梶原凪の盗聴ハザードマップ実態調査のそれって!?実際どうなの課

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中京テレビ制作・日本テレビ系列『それって!?実際どうなの課』では「”盗聴器”はどれだけ仕掛けられているのか?今回は東京・葛飾区を調査!」と題して、年間30万個以上も販売されているという盗聴器が23区を練り歩き盗聴器と思われる電波を調べて「盗聴ハザードマップ」の作成に若手女優・梶原凪さんが調査。

岡山県出身でローカルアイドルグループ「CKC(シ―ケーシー、後にDearly(ディアリー)に改名)」のメンバーとしてデビュー後、岡山理科大学のCM・ポスター出演やeco電力のCMで注目されている梶原凪さんの挑戦中の盗聴ハザードマップの作成状況について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています