亀田興毅はアウトデラックスで悪キャラを演じていたと暴露?嫁はスポーツ選手の妻の鏡?引退後は服飾デザイナー?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OUT① 雑誌と格闘していた浪速の闘拳

亀田興毅10

小さい頃から父親(亀田史郎さん)の傍にいて、親戚と会っても挨拶も出来ないほど人見知りの性格であることを明かしていました。デビューをする時に「自分の殻を破らなアカン、初めが肝心。ここで今まで通りやったらお前は人間変わられへんで」と父親に言われたそうです。

2003年12月、デビュー戦の記者会見で少年ジャンプを破るというパフォーマンスの後、対戦相手デンナロン・シスソバに対して「次の試合30秒以内で絶対倒す」と相手を挑発し、1R 44秒 KOでプロデビューを勝利で飾りました。

亀田興毅11

しかし、記者会見の裏には、実はアウトが隠されていた事が判明しました。亀田興毅さんは当時を振り返りながらパフォーマンスをいっぱい考えていた事を明らかにしました。

週刊雑誌「ジャンプ」、「チャンピオン」、「マガジン」は破りやすいそうですが、「タウンページ」、「ハローページ」は結構破りにくいそうです。記者会見の前に確かめて破りやすいものを探して練習していたそうです。

記者会見の1日前は、緊張して寝られなかったそうです。会見でジャンプを破った後に「よっしゃ!」と言っていましたが「よっしゃ!(破れてよかった)」という思いがあった事を暴露していました。

OUT② 今夜はノーガード

亀田興毅9

普通に「いい試合します、頑張ります」と会見して、普通に試合するだけではメディアに取り上げられるのは小さいが、演出する事によって大きく取り上げられるようにすることがプロだと父親(亀田史郎さん)から言われていたそうです。

実際に、演出をした事によって新聞に大きく取り上げられたのを見た瞬間に亀田興毅さんは自信になり、プロボクサー・亀田興毅が誕生したそうです。プロボクサー・亀田興毅に対してバッシングされたり、文句を言われても別に気にならなかったと明かしていました。

スポンサードリンク
[ad#1]

OUT③ 浪速の闘拳 何処へ OUT④ ちらつく強面キャラの呪縛

亀田興毅8 亀田興毅7

現役時代は、プロボクサー・亀田興毅をテレビを観てもらい、お金を払って会場に来てもらいというある意味1つの商品だった事を明かしながら、今はもうボクサーを引退しているのでこれから嫌われたくない、自由に生きたいと本音を打ち明けていました

OUT⑤ 計り知れない下準備

亀田興毅5

坂上忍さんからカルロス・ファハルドが同席した世界前哨戦の計量前の記者会見で減量に苦しんでいたカルロス・ファハルドの目前で骨付きチキンを食べて清涼飲料水を一気飲みするパフォーマンスを見せていた時も罪悪感はあったのかという質問がありました。

この質問でもアウトな苦労がありました。

記者会見の前に、普通よりも体重を300gほど落としていたそうです。前もって清涼飲料水とチキンが何gか量っていたことを暴露していました。当時を振り返り、減量はとてもしんどかったそうです。

OUT⑥ 刺繍のすゝめ

亀田興毅3

引退してからは、スーツばかり着ているそうです。スーツにもこだわりがあり、「福沢諭吉よ寄って来い、俺の懐に寄って来い!」という気持ちから右の裏側に福沢諭吉の刺繍をいれているようです。

亀田興毅4

これからの亀田興毅さんの動向が楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています