頭を下げるのはあたりまえじゃないですか。そこで自分がお辞儀をすると神木隆之介の名前の所から(自分が)消えてる」と明かしていました。実際の映像も番組で紹介されていたのでご覧下さい。

神木隆之介9 神木隆之介8

『しゃべくり』のステージでも佐藤健さんを含めて、どれぐらいのお辞儀の深さになっているのか検証されることになりました。すると映像がスゴいことになりました。(笑)その映像もご覧下さい。放送事故のようになっています。

神木隆之介10

そこに堀内健先生がお辞儀した後にそのまま腕を上げて手をキツネにすれば見えなくなることはないとアドバイスしたその結果、映像でみるとわかりやすいのでご覧下さい。その後に、そのキツネを使って喋ればいいと堀内健先生がボケを被せてきました。ただやり過ぎると腕を損傷してしまいます。

神木隆之介11

スポンサードリンク
[ad#1]

後輩・神木隆之介:神木、健先輩の写真集撮りたいってよ

神木隆之介12

以前から佐藤健さんを撮りたいと思っていたそうです。佐藤健さん曰く「撮られる時、めちゃめちゃ近いので、『お前どうした?』」と言うそうです。撮りたい理由は、人を惹きつける力がある事、何か集中している時、ボーっとしている時やミステリアスな雰囲気を持っているから、もっと知りたいから撮りたいのだそうです。

上田晋也さんに「自分の写真集を出したいとかはないの?」に対しては「撮る側ですね僕は」と気持ちはカメラマンです。挙は特別に夢が叶いました。それでは写真家・神木隆之介さんの作品を紹介してみたいと思います。佐藤健さんが言うカメラが近いという画像から紹介もしておきます。

神木隆之介13

写真家・神木隆之介 『佐藤健』

佐藤健4
『無題』

佐藤健5
『無題』

佐藤健6
『パーティーに来た感じ』

番組では、ハマっていること『神木、1人カラオケするってよ』はカットされていました。これからも神木隆之介さんの作品を観ていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています