2018年8月5日、毎日放送制作・TBS系列『林先生が驚く初耳学!』の人気企画「澤部の初耳ピーポー第33弾」では、神田愛花アナや鈴木奈穗子アナが同期で2009年までNHKアナウンサーとして働き、様々な取材をしてきた梶浦明日香さんが出演です。

梶浦明日香アナ(伊勢根付職人)

出典:https://shikinobi.com/

様々な伝統工芸の職人の取材した際に伝統工芸が抱える危機を知り、感化されて転職した場所は、江戸時代の建物が残る三重県関宿で着物に付ける伝統工芸品「根付」の彫り職人として9年目となる梶浦明日香さんと今後の目標について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

梶浦明日香の伊勢根付の製作期間や値段はいくら?

女子アナウンサーは若さに価値があって将来に不安があったが、現在の仕事は年齢を重ねることが、どんどん武器になるのが魅力的で転職を決断したそうです。

「根付」とは、着物の帯に「印籠」や「巾着」を下げる為の留め具として使用されていた伝統工芸品を原材料となる木材から選び、およそ3ヶ月で1つの作品が完成するそうです。

完成度の高さからイギリスの展示会で大賞を受賞している梶浦明日香さんの作品のお値段は、高い物で値段は40万円もするそうです。

 

WIKIPEDIAより詳しい?梶浦明日香のプロフィールと経歴・学歴

梶浦明日香アナ(伊勢根付職人)1

出典:https://www.facebook.com/

名前
(読み方)
 梶浦明日香
(かじうら あすか)
生年月日  1981年9月11日
出身地  岐阜県中津川市
血液型  ??型
身長  
体重  
スリーサイズ  B?? W?? H??
カップサイズ  ??
出身高校  恵那高等学校
出身大学  立教大学 観光学部
職業  元NHK名古屋放送局・津放送局キャスター
 伊勢根付職人
SNS・ブログ
ホームページ  根付職人 梶浦明日香 – Wix.com
Facebook
 https://www.facebook.com/
asuka.kajiura
Twitter
ツイッター
 @kajiura_asuka
(https://twitter.com/kajiura_asuka)
ブログ  伊勢根付職人 明日香のblog
Instagram
インスタグラム
 

 

梶浦明日香の主な受賞歴

2018年
DISCOVER THE ONE JAPANESE ART 2018 IN LONDON 大賞受賞

2016年
「現代木彫根付公募展」優秀賞

2012年
「ゆかたキレイコンテスト」全国グランプリ受賞

 

小学生の頃からアナウンサーに憧れていた梶浦明日香さんは、アナウンサーを数多く輩出している立教大学観光学部へ入学してアナウンサー養成学校へ通いながら19歳からフリーアナウンサーとして民放を中心に活動していた。

立教大学卒業後にNHK名古屋放送局・津放送局のキャスターとして入局。

NHK時代に『東海の技」というコーナーを担当して伝統工芸の素晴らしさや込められた思いに感銘を受けると同時に多くの伝統工芸が後継者不足のため失われてしまうと危機感を感じたそうです。

梶浦明日香さんは、2010年に取材を通じて出会った国際根付彫刻会前会長の中川忠峰さんに28歳の時に弟子入りして根付職人に転職。

2012年、着物の文化が牽引してきた日本の伝統工芸も多くあることから根付をつけてゆかたキレイコンテストに出場し、1800人を超える人たちの中から全国グランプリ受賞。

日本の国際文化交流親善大使として国内外で着物のショーに出演や着物文化の広報活動にも力を入れるだけでなく、次世代の若手職人の活動の幅を広げるために様々な伝統工芸を担う若手職人のグループ「常若」を結成。

2014年、三重県三重郡菰野町にあるパラミタミュージアムにて高円宮家所蔵の根付展と併せて開催された根付展へ出品。

2017年、東海3県の若手女性職人グループ『凛九』を結成。

TBS系列『林先生が驚く初耳学!』の番組内で梶浦明日香さんは、若い人が使ってくれる事が伝統工芸品を残すことに繋がるので、伝統工芸は素敵だと発信して若い人が受け継げるようにするのが目標と語っている。

現在、各地で展示会やワークショップを開いたり、新たな担い手の育成活動を行っている。

(2018年8月時点)

 

おまけ:初耳学クイズ「絶滅危惧種にしていされると帰って絶滅スピードが加速する」理由

初耳学クイズでは、約2万5千種類の生物が絶滅危惧種に指定されているが「絶滅危惧種にしていされると帰って絶滅スピードが加速する」理由がクイズとして出題されました。

林修さんは見事に正解していました。

「絶滅危惧種にしていされると帰って絶滅スピードが加速する」理由は、絶滅危惧種は保護区整備前に乱獲や生息域の土地開発が進み是つめ宇スピードが加速するからでした。

1979年、中国のヨウスコウカワイルカが絶滅危惧種に指定されるも、保護区設置までの間に生息地でダムの工事が着工したためにヨウスコウカワイルカは絶滅寸前まで追い込まれている。

日本では、その対策として保護区が整ってからメダカやヤンバルクイナを絶滅危惧種として発表することで乱獲や生息地の土地開発がないように安全対策をとっています。