TBS系列『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう プロを目指した親子の壮絶ドキュメント』では、2年秋季大会直前の大阪桐蔭高校の健康診断で受けた尿検査の結果から国指定の難病の腎疾患「IgA賢症」が見つかってから突然の難病にたとえ死んでも・・・と腎不全になる恐れもある中で甲子園を諦めなかったホンダ鈴鹿の平尾奎太投手が出演です。

 

関西医科大学附属病院にいた河野啓子医師に力を借りて大阪桐蔭で同学年の藤浪晋太郎投手と春夏連覇を果たし、大学時代は闘病生活で2年間もグラウンドを離れるも岩田稔投手の言葉に勇気づけられた平尾奎太投手について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

プロ野球ドラフト会議「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」に指名された理由は?