淵上理音 数検準1級&英検1級合格天才少女,両親の勉強法と教育方法がスゴい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日放送制作・TBS系列『林先生の初耳学』では「小学6年生で数学検定準1級&英検1級合格のスーパーキッズに密着。天才を育てる教育法」と題して、兵庫県西宮市在住の小学4年生の9歳・安藤匠吾さんの話題が新しいですが、数学検定準一級レベルの問題を難なく解いてみせた富山県出身の富山市立水橋西部小学校6年生で淵上理音さんが出演。

わずか2年半で英検1級道場の山中昇先生のもとで英検1級の二次試験対策以外はまったくの独学、数学が好きだからと小学生1年生の時に親から勧められて数学検定準1級に合格し、東進の全国統一中学生テストで成績優秀者でもある淵上理音さんの両親の職業、勉強方法について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

小学校6年生・淵上理音さんが出演。英検1級合格するまでの勉強法とは

自ら英検1級合格を続ける英語指導者として英検一級道場をスカイプを使ってレッスンをしている山中昇さんと淵上理音さんの父親・淵上龍さんが勉強方法についてメールのやり取りをしていた内容がコラムで掲載されていました。

英検5級(英語の学習を始めて最初の目標となる級)

レベル:およそ中学初級程度

淵上理音さんが勉強した期間と時間

富山市立水橋西部小学校1年生の時で2014年12月から英語勉強開始

英語経験なしからの勉強期間:2ヶ月間
1日平均勉強時間:1時間
英語経験なしからの総勉強時間:60時間

淵上理音さんが使用したテキスト

教材のやりこみ度

赤色文字(徹底的にやりこんだ)
青色文字(何度もやりこんだ)
緑色文字(理解できるまでやった)
黒色文字(ほとんどやらなかった、もしくは購入したものの実際には未使用)

ゼロからスタート 小学英単語(Jリサーチ出版)
絵で学ぶ 小学生の英語レッスン ABCから英会話まで(成美堂出版)
小学生の英語絵ずかん しゃべるペン付き(東京書籍)
はじめてのえいごはつおん(Jリサーチ出版)
中1英語をひとつひとつわかりやすく。(学研)
英検5級をひとつひとつわかりやすく。(学研)
英検5級 予想問題ドリル(旺文社)
英検5級 過去問(ダウンロード)

淵上理音さんの勉強方法

小学生向けの簡単な英語図鑑を見ながら、発音が下手でもすべての単語を発声しながら英単語の文字と音声とを一致させるような練習。

最初は「絵で学ぶ 小学生の英語レッスン ABCから英会話まで」を何度も繰り返すも基本的な単語すら認識できず、非常に苦労していたそうです。

文字と音声にある程度慣れてきてから「英検5級をひとつひとつわかりやすく。」を徹底的に反復して音読。

「英検◯級をひとつひとつわかりやすく。」シリーズは、英検合格に必要十分な情報のみがコンパクトにまとめてあり、2級合格まで淵上理音さんにとってバイブル的存在だったそうです。

勉強中は、ほとんど黙読はせず、ほぼすべての時間を音読に費やしていたところ、5級の出題形式やパターンが見えてきたら解けそうだと直感して2015年1月の検定に挑戦することに。

試験日の1週間前から「英検5級 予想問題ドリル」に取り組み、数日前から過去問(3回分)にも取り組む。

英検5級の結果

45点 / 50点で合格。

リーディング 22点 / 25点
リスニング  23点 / 25点

英検4級(英語の学習を始めて最初の目標となる5級の次に目指す級)

レベル:中学中級程度

淵上理音さんが勉強した期間と時間

富山市立水橋西部小学校2年生の時で2015年2月から

5級からの勉強期間:3ヶ月間
1日平均勉強時間:1時間
5級からの勉強時間:90時間
英語経験なしからの総勉強時間:150時間

淵上理音さんが使用したテキスト

教材のやりこみ度

赤色文字(徹底的にやりこんだ)
青色文字(何度もやりこんだ)
緑色文字(理解できるまでやった)
黒色文字(ほとんどやらなかった、もしくは購入したものの実際には未使用)

中2英語をひとつひとつわかりやすく。(学研)
英検4級をひとつひとつわかりやすく。(学研)
英検4級 絵で覚える単熟語(旺文社)
英検4級 予想問題ドリル(旺文社)
英検4級 過去問(ダウンロード)

淵上理音さんの勉強方法

英検4級をひとつひとつわかりやすく。」を徹底的に反復して音読し、音読の効率を上げるため、CD音源はすべてMP3形式に変換し、「オリンパスラジオサーバーポケットPJ-35」という語学学習用機器に取り込んでから再生。

「カシオ 電子辞書 エクスワード 高校生モデル XD-U4805」を購入したことで勉強の能率が向上。

試験日の1週間前から「英検4級 予想問題ドリル」に取り組み、数日前から過去問(3回分)にも取り組んで勉強は2015年4月に終了して2015年6月に受験。

英検4級の結果

61点 / 65点で合格。(合格基準:40点)

リーディング 32点 / 35点
リスニング  19点 / 20点

英検3級(5級・4級で習得してきた基礎力の集大成の級)

レベル:中学卒業程度とされている

淵上理音さんが勉強した期間と時間

富山市立水橋西部小学校2年生の時で2015年5月から

4級からの勉強期間:3ヶ月間
1日平均勉強時間:1.5時間
5級からの勉強時間:135時間
英語経験なしからの総勉強時間:285時間

淵上理音さんが使用したテキスト

教材のやりこみ度

赤色文字(徹底的にやりこんだ)
青色文字(何度もやりこんだ)
緑色文字(理解できるまでやった)
黒色文字(ほとんどやらなかった、もしくは購入したものの実際には未使用)

中3英語をひとつひとつわかりやすく。(学研)
英検3級をひとつひとつわかりやすく。(学研)
英検3級 文で覚える単熟語(旺文社)
英検3級 でる順パス単(旺文社)
英検3級 予想問題ドリル(旺文社)
英検3級 過去6回全問題集(旺文社)※2010年・2012年・2014年
英検3級 過去問(ダウンロード)
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(ベレ出版)
英検3級 二次試験・面接完全予想問題(旺文社)

淵上理音さんの勉強方法

3級の勉強は、4級を受験する前の2015年5月から開始。

英検3級 文で覚える単熟語」と出会ってから学習スタイルに大きな変化が見られたそうです。

文単でリスニング → 和訳確認 → 音読(オーバーラッピング)を繰り返すことで淵上理音さんの英語力が着実に向上するのを感じたそうです。

英検3級 文で覚える単熟語」で淵上理音さんの学習効率が飛躍的に高まることを確信した父親の淵上龍さんは、その後も1級合格まで勉強時間のほとんどを「文単」の音読に費やすことに。

でる順パス単」シリーズは、購入はしたものの準1級まではあまり使用せず、文単ばかりで使用。

淵上理音さんにとって「文で覚える単熟語」シリーズは第2のバイブルとなり、第1のバイブルである「英検3級をひとつひとつわかりやすく。」も徹底的に反復して音読。

試験日の1週間前から「英検3級 予想問題ドリル」に取り組み、数日前から過去問(3回分)にも取り組み、2次試験対策では、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」で基礎トレーニングをしつつ、「英検3級 二次試験・面接完全予想問題」で試験の概要を確認。

3級合格のメドがたったため3級の勉強は2015年7月に終了、2015年10月のダブル受験を目指して準2級の勉強に移る。

英検3級の結果

1次試験:61点 / 65点で合格。(合格基準:40点)

CSEスコア:1200(G3+6)
語彙・熟語・文法 14点 / 15点
読解       13点 / 15点
リスニング    29点 / 30点
作文         5点 / 5点

2次試験:32点 / 33点で合格。(合格基準:19点)

CSEスコア:530(G3+4)
リーディング   5点 / 5点
Q & A     24点 / 25点
アティチュード  3点 / 3点

英検準2級(基本的な応用力として次の段階へつながる重要な級)

レベル:高校中級程度

淵上理音さんが勉強した期間と時間

富山市立水橋西部小学校2年生の時で2015年8月から

3級からの勉強期間:3ヶ月間
1日平均勉強時間:2.5時間
3級からの勉強時間:225時間
英語経験なしからの総勉強時間:510時間

淵上理音さんが使用したテキスト

教材のやりこみ度

赤色文字(徹底的にやりこんだ)
青色文字(何度もやりこんだ)
緑色文字(理解できるまでやった)
黒色文字(ほとんどやらなかった、もしくは購入したものの実際には未使用)

英検準2級をひとつひとつわかりやすく。(学研)
英検準2級 文で覚える単熟語(旺文社)
英検準2級 でる順パス単(旺文社)
英検準2級 予想問題ドリル(旺文社)
英検準2級 過去6回全問題集(旺文社)※2010年・2012年・2014年
英検準2級 3回過去問集(旺文社)※2014-2015年・2015-2016年
英検準2級 過去問(ダウンロード)
ポンポン話すための瞬間英作文トレーニング(ベレ出版)
英検準2級 二次試験・面接完全予想問題(旺文社)

淵上理音さんの勉強方法

準2級の勉強は、3級を受験する前の2015年8月から開始しており、「英検準2級 文で覚える単熟語」を徹底的に反復して音読。

今回は音読(オーバーラッピング)だけでなく、暗唱や速読(再生速度1.1~1.3倍程度でのオーバーラッピング)も実践。

英検準2級をひとつひとつわかりやすく。」も徹底的に反復して音読。

英検準2級 予想問題ドリル」に取り組んだ後は、できるだけ多くの過去問を解くために「英検準2級 過去6回全問題集」と「英検準2級 3回過去問集」の過去問(3回分)にも取り組んでいる。

2次試験対策として「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」と「ポンポン話すための瞬間英作文トレーニング」で基礎トレーニングを繰り返しながら「英検準2級 二次試験・面接完全予想問題」を使用。

父親の淵上龍さんは、日本語で対応で模擬面接を繰り返した。

準2級の結果

1次試験:64点 / 75点で合格。(合格基準:45点)

CSEスコア:1265(GP2+5)
語彙・熟語・文法 16点 / 20点
読解       16点 / 20点
リスニング    29点 / 30点
作文        3点 / 5点

2次試験:29/33点で合格。(合格基準:19点)

CSEスコア:556(GP2+3)
リーディング   5点 / 5点
Q & A       22点 / 25点
アティチュード    2点 / 3点

英検2級(実生活の様々な分野で応用できる力を身につけている級)

レベル:高校卒業程度とされている

淵上理音さんが勉強した期間と時間

富山市立水橋西部小学校2年生の時で2015年11月から

準2級からの勉強期間:3ヶ月間
1日平均勉強時間:2.5時間
準2級からの勉強時間:225時間
英語経験なしからの総勉強時間:735時間

淵上理音さんが使用したテキスト

教材のやりこみ度

赤色文字(徹底的にやりこんだ)
青色文字(何度もやりこんだ)
緑色文字(理解できるまでやった)
黒色文字(ほとんどやらなかった、もしくは購入したものの実際には未使用)

高校英文法をひとつひとつわかりやすく。(学研)
英検2級をひとつひとつわかりやすく。(学研)
英検2級 文で覚える単熟語(旺文社)
英検2級 でる順パス単(旺文社)
英検2級 語彙・イディオム問題500(旺文社)
英検2級 リスニング問題120(旺文社)
英検2級 予想問題ドリル(旺文社)
英検2級 過去6回全問題集(旺文社)※2009年・2011年・2013年・2015
英検2級 3回過去問集(旺文社)※2015-2016年
英検2級 過去問(ダウンロード)
英語耳(アスキー・メディアワークス)
スラスラ話すための瞬間英作文トレーニング(ベレ出版)
英検2級 二次試験・面接完全予想問題(旺文社)

淵上理音さんの勉強方法

淵上理音さんは英語で歌う楽しみを見つけ、「英語耳」の中で勧められた「Amazing Grace」や「Top of the World」を歌うことから始めてThe Beatlesと出会いました。

単調な繰り返しとなってしまいがちな英語学習において、ビートルズを歌うことによって気晴らしができた事で、英語のリズムや発音を鍛えることもできたようです。

特にビートルズは熱心に練習していた淵上理音さんは、ビートルズのベストの青盤・赤盤に収録されている曲は全て歌えるようになり、今では、様々な英語の歌を楽しめるようになっていたそうです。

勉強方法は「英検2級 文で覚える単熟語」と「英検2級をひとつひとつわかりやすく。」を徹底的に反復して音読。

音読(オーバーラッピング)だけでなく、暗唱や速読(再生速度1.2~1.4倍程度でのオーバーラッピング)を実践し、さらに今回から英語を聞きながらそれを真似して発音する同時通訳者のための訓練方法として知られているシャドーイングにも挑戦。

分野別問題集として「英検2級 語彙・イディオム問題500」と「英検2級 リスニング問題120」に取り組み、「英検2級 予想問題ドリル」に取り組んだ後は「英検2級 過去6回全問題集」と「英検2級 3回過去問集」過去問(3回分)にも取り組みました。

2次試験対策では

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
ポンポン話すための瞬間英作文トレーニング
スラスラ話すための瞬間英作文トレーニング

で基礎トレーニングを繰り返しながら「英語耳」で発音矯正に挑戦。

「英検2級 二次試験・面接完全予想問題」を使用しながら父親は日本語で対応して模擬面接を繰り返すも対策勉強にかけられる期間が短かったため、受験の時はやや不安があったそうですが、なんとか合格。

準2級の結果

1次試験:60点 / 75点で合格。(合格基準:49点)
CSEスコア:1299(G2+3)
語彙・熟語・文法 14点 / 20点
読解       17点 / 20点
リスニング    25点 / 30点
作文         4点 / 5点

2次試験:32点 / 33点で合格。(合格基準:19点)
CSEスコア:652(G2+5)
リーディング   5点 / 5点
Q & A        25点 / 25点
アティチュード  2点 / 3点

英検準1級(社会生活で求められる英語を十分理解して使用が求められる級)

レベル:およそ大学中級程度

淵上理音さんが勉強した期間と時間

富山市立水橋西部小学校2年生の時で2016年2月から

2級からの勉強期間:9ヶ月間
1日平均勉強時間:2.5時間
2級からの勉強時間:675時間
英語経験なしからの総勉強時間:1410時間

淵上理音さんが使用したテキスト

教材のやりこみ度

赤色文字(徹底的にやりこんだ)
青色文字(何度もやりこんだ)
緑色文字(理解できるまでやった)
黒色文字(ほとんどやらなかった、もしくは購入したものの実際には未使用)

はじめての英検準1級総合対策(アスク出版)
英検準1級 文で覚える単熟語(旺文社)
英検準1級 でる順パス単(旺文社)
英検準1級 語彙・イディオム問題500(旺文社)
英検準1級 長文読解問題120(旺文社)
英検準1級 リスニング問題150(旺文社)
英検5級 でる順パス単 書き覚えノート(旺文社)
英検4級 でる順パス単 書き覚えノート(旺文社)
英検3級 でる順パス単 書き覚えノート(旺文社)
英検準2級 でる順パス単 書き覚えノート(旺文社)
英検2級 でる順パス単 書き覚えノート(旺文社)
英検準1級 予想問題ドリル(旺文社)
英検準1級 過去6回全問題集(旺文社)
※2004年・2006年・2008年・2010年・2012年・2014年・2016年
英検準1級 3回過去問集(旺文社)※2016-2017年
英検準1級 過去問(ダウンロード)
DUO3.0
英検準1級 二次試験・面接完全予想問題(旺文社)

淵上理音さんの勉強方法

英検準1級 文で覚える単熟語」を徹底的に反復して音読。

準1級以降は、トピックのテーマが高度になるため、内容の理解にも十分時間をかけたそうです。

淵上理音さんが電子辞書で調べてもわからないところは、父親の淵上龍さんが解説。
※淵上理音さんは、当時漢検2級に合格していたことで英検の勉強を進める上で役立っていたとの事

音読(オーバーラッピング)だけでなく、暗唱や速読とシャドーイングも継続。

2級まで愛用していた「英検◯級をひとつひとつわかりやすく。」シリーズがなくなったため、代わるものとして「はじめての英検準1級総合対策」を使用。

分野別問題集として

英検準1級 語彙・イディオム問題500
英検準1級 長文読解問題120
英検準1級 リスニング問題150

に取り組む。

英作文対策ですが、それまでほとんどアルファベットすら書いたことがない状態だった淵上理音さんはアルファベットを書く練習から始めた。
※淵上理音さんが合格した2015年3月まで2級の英作文の出題はなかったから

単語を覚えるために「でる順パス単 書き覚えノート」を5級→4級→3級→準2級→2級の順で取り組む。

その後、準1級過去問の英作文模範解答をすべて模写する練習。

当時の英作文は手紙文でしたので、1級と同様のエッセイ方式となる新試験の対策に苦慮しながらも「はじめての英検準1級総合対策」改訂版は、受験生の身になってその点に素早く対応してくれた良書だったと父親の淵上龍さんは評価されていました。

英検準1級 予想問題ドリル」に取り組んだ後は「英検準1級 過去6回全問題集」と「英検準1級 3回過去問集」過去問(3回分)にも取り組み、万全を期すために大量の過去問をこなした。

2次試験対策としては「瞬間英作文」シリーズを繰り返しながら「英検準1級 二次試験・面接完全予想問題」を使用し、いつものよう父親の淵上龍さんと模擬面接を繰り返す。
※父親の淵上龍さんは、日本語で対応することしかできないために2次試験対策は大変苦労したそうです

有名な教材だった「DUO3.0」を使用したそうですが、英検合格のためにはあまり有用とはいえず、勉強の息抜きに音読した程度の利用方法だった模様。

(合格時のみの)準1級の結果

1次試験:64点 / 86点 CSEスコア:1894(GP1+4)で合格。(合格基準:1792)

Reading    25点 / 41点
Listening   25点 / 29点
Writing      14点 / 16点

2次試験:36点 / 38点、CSEスコア621(GP1+5)で合格。(合格基準:512)

ナレーション 15点 / 15点
Q & A     18点 / 20点
アティチュード  3点 / 3点

英検1級(英検の試験において最終目標となる級)

レベル:広く社会生活で求められる英語を十分理解して使用が求められる
※入試優遇、単位認定、海外留学など広範囲だけでなく、通訳案内士(ガイド)試験の外国語(英語)の筆記試験が免除される資格として使用可能

淵上理音さんが勉強した期間と時間

富山市立水橋西部小学校3年生の時で2016年12月から(1年間は英検に集中するため数学の勉強をしばらく休止している)

準1級からの勉強期間:6ヶ月間
準1級からの勉強時間:540時間
1日平均勉強時間:3時間
英語経験なしからの総勉強時間:1950時間

英検1級2次試験

1級1次試験合格からの勉強期間:20日間
1級1次試験合格からの勉強時間:50時間
1日平均勉強時間:2.5時間
英語経験なしからの総勉強時間:2000時間

淵上理音さんが使用したテキスト

教材のやりこみ度

赤色文字(徹底的にやりこんだ)
青色文字(何度もやりこんだ)
緑色文字(理解できるまでやった)
黒色文字(ほとんどやらなかった、もしくは購入したものの実際には未使用)

英検1級 文で覚える単熟語(旺文社)
英検準1級 でる順パス単(旺文社)
英検1級 でる順パス単(旺文社)
英検1級 語彙・イディオム問題500(旺文社)
英検1級 長文読解問題120(旺文社)
英検1級 リスニング問題150(旺文社)
英検1級 語彙問題完全制覇(ジャパンタイムズ)
英検準1級 でる順パス単 書き覚えノート(旺文社)
英検1級 でる順パス単 書き覚えノート(旺文社)
英検1級 英作文問題
英検1級 面接大特訓(Jリサーチ出版)
英検1級 英作文問題完全制覇(ジャパンタイムズ)
英検1級 予想問題ドリル(旺文社)
英検1級 過去6回全問題集(旺文社)※2010年・2012年・2014年・2016年・2017年
英検1級 過去問(ダウンロード)
英検1級 二次試験・面接完全予想問題(旺文社)

淵上理音さんの勉強方法

電子辞書を「カシオ エクスワード 実践英語モデル XD-Y9800」に買い替えて「英検1級 文で覚える単熟語」を徹底的に反復して音読。

音読(オーバーラッピング)とシャドーイング学習効果を実感していたことから、とにかくひたすら音読を繰り返しながら、文単にかなり長時間を費やす。
※音読は、シャドーイングができるようになることを到達目安して過去問のリスニング問題でも徹底的実施

分野別問題集として

英検1級 語彙・イディオム問題500
英検1級 語彙問題完全制覇
英検1級 長文読解問題120
英検1級リスニング問題150

に取り組む。

英作文対策としては

英検1級 英作文問題
英検1級 面接大特訓
英検1級 英作文問題完全制覇
英検準1級 でる順パス単書き覚えノート
英検1級 でる順パス単 書き覚えノート

に取り組みながら、1級過去問の英作文の模写は実用的ではないと判断した父親の淵上龍さんは、英作文のフォーマットを忠実に守って自分の言葉で表現するよう努めるようにしています。

後は「英検1級 予想問題ドリル」と「英検1級 過去6回全問題集」を取り組んでいる。

父親の淵上龍さんは、1次試験の合格発表から2次試験までは12日間しかないため、1次試験合格の可能性がわずかでもあるなら、すぐにでも2次試験勉強を開始しようと最初から決めていたそうです。

実は、淵上理音さんは英検1級の1次試験日は2017年6月4日でしたが、当日は午前中に全国統一小学生テストがあり、6月11日はジュニア算数オリンピックにも参加したので2次試験対策を開始できたのは6月12日と過密スケジュールだったそうです。

淵上理音さんは英検の勉強以外にも様々な検定や勉学に励んでいることがわかりますね。

年少者(小学生~中学生)の英検1級をサポートをして、現在でも英検1級に合格し続けている実績がある英会話講師の山中昇先生に2次試験の勘所を伝授していただけると思い、駆け込みでレッスンをお願いしています。

父親の淵上龍さんは、山中昇先生が娘の淵上理音さんに1~2回レッスンをしただけで現状と課題を的確に見抜いて最短期間で合格へ導くためのアドバイスと1級2次試験合格のためのニーズを理解して目標設定を明確にし、必要なことだけを一直線に指導してくれたと大変感謝されています。(下記を参照)

語り口はいつも穏やかで、娘の目線に立って、ゆっくりと根気よく丁寧に、重要ポイントだけを何度も繰り返し説明してくださいました。

実は、先生とのレッスンは、8~9割方日本語で行われました。
先生は、「トピックの中身が日本語でわかっていないと、英語も出てこない。あなたの実力なら、本番でなんとか英語は出てくると思うから、合格までとにかくトピックの中身をよく理解しましょう」というものでした。

