2017年10月16日、日本テレビ系列『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 合体SP』では「強い女性は本当に幸せなのか?」をテーマに亀田三兄弟の三男で元WBO世界バンタム級王者・亀田和毅さんの美人妻・亀田シルセさんが密着されます。

夫・亀田和毅と妻のシルセ・クエバスの馴れ初め4

亀田シルセさんは夫・亀田和毅さんの3歳年上でアマチュアの元ボクサーだった亀田シルセことシルセ・クエバスさんの遠い親戚には元WBA世界ウエルター級王者のホセ・クエバスさんがいて、2人は2015年10月に結婚するまでの馴れ初めなど当たり障りなく紹介してみた思います。

スポンサードリンク

夫・亀田和毅と妻のシルセ・クエバスの馴れ初めは?

2005年4月28日に大阪府大阪市東成区にあるグリーンツダジムから東京の協栄ジムへ移籍した兄(長男)・亀田興毅さんと東京に転居して高校には進学せず、東京都葛飾区に本拠地を置いて2007年5月に行われる全日本実業団選手権でアマチュアデビューして17歳になり次第プロライセンスを取得する予定でした。

2007年3月7日、日本アマチュアボクシング連盟からJABFルールに則って

  • 髪型の前髪は眉毛まで、後ろ髪はうなじまでとの規則に違反
  • テレビ番組、メディア出演などがアマ資格に抵触する可能性

がある為、ルールを守り品性を保つことができなかればアマチュアのリングに上がれない可能性を通達したと報道があり、父親でトレーナーだった亀田史郎さんは、日本国外でデビューさせる意向を示し、メキシコ武者修行に旅立つことに。
※北京オリンピックにおけるボクシング競技は、予選の段階で17歳以上という年齢制限に満たせずに出場は不可能でした

 

亀田興毅と亀田大毅が愛のキューピット?

久しぶりの外食で焼肉酒場「牛恋」で亀田三兄弟とシルセ・クエバスさんの会話で亀田興毅さんと亀田大毅さんが愛のキューピットだった事が明かされました。

当時15歳の時に単身メキシコにボクシング修行していた亀田和毅さんとシルセ・クエバスさんが付き合うきっかけになったのが誹謗中傷されて狂犬一家といわれていた亀田家の亀田興毅さんと亀田大毅さんでした。

一番始めの出会いは、メキシコで亀田和毅さんの試合を見に行っていた亀田興毅さんと亀田大毅さんが会場で偶然にシルセ・クエバスさんを発見したそうです。

当時、リア・ディゾンが大好きだった亀田和毅さんに「リア・ディゾン以上に綺麗な子おったぞ」と言ったことろ「嘘!?どこどこ」という反応を見せていたそうです。

兄・亀田興毅さんは「彼女できたらメキシコに滞在できる。強引に付き合った方が絶対にええ」と考えたそうですが、シルセ・クエバスさんは家でネットで調べると亀田大毅さん歴史的反則負けや猛バッシングされて悪いことばかり書かれていた事がメキシコにも知られていたそうです。

初デートでは、シルセ・クエバスさんを心配して家族同伴(母親といとこ)でしたが、デートの誘いをOKしたのには意外な理由があったのです。

その理由は、当時19歳だったシルセ・クエバスさんからは

  • 16歳だった亀田和毅さんがカワイイと思った
  • 1人でメキシコに来てカワいそうだから遊びましょうと思った

シルセ・クエバスさんに一目惚れした亀田和毅さんは辞書を持ちながら猛アプローチして、超奥手だった2人が手をつないだのは付き合い出してから半年後だったそうです。

母親にキスをしたのか聞かれて、まだしていない事を明かしたシルセ・クエバスさんは、自ら行けと言われたそうです。しかし、その後に亀田和毅さんからハグされてから おでこ→鼻→唇のコンビネーションのキスをされて「K.O♥」だったことを明かしていました。 

 

亀田和毅の美人嫁・シルセクエバスさんのWikipedia風プロフィールとの好きな日本語が「当たり前」その深イイ理由はPages2へ