日本テレビ系列『ザ!世界仰天ニュース 死を呼ぶ身近な危険2時間スペシャル』では、平成の「三大未解決事件」の1つである「八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件」において先月明かされた新たな証拠や真実が特集されます。

八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件1

出典:https://toyokeizai.net

日本を震撼させた事件は1995年7月30日に女性店員3人(パート従業員の稲垣則子さん、高校2年生のアルバイト・前田寛美さんと友人の矢吹恵さん)が射殺された非道かつ残忍な犯行をした犯人像など現在の報奨金など当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

「八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件」をめぐっては発生から15年後の2010年7月に公訴時効を迎える予定でした。

しかし、同年2010年4月に、最高法定刑が死刑となる犯罪において、改正刑法および刑事訴訟法が施行されて公訴時効が廃止となったことから、その後も長期捜査を続けている。

「八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件」とは?

警視庁による正式な呼称は「大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件」と言われており、店舗の名前「ナンペイ」から報道では、ナンペイ事件や八王子スーパーナンペイ事件と呼ばれています。
※ナンペイ大和田店は現在は閉店している

上司の推薦が必要な(刑法、刑事訴訟法が中心の)専務試験を突破しなければ入ることができない警視庁捜査一課の捜査が続けられているものの犯人は逮捕されておらず、捜査特別報奨金制度の対象事件にも指定されている。

1995年7月30日の午後9時15分頃~午後9時17分頃に非道かつ残忍な犯行が行われた「八王子スーパーナンペイ事件」は、東京都八王子市大和田町にあるスーパー「ナンペイ大和田店」の2階の事務所で犯行が行われた。

当時、スーパーではバーゲンを開催していて普段の倍以上の売り上げの現金約520万円が入っていた事務所内の金庫には銃弾の痕があったものの鍵はかかったままで売上金は無事だった。

犯人は何も奪わずに逃走しているが、女性従業員3人を射殺している。

八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件

出典:https://abematimes.com/

  • パート従業員・稲垣則子さん(47歳)
  • 高校2年生のアルバイト・前田寛美さん(16歳)
  • その友人・矢吹恵さん(17歳)
    ※事件当時の年齢

パート従業員・稲垣則子について

体を縛られていなかったが、銃把(射撃の際に引き金を引く手で握る部分)で殴りつけられたのちに金庫の前に突き飛ばされ、壁に寄りかかった状態で女子高生の殺害後に左右の額に銃口を押し付けられて2発の銃弾で頭部を撃ち抜かれて即死。

高校2年生のアルバイト・前田寛美と友人・矢吹恵について

当日非番だった前田寛美さんは、矢吹恵さんの終業後に事務所から60メートルの距離にある公園で盆踊り大会に一緒に参加するために事務所を訪れていた。

犯人に粘着テープで口を塞がれた上で互いの右手と左手を縛られて至近距離から後頭部に1発ずつ撃ち抜かれて中央付近に倒れた状態で2人とも即死。

八王子スーパーナンペイ事件の新証拠

出典:https://abematimes.com/

犯行に使われた凶器

犯行に使用された拳銃は、現場から見つかった弾丸に付いていた傷「線状痕」の鑑定結果から米コルト社のものそっくりに作られたフィリピン製の模造銃のスカイヤーズビンガム38口径と捜査で判明。

事件当時、フィリピンから多くの模造銃のスカイヤーズビンガム38口径の粗悪品が密輸されていた。

 

「八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件」の目撃証言

事務所から北東20m地点にいた2人の高校生が銃声のような物音を聞いていた
(事件発生時には盆踊り大会は終了していたが、まだ賑やかさが残っており、公園では花火を上げていた若者もいた事から喧騒に紛れて拳銃を発射した可能性も指摘されている)

複数犯との説も浮上しましたが、犯人のものとみられる足跡は1種類のみから単独犯説も捨てきれない状況に。

1995年3月に地下鉄サリン事件と国松警察庁長官狙撃事件とオウム真理教関連の事件が続いていたこともあり、オウムによる犯行という憶測も飛び交った。

 

「八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件」の新たな証拠を警視庁は公開

2018年7月17日に警視庁が犯人が履いていたとみられるスニーカーのレプリカを公開して情報提供を呼びかけました。

それ以外にも新たな証拠もあったので紹介しておきます。

 

犯人が履いていたとみられるスニーカーのレプリカを公開

現場に残されていた犯人のものとみられる足跡から絞り込んだ警視庁捜査一課は、犯人が履いていた可能性があるスニーカー2種類のレプリカを作り、3D画像などをホームページ公開。

靴のサイズは26cm。

1種類目のスニーカーの特徴は・・・

色:黒・白・青など7色
販売場所:主に丸井各店舗で1990年から1991年に販売されていた
価格:7800円

スニーカーの特徴

  • 4個の金属製のひも穴と2個のプラスチック製のひも穴がある
  • ミッドソール部分に2本の黒色ライン
  • かかと部分に靴のメーカー名が入っている

東京、神奈川、埼玉の丸井及びアメリカ屋靴店での販売数

21店舗で439足(白119足、青73足、赤64足、黒63足、茶59足、緑35足、黄26足)

 

2種類目のスニーカーの特徴は・・・

色:黒と白の2色
販売場所:全国の丸井やPARCO(パルコ)及びアメリカ屋靴店
価格:12000円

スニーカーの特徴

  • 7個の金属製のひも穴がある
  • かかと部分に靴のメーカー名が入っている

都内での販売箇所:9店舗 19足(黒15足、白4足)
全国での販売箇所:49店舗 94足(黒60足、白34足)

 

たばこの吸い殻から一致しない女性のDNA型を検出

犯行現場の事務所のシンク脇にあった灰皿に、たばこの吸い殻11本が残されていたことも新たに公表され、口紅のついた吸い殻(マイルドセブンライト)が、未だに誰が吸った物か分かっていない。

一部には口紅がついており、従業員や出入り業者のものとは一致しない女性のDNA型が検出されている。

 

閉店直前に現場の店で果物や焼きそばなどを購入した最後の買い物客(若い男女)についても特定ができていない

閉店間際の午後8時56分に果物や焼きそばなどを精算した若い男女の特徴も公表されているが、特定されていない。

若い男女は、清算後にスーパーナンペイの駐車場へ向かい、白色のセダン型の車に乗車しているそうです。

男性の特徴:177センチくらい、両サイド刈り上げ風、ラフな格好
女性の特徴:髪肩までのストレート、黒っぽいワンピース風