一方で、英語に関しては、「型」の重要性を指導してくださいました。「英検1級英作文問題(旺文社)」のトピックについて、本を参考にしつつ娘が自分で考えたスピーチを「型」に忠実に行うというものです。

試験日まで時間が限られているので、スピーチの内容についての細かい修正は行わず、発音や表現法、タイムマネージメント、質疑応答でどうしても困ったときの対処法など、実用的な「本当に合格のために必要なことだけ」を短時間できっちり指導して頂けたと思います。
このような、まさに「オートクチュール」なレッスンをして頂けたことに大変感謝しております。
https://mbp-japan.com/から引用

(合格時のみの)1級の結果

1次試験:71点 / 100点、CSEスコア:2032(GP1+1)で合格。(合格基準:2028)

Reading   25点 / 41点
Listening  21点 / 27点
Writing     25点 / 32点

2次試験:35点 / 40点、CSEスコア639(GP1+2)で合格。(合格基準:602)

SHORT SPEECH       10点 / 10点
INTERACTION             8点 / 10点
GRAMMAR AND VOCABULARY   8点 / 10点
PRONUNCIATION        9点 / 10点

医者の両親が淵上理音に対しての勉強方法と教材&検定履歴

医者の両親が淵上理音に対しての勉強方法・教材をまとめると・・・

淵上理音さんの父親・淵上龍さんは、的確な教材や勉強方法を徹底的に一緒に取り組みながら、トピックの意味を正しく捉えてトピックに対する答えになっているか、理由や例示が適切かなどを日本語で考える訓練をサポートをされていたようです。

また、淵上理音さんは普段から子供向けの新聞を読む環境も整えられていることで国内外の情勢についてある程度知識があったことも大いに役立っていると思われます。

英検の勉強方法ですが聞くことから始めて音読を地道にコツコツと繰り返すこと、単語は文章で覚えることを根気強く、当たり前のことを当たり前に実行してきた賜物なんだと思いました。

英検合格に寄与したと思われる教材

(日本語新聞)
毎日小学生新聞(日刊)
朝日小学生新聞(日刊)
中高生向け週刊ニュース新聞「15歳のニュース」(週刊)
朝日中高生新聞(週刊)

(英字新聞)
Time for Kids(隔週)
週刊英字新聞 Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)(週刊)
週刊英和新聞 Asahi Weekly(朝日ウイークリー)(週刊)

(雑誌)
子供の科学(月刊)
※他に「地図帳」

淵上理音の検定履歴(小学4年生時)

小学1年生

2014年11月 数検7級 合格
2015年 1月 英検5級 合格
2015年 2月 漢検6級 合格
2015年 3月 数検5級 合格

小学2年生

2015年 4月 数検4級 合格
2015年 6月 英検4級 合格
2015年 6月 漢検5級 合格
2015年 6月 漢検4級 合格
2015年 7月 数検3級 合格
2015年 8月 漢検3級 合格
2015年11月 数検準2級 合格
2015年11月 英検3級、準2級 ダブル合格
2016年 2月 英検2級 合格

小学3年生

2016年 6月 漢検準2級 合格
2016年 8月 漢検2級 合格
2016年11月 英検準1級 合格

小学4年生

2017年 7月 英検1級 合格

淵上理音さんの小学4年生までの検定履歴を見ると小学2年生の時に高1程度のレベルの数学検定準2級に合格し、小学3年生時には高3程度のレベルの漢字検定2級しており、まさに天才キッズと言っても過言ではないですね。

小学6年生で数学検定準1級に合格しており、将来は何になりたいのか気になります。

医者の両親の教育法

淵上理音さんの父親は、医者をされているということですが、父親の淵上龍さん内科医をされているそうです。

ネットで淵上龍さんについて調べて見ると医療法人社団尽誠会 野村病院の院長をされていることが判明。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています