日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』では「この先一番不安なこと発表SP」と題して男子プロテニスATPランキングシングルス第1位のノバク・ジョコビッチに2018年3月12日のインディアンウェルズ・マスターズで撃破して大金星を挙げたダニエル太郎さんが出演です。

 

アメリカ人の父親・ポールさんと日本人の母親・泰江さんの間に生まれて14歳の時に名古屋市からスペインのバレンシアにあるダビド・フェレールも練習拠点とするクラブで練習を続け、イスタンブール・オープン初優勝で日本男子史上4人目の快挙のダニエル太郎さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

ダニエル太郎のトレーニング方法「イドポータルメソッド」とは?

まずは、日本語、英語、スペイン語を操れるダニエル太郎さんのインスタグラムに投稿されている身体の柔らかさとバランス感覚でコーヒーカップを手のひらの上にのせた状態で腕をひねる「Figure of 8(8の字の動き)」という動き披露しています。 

 
 
 
View this post on Instagram

Figure of 8 ☕️☕️ #idoportal #movementculture

Taro Danielさん(@tarodaniel)がシェアした投稿 –

 

そもそもこの「Figure of 8(8の字の動き)」という動きの動画も気になりますが、ハッシュダグの「#idoportal」とは何?と気づいた人もいると思います。

「#idoportal」とは「ido portal(イド・ポータル)」という人物の名前です。

15歳でアフリカ系ブラジル人のカポエイラに出会ったイド・ポータルさんは、元格闘家でイスラエルの元軍人という経歴を持つだけでなく、動きの重要性に気づいて各分野のプロフェッショナルに学ぶために何年もかけて世界中を周りながら・・・

  • 整骨院
  • マニュアルセラピスト
  • プロダンサー
  • ヨガ
  • アスリート
  • サーカスパフォーマー
  • ロッククライマー

など訓練過程の方法論や機能的解剖学と生理学、運動の精神的側面など、あらゆる