【速報】ドラゴンボール超(スーパー)遂に始動!!鳥山明が描くシャンパとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が公開されている最中で、今回の発表された、ドラゴンボール超(スーパー)が鳥山明さんの完全新作で世界でも注目を集めていますね。

ドラゴンボール

出典:https://www.4gamer.net/

以前に大コケしたハリウッド映画の実写版「ドラゴンボール エヴォリューション」時、脚本があまりにも世界観や特徴をとらえておらず、さらにありきたりの面白いとは思えない内容だと世界から酷評されたこともありましたね。

今回は、鳥山明さん、今までのドラゴンボールのあらすじとドラゴンボール超(スーパー)について判明している情報を集めて紹介していきたいと思います。

実際に鳥山明さんも脚本がつまらないのであれこれ変更を助言したのに無視されて、案の定の出来に原作者にしか描けない世界観とストーリーで意地を見せたい部分もあった、と劇場版「ドラゴンボールZ 神と神」のインタビューでも明かしていました。

それが、すべての始まりかどうかは本人にしかわからないことですが、今回の映画、そして完全新作アニメ『ドラゴンボール超(スーパー)』を発表したのかもしれませんね。まさに原作者の意地というものでしょうか?

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のフリーザ

『私の戦闘力は530000です
ですがもちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく…』

フリーザ 53万

出典:https://twitter.com/

漫画「ドラゴンボール」のフリーザ(第一形態)が、自身の戦闘力をナメック星人の戦士・ネイルに告げた台詞ですが、当時はスカウター、カードダスの玩具や戦闘力が流行っていました。

フリーザの戦闘力53万という数値は圧倒的な戦闘力数値だったのです。
当時、スカウターが登場したころの戦闘力は3ケタで6ケタを超えるキャラクター数も少ない中で、フリーザの53万がどんなに凄いかは分かるかと思います。

このころからコミックの中でもスカウター自体が登場しなくなってからは、戦闘力数値を記録したキャラは存在していません。フリーザの登場で戦闘力数値のインフレが始まったと言わざるを得ないでしょう。

インターネットでもその後の、戦闘力数値を計算しているサイトが多く見受けられたのではないかと思います。

ドラゴンボールZ 復活の「F」

出典:https://twitter.com/

そして、劇場版19作目になるドラゴンボールZ 復活の「F」では初めて自ら脚本を手がけた作品で、圧倒的な存在感と今でも絶大な支持を得ている悪の帝王・フリーザが、本作の敵として復活し登場します。

まずはドラゴンボールについて振り返ろう!続きは次のページへ

ドラゴンボールとは?

週刊少年ジャンプ(集英社)1984年51号 – 1995年25号までの約10年半にわたって連載されていました。この他には、番外編『TRUNKS THE STORY -たったひとりの戦士-』も掲載されていました。

本作の連載が終了後の週刊少年ジャンプの販売部数は急激に減少し、連載作品の中でも特に影響が大きかったようです。連載中の1995年に販売部数653万部だったそうです。今では考えられない数字ですね。

累計発行部数は完全版を含み国内で1億5721万部以上、完全版累計発行部数2000万部、全世界累計で2億3000万部
Wikipediaから引用

ちなみに、現在の日本コミック累計発行部数は『ONE PIECE』で3.5億冊を超えています。今まで1億冊突破した作品は

ドラゴンボール
スラムダンク
こちら葛飾区亀有公園前派出所
ONE PIECE、NARUTO
名探偵コナン
美味しんぼ
ドラえもん
タッチ
ゴルゴ13
ドカベン
鉄腕アトム

の12作品のみです。

ドラゴンボールが連載される前の話

 ドラゴンボーイ トンプー大冒険出典:https://bird.lemon-s.com/

連載が始まるまでにさまざまな紆余曲折があった事を知っていたでしょうか。

当時連載中で1話完結式のギャグ作品である『Dr.スランプ』のアイディアが尽きかけていたため連載を終了させたがっていました。

そう簡単に人気作品を終わらせるわけにもいかず、連載終了3か月後に新連載を始めるなら辞めてもいいという条件を受け、連載と平行して描いた読み切り作品『騎竜少年(ドラゴンボーイ)』、『トンプー大冒険』を元にネタを固めていった。

物語全体の粗筋を前もって構成しておく段階においては西遊記の要素も取り入れ、「ボールを集める」というアイデアは『南総里見八犬伝』から取られたのだが、「八犬伝が8つの球なので、同じは悔しいから」とボールの数は7個に変更。

タイトルはブルース・リーの映画『燃えよドラゴン』から取ったそうです。こうして本作の初期の構想がまとまりました。その後、3回練り直して、ようやく今のドラゴンボールが誕生しました。

1回目は鳥山版『西遊記』を目指しストーリーを進めようとしていたが、担当編集者の鳥嶋和彦の反応は「西遊記そのものではないか」と冷たかったそうです。

2日目は、SF要素が取り入れられ、服装が現代風に。『西遊記』の要素は主人公の名前やキャラクターデザインのほか、初期のいくつかのエピソードやアイテムなどにその名残を留めているということです。

ドラゴンボールは人気がなかった? 

ドラゴンボール コミック旧新
出典:https://twitter.com/

ドラゴンボールは5週連続カラーという大々的な扱いで始まったのですが、当初はあまり人気がなく、開始当初は期待票もあり良かったものの、徐々に人気は下降し、アンケート結果における順位が15位にまで落ちたそうです。

担当の鳥嶋和彦に「主人公が地味だ。だから人気がないんだ」と指摘され、以後「強さを追い求める主人公」というテーマを作品に持たせようとして出てきた発想から天下一武道会が始まり、主人公孫悟空のキャラクターも確立しました。

人気も急激に上昇してきた、同じ頃にフジテレビから集英社に話があり、アニメ化に繋がっていきました。 コミックの内容は大きく分けると、

孫悟空修行編 

孫悟空修行編
出典:https://xn--uckyb2c6bm0cwd7415dno2a.xyz/

レッドリボン軍編 

レッドリボン軍編出典:https://matome.naver.jp/

ピッコロ大魔王編

ピッコロ大魔王編出典:https://komaoka.blog.shinobi.jp/

サイヤ人編

サイヤ人編

出典:https://meizerifu.com/

フリーザ編 

フリーザ編 出典:https://web.fc2.com/

人造人間・セル編

人造人間・セル編 出典:https://bokete.jp/

魔人ブウ編

魔人ブウ編

出典:https://dragonballzbattle.seesaa.net/ 

スポンサードリンク

[ad#1]
で構成されています。 通常版は1985年9月から1995年8月まで全42巻が刊行されました。ちなみに番外編『TRUNKS THE STORY -たった一人の戦士-』は33巻「セルゲーム始まる」に収録されています。実は背表紙のイラストは一つの絵として繋がっています。

ドラゴンボール コミック背面
出典:https://zatsu-gaku.com/

2009年5月から、鳥山明が新たに描き下ろした背表紙と表紙のタイトルロゴを変更した新カバー重版が発行されましたが、上の写真をよく見ると、いろいろと「あれ?」と思うことがあるのですがご存知でしょうか。

【上側】 ・ヤジロベーが2人いる (鳥山明さんも集英社も「見落としていた」と素直に認めている珍事です。) ・描き忘れているだろうと思われるキャラがいる (天津飯、餃子、トランクスがいません

【下側:新カバー】 ・ヤジロベーが1人になった ・餃子は描かれているのに天津飯が、またいない ・トランクスが書き足されたと思ったらヤムチャがいない

天津飯がどっちにもいないのは何か理由でもあるのでしょうか?愛着がないから?深い意味はない?あと、ヤムチャの扱いも何気にヒドイ気もしますが、ヤムチャらしいという感じもします。

ドラゴンボール完全版?

ドラゴンボール完全版  出典:https://web-books.net/

2002年12月から2004年4月まで全34巻が刊行されました。番外編『TRUNKS THE STORY -たった一人の戦士-』は34巻に収録されています。完全版では、最終巻となる34巻で魔人ブウ編の終盤数か所と最終話に鳥山本人が4ページ分加筆されています。

そのため、先に発売されている通常版と完全版とでは最終話のニュアンスが変わっており、鳥山明さんが本来込めた意図が完全版ではより明確になっているそうです。

 完全版34巻の追加部分

        • 183頁1コマ目 魔人ブウのカット

      • 184頁6コマ目 ベジータの表情とセリフ変更

      • 185頁 悟空のコマ拡大、ベジータのカット追加

      • 229-231頁 悟空とウーブのやり取り変更

      • 232頁 作者の挨拶がベジータのカットに変更

その他の変更点

        • 原画の紛失により2色カラーの扉絵が一部CGで塗り直されている(其之五、其之八十六)。

      • 其之五の扉絵のブルマのくわえタバコが削除。

      • 巻末に掲載されている扉絵のアオリ文の削除(ただし、紛失した白黒ページのトビラ絵は『週刊少年ジャンプ』掲載時のものを使っているため線が荒く、アオリ文がそのまま掲載されている)。

      • ピラフ一味のシュウ(ソバ)の名前を初期設定のソバに統一。これにより関連したセリフも差し替えられた(其之百十)。

      • 完全版25巻91頁3コマ目のセリフが「オレ」から「オラ」に修正。

      • セルゲームの日付が「Mの17日」から「5月の26日」に変更。

Wikipediaから引用

アニメドラゴンボールについておさらいしよう!続きは次のページへ

アニメ ドラゴンボール

「つかもうぜ!DRAGON BALL せかいでいっとー スリルなひみつ」と摩訶不思議アドベンチャーがオープニングテーマ。初期はドラゴンボールを集める冒険活劇だったが、徐々に挌闘路線へとシフトしていきます。 原作では、連載開始から第23回天下一武道会までの部分をアニメ化している。

レッドリボン軍との戦いの中で、アラレちゃんが登場していたの知っていましたか? 55話 「んちゃ!追ってペンギン村」 56話 「うほほーい!アラレ雲にのる」 57話 「対決!アラレ vs. ブルー」 ドラゴンボール アラレちゃん 出典:https://www.youtube.com/

あと、孫悟空はチチ(牛魔王の娘)と137話の「孫悟空の結婚」で、結婚てはなく婚約します。正式に結婚式をあげたのは、第153話「燃えるフライパン山! 一瞬の決死行」です。ちなみに、その回が最終回でした。

1986年2月26日から1989年4月19日までフジテレビ系で放送されていました。 あと懐かしい思ってもらえるCM『S&Bの5/8チップ』をどうぞ。

アニメ ドラゴンボールZ

1989年4月26日から1996年1月31日まで、アニメ『ドラゴンボール』の続編としてフジテレビ系で放送されていました。全291話+スペシャル2話。原作の其之百九十五のサイヤ人編から最終話までをアニメ化したものです。 水曜7時と言えば、ドラゴンボールZという認識が強かったのではないでしょうか。

フジテレビは子供達の楽しみも考え、水曜日のプロ野球中継を減らしていたそうです。ドラゴンボールのアニメ作品では最も長い約6年10ヶ月でした。 その時に流れていたCMといえば、はごろもフーズ、ロート子どもソフト、だったのではないでしょうか。

当時、原作が週刊連載中であったため、追いつかないようにと引き伸ばしのために追加されたアニメオリジナルストーリーを大幅にありました。アニメスタッフの手によりアニメ独自のシーン、オリジナルエピソードが追加されています。その内の

「サイヤ人とツフル人の歴史」
「2人に分身して特訓するピッコロ」
「天津飯や餃子を追いかけたいがカリン塔に登れずウパ達に八つ当たりするランチ」
「野球選手のアルバイトをするヤムチャ」
「栽培マンの裏設定」
「蛇の道で雲を千切って食べる悟空」
「蛇の道の下にある地獄の様子」
「蛇の道の途中にある宮殿にいる蛇」 など

に関するオリジナルエピソードや設定は、鳥山明さんが書いた裏設定のアイデアメモを元にしたものだそうです。 初代オープニングテーマは、「CHA-LA HEAD-CHA-LA」。これも、カラオケなどでも盛り上がるし、選曲する人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

[ad#1]

アニメ ドラゴンボールGT

ドラゴンボールGT出典:https://prcm.jp/

1996年2月7日から1997年11月19日までフジテレビ系で放送された。全64話+番外編1話。ドラゴンボールZの最終話から5年後の世界が舞台となる続編として制作されたオリジナルストーリーです。

スタッフ、テレビ局、スポンサーらによって、水曜夜7時のゴールデンタイム枠で、悟空の孫娘パンやトランクスたち、次世代の子供たちが活躍する「魔人ブウとの最終決戦終結から最終話までの10年間」を描くオリジナルストーリーで新作を作りたいと、鳥山明さんや週刊少年ジャンプ編集部に伝えたそうです。

打ち合わせの中で出た意見を踏まえ、「原作の最終話のその後」を描くという方向性が決定したことで制作が開始されました。 原作をベースに今までアニメ化したものとは別のモノとして、「原作のその後」をアニメだけのオリジナルストーリーで描く、孫悟空の新たな冒険ストーリー原作者の鳥山明は、 「原作の壮大なサイドストーリーであるドラゴンボールGTを僕と一緒に楽しく観ていただければ幸いです」 とコメントしています。

このアニメの物語自体には関わってはいないそうです。ただ、企画の立ち上げには依頼に答える形で、いくつか協力しているようで、そのうちの何点か紹介したいと思います。

・『GT』を提案したのは「Grand Touring(グランド・ツーリング)」(壮大なる旅)という意味を込めて命名した
・放送開始の約2ヶ月前の1995年12月にタイトルロゴのデザインを完成
・本作の主要キャラクター、イメージボードを3点etc…

「その頃、連載はもう終わっていたので、僕の頭は次の仕事に向いていました。だから…正直に言うと、そこでまた『DB』のデザインというのは、ちょっとだけ抵抗がありました(笑)。

続けていただけるのは、本当にありがたいと思いましたが」 「連載終了直後でしたので、『GT』の設定をそれほど乗り気で描いた記憶はありません。頼まれた設定画は頑張って描きましたが」と語ったようです。

さて、ドラゴンボール超(スーパー)とは?続きは次のページへ

アニメ ドラゴンボール 改

ドラゴンボール改 出典:https://www.fujitv.co.jp/

ドラゴンボールGTが終了した1997年11月以来、11年4か月ぶり。2009年4月5日から2011年3月27日までサイヤ人編 – セル編(第1期)を放送しました。 セル編の放送終了後、同番組枠では『トリコ』が約3年間放送。

その放送終了後、2014年4月6日より魔人ブウ編(第2期)が放映開始。 タイトルの「改」は鳥山明さん本人が命名したものだそうです。

また自らが監修に携わり、音楽は新規のものに差し替えられ、音声も全て再録され、本作は完結済みのため、原作の構成に近い無駄のないスピーディーな展開でドラゴンボールZをデジタルリマスター再編集版したものになります。

スポンサードリンク

[ad#1]

アニメ ドラゴンボール 超(スーパー)

ドラゴンボール超1

出典:https://twitter.com/

鳥山明さんの原案によるストーリーを新たにアニメで描き、これまで原作でも描かれていないアニメ完全新作。内容は、悟空が魔人ブウとの壮絶な戦いを終え、平和を取り戻した地球のその後の舞台設定だそうです。

2015年7月よりフジテレビほかにて日曜朝9時~9時半に放送予定。
※地域により放送開始日、放送時間・曜日が異なる。

 鳥山明ストーリー原案の「ドラゴンボール」新アニメをVジャンプでコミカライズ!連載(マンガ化)

2015年6月20日発売のVジャンプ8月号(集英社)よりスタートすることが、Twitterの「ドラゴンボール超」公式で発表されていました。5月19日から公式アカウントが出来ているようです。原案を鳥山明さんが当然ですが担当し、執筆は映画「ドラゴンボールZ 復活の『F』」のコミカライズも手がけているとよたろうさんです。

とようたろうさんが描いている孫悟空がありましたのでご覧下さい。

とよたろうによる悟空のカット

出典:https://twitter.com/

吉井和哉&グドモ、『ドラゴンボール超』テーマ曲

コチラの情報もTwitterの「ドラゴンボール超」公式で発表されていた内容です。オープニング曲「超絶☆ダイナミック!」を担当するのは吉井和哉さんです。イエモン(THE YELLOW MONKEY)の時にはるろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-のエンディング曲を担当していました。

ソロになってからはテレビアニメのテーマソングを担当するのは初めてですね。作曲は吉井和哉さん、作詞は『改(魔人ブウ編)』のオープニング曲「空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go」に続き、森雪之丞さんです。

「子供達が学校の帰り道につい口ずさんでしまうメロディー。そして、その歌を呟けば、思わず強くなれるような、力が湧いてくるような曲を作りたいと思いました。僕が孫悟空に持つイメージでもある、優しくて大きな強さの中にあるセクシーさも表現したかった」と吉井和哉さんは語っていました。

エンディング曲「ハローハローハロー」を歌うのがグッドモーニングアメリカ(以下GMA)というバンドです。実は『改(魔人ブウ編)』のエンディング曲「拝啓、ツラツストラ」で楽曲提供をしています。引き続き「ドラゴンボール超」のエンディング曲を提供することで、金廣真悟さん(ボーカル)は「ドラゴンボールの歴史とともに刻まれるような、とっておきの「超」新曲を持って来たので、楽しみにしていてください」を意気込んでいました。

ネット上では、影山ヒロノブさんがやって欲しいという声が多く見受けられますが、期待してみましょう。Twitterの公式アカウントにエンディングの絵コンテが公開されていましたので少しでもドラゴンボールの世界が味わえたらと思います。

エンディングの絵コンテ

出典:https://twitter.com/

ドラゴンボール超(スーパー)メインビジュアル公開、新キャラも登場

ドラゴンボール超(スーパー)ss

出典:https://twitter.com/tv/dragon_s/

公式サイト上に掲載されたメインビジュアルには、お馴染みの孫悟空、ベジータ、ピッコロ、クリリンの後ろに、2013年に劇場公開されたドラゴンボールZ 神と神に登場した破壊神ビルスとウイスもの両サイドには、新キャラクターが描かれているようです。

公式サイトでは、第1話の予告がすでに公開されていましたので観て下さい。オープニング曲「超絶☆ダイナミック!」を担当するのは吉井和哉さんも聴けますよ。

鳥山明 プロフィール

本名:鳥山 明
性別:男性
生年月日:1955年4月5日
出生地:愛知県清須市(旧:西春日井郡清洲町)
受賞:小学館漫画賞、メディア芸術祭賞 (デジタルアートインタラクティブ部門)
趣味:映画鑑賞、プラモデル製作
使用機材:ゼブラ製Gペン、LUMA製インク、Macintosh、Photoshop、WACOM製タブレット

略歴
1974年 愛知県立起工業高等学校デザイン科卒業、デザイン会社入社
1977年 デザイン会社退社
1978年 「ワンダーアイランド」でプロデビュー(週刊少年ジャンプ52号)
1980年 「Dr.スランプ」連載開始(週刊少年ジャンプ5・6号)
1982年 「Dr.スランプ」で第27回小学館漫画賞受賞
1982年 漫画家みかみなちと結婚
1984年 「Dr.スランプ」連載終了(週刊少年ジャンプ39号)
1984年 「DRAGON BALL」連載開始(週刊少年ジャンプ51号)
1986年 「ドラゴンクエスト」発売(キャラクターデザイン)
1987年 長男誕生
1990年 長女誕生
1995年 「DRAGON BALL」連載終了(週刊少年ジャンプ25号)
2000年 「ドラゴンクエストVII~エデンの戦士たち~」で第4回文化庁メディア芸術祭(デジタルアートインタラクティブ部門)受賞
引用元:https://bird.lemon-s.com/

これからの、鳥山明さんが創り出すドラゴンボールの世界が楽しみですね。
続報に期待しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています