テレビ朝日系列『ソノサキ~知りたい見たいを大追跡!~』では「一生分の夫婦の話題づくりをしよう」の一言から山口千貴(かずたか)さんと山口真理子さん夫婦が400日をかけて48か国の地球を一周の新婚旅行「ハネムーントラベラー」の撮った動画総再生回数は3億回以上のドローン山口夫婦が出演です。

 

ドローンを使って撮影した絶景がBBCも取り上げられたドローン山口夫婦は現在、映像制作などの会社を設立やドラえもん映画のプロモーションで南極の空撮も行った山口千貴(かずたか)さんと山口真理子さん夫婦と選ぶ死ぬまでに見るべき絶景TOP5について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

冒頭で「一生分の夫婦の会話づくり」といったのは、実は後付けで世界を一周するのなら、何かテーマを持って旅したほうが楽しいだろうと旦那の山口千貴さんが朝日新聞のインタビューで語っています。

2013年に結婚した山口千貴さんはIT会社でプログラマー、妻・真理子さんは水泳の先生をしながら家賃3万円の7畳ワンルームのアパートで節約暮らし2年間で500万円を貯めています。

ドローン片手に世界一周の新婚旅行「ハネムーントラベラー」を実現させるために旦那の山口千貴さんがプログラマーという職業柄、ネット環境の整う旅先で仕事を続けられる事を条件と旅は西回り、必ず行きたい場所には地図に点を打って大まかなルートを決めたそうです。

2015年7月7日に関西国際空港から飛び立ったことで48か国の地球を一周の新婚旅行「ハネムーントラベラー」がスタートしました。

ドローンの機種は高度1000メートルまで飛行可能な「DJIのPhantom3 Advabced」を使用しています。
※1台目はノルウェーで行方不明、2台目はナミビアで損壊、現在3台目