テレビ朝日系列『中居正広の身になる図書館』では「禁断の家計簿を大公開!スポーツ選手の妻は大変だ年間出費額ランキング大発表SP」と題してアスリートならではの出費(食費、体のメンテナンス費、遠征費など)の中から東北楽天ゴールデンイーグルス・今江年晶さんの妻である今江幸子さんが出演です。

 

単身赴任の夫・今江年晶さんを遠隔操作しながら徹底した栄養管理で2018年推定年俸2億円稼ぐスター選手にまで出世させた”あげまん女房”こと10歳年上の妻で元ホステスや元レースクイーンとネット上で噂されている今江年晶さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

2018年推定年俸2億円稼ぐスタープロ野球選手の今江年晶&今江幸子夫婦の年間出費額1240万円の内訳は?

 

 

2018年推定年俸2億円稼ぐスタープロ野球選手の今江年晶&今江幸子夫婦の出会い(馴れ初め)は?

今江年晶&今江幸子夫婦の出会い(馴れ初め)

東北楽天ゴールデンイーグルスの今江年晶さんと10歳年上の妻・幸子さんの夫婦関係は、野菜の食感が苦手な今江年晶さんの為に食材を小さくし柔らかくなるまで煮込むという細やかな工夫や強引に苦手なものを座されながらも文句を言いつつ残さずに食べる姿から母親と子どものような親子関係にも似ているといわれています。

今江年晶さんと妻の幸子さんの出会い(馴れ初め)は、PL学園高等学校を卒業後に千葉ロッテマリーンズに入団して2年目の頃、野球選手が集まるパーティーで今江年晶さんは妻の幸子さんと出会うも自分なんか相手にしてもらえないぐらい雰囲気のある大人の女性と思ったそうです。

妻の幸子さんは、ほとんど2軍暮らしだった今江年晶さんがプロ野球選手として無名でしたが、1年半の交際後の2004年10月9日に入籍、2005年10月14日にプレーオフで日本一をかけた試合で大活躍中に第1子(長男)・陸斗(りくと)くんが誕生。

結婚してから妻の幸子さんは、夫の今江年晶さんの体調によって考えた食事にこだわり、13年分の500を超えている料理を全てノートに記録している。

 

今江年晶&今江幸子は夫婦というより親子で献身的なあげまん女房

妻・幸子さんは「もし万が一、野球で成功できなくても全然平気よ。あなた、まだ20歳そこそこじゃない。その時はその時。野球をクビになったとしても私がなんとかするから」と言い続けていた事が夫の今江年晶さんのプレッシャーになっていると思いきや・・・

夫の今江年晶さんは「ダメだった時は私が食わせていってあげると当時言ってくれてたのでプレッシャーは感じず、結婚したから頑張るという雰囲気にさせてくれなかったのが凄くよかった」と2014年7月24日のライブドアニュースで語られていました。

妻・幸子さんは、キャンプや遠征で長期で家を離れるような時も息子・陸斗(りくと)くんを連れて今江年晶さんのもとを訪れて子供と触れ合う安らげる時間を作るなど地道な努力を重ねていました。

アスリートフードマイスターの養成を行っている株式会社アスリートフードマイスターの2016年4月1日~2017年3月まで開催していた「アスリート妻の会」のメンバーとして活動もしていました。

ちなみに「アスリート妻の会」のメンバーには・・・

  • 菊次祐未さん(大相撲:佐渡ヶ嶽部屋・琴奨菊関の妻)
  • 田中智美さん(ラグビー:日本代表・田中史郎選手の妻)
  • 成嶋早穂さん(メジャーリーグ:ドジャーズ・前田健太選手の妻)
  • 本田朋子さん(バスケットボール:三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋 五十嵐圭選手の妻)
  • 山田ローラさん(ラグビー:日本代表・山田章仁選手の妻)

「アスリート妻の会」のメンバー条件の中には「一流アスリートの奥様であること」という敷居の高い条件もありました。