EMILY(エミリ)HONEBONE(ホネボーン)ハーフ美人シンガーカラオケバトルで歌唱力抜群と彼氏が話題?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HONEBONE(ホネボーン)とは?

2012年に結成し、アメリカ×日本のハーフEMILY(エミリ)さんとと日本人のShinsuke Kawaguchiさん(カワグチ シンスケ)の男女J-POP/フォークデュオ。

「デビューするために2年間”21世紀のアン・ルイス”を目指させられて曲を作らされる」といった売れないロックバンドでの夢と名声を追い求める活動に疲れ切った二人が、もう一度自分達を見つめ直し、決してアン・ルイスさんではないことを確認するためにうつろな目で活動開始。

サウンドコンセプトは「音楽が一番元気だった、90年~00年代初頭のJ-POP/J-ROCK」、そして「親に聴かせられる音楽」、実体験を元にした飾らない歌詞、そしてフォロワー1万人を超えるEMILYさん(エミリー)のinstagramが話題だそうです。
https://jagzzi.xyz/から引用

下北沢mona recordsを中心としたアットホームなライブが評判を呼び、座って食事をしながら観られるのが売りのmona recordsで立ち見を大量に出してしまうという珍事が起こりました。

2013年11月25日、テレビ朝日系列『musicる TV』の綾小路翔さんとヒャダインさんに酷評される?という番組の「もしかしたら売れるかもしれないメジャーデビューしてないアーティストが見れる店」のコーナーに紹介されましたが、「川口くんもっとがんばろうよ!」言われていました。

ライブでは「目標は綾小路きみまろさん」を掲げ、「ギター漫談」とも評されるEMILY(エミリー)さんのMCと地味な男ながら「EMILYちゃんより目を引く」と言われがちなKawaguchiの顔面パフォーマンスが見どころだそうです。

HONEBONE(ホネボーン)の由来とは?

建前では『骨のある歌であなたを骨抜きに。』とお客さんが言ってくれた言葉を由来にしているそうですが、本当はバンド名を考えている最中たまたま散歩してたらごみ捨て場にケンタッキーのチキンの骨が落ちていて、Shinsuke Kawaguchiさん(カワグチ シンスケ)がぼそっと「骨ボーン…」が決め手になったのが由来だそうです。

【作品】

2014年9月8日   Memorial Maxi Single『ANDROID』
2014年9月8日   1st Mini Album『Too Many Kisses』
2015年9月26日 2nd Album『SKELETON(スケルトン)』

スポンサードリンク
[ad#1]

2015年12月23日に放送されたテレビ東京系『THEカラオケ★バトル』の結果は?

Aブロック

① 法月康平 (絢香「I believe」)97.233
② サラリーマンシンガー・木山裕策 (松任谷由実 「春よ、来い」)97.375
③ 宝塚の歌姫涙ジェンヌ・RiRiKA (平原綾香の朝ドラ主題歌「おひさま~大切なあなたへ」)99.125
謎のハーフシンガーHONEBONE・EMILY (アンジェラ・アキの名曲「手紙~拝啓十五の君に~」) 98.261

ハーフ美人シンガー HONEBONE・EMILY(エミリ)さんは2位でした。

THEカラオケバトル 2015年12月23日 【2015最終王者決定戦】

22:30からハーフ美人シンガー HONEBONE・EMILY(エミリ)さんをご覧頂けます。

2016年1月27日に放送されたテレビ東京系「THEカラオケ★バトル」に再登場

THEカラオケ★バトル HONEBONE EMILY 「366日」fumikaと激戦

【関連記事】

【結果】THEカラオケバトル 春のグランプリ4時間SP TOP22の中で優勝したのは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています