日本テレビ系列『女が女に怒る夜 2019年愚痴納めSP』では、1799年から200年以上続く講談の名跡で8代目一龍齋貞山を父親に持ち、2016年に6歳年下の僧侶と結婚し、男の子を出産して母親でありながらも美人女流講談師の一龍斎貞鏡さんが出演。

 

元々、キャビンアテンダントを目指していましたが、父親の講談師の姿に憧れて講談師になり、本名は小村井靖世さんですが旦那と結婚したことで名字が”浅井”になった美人女流講談師の一龍斎貞鏡さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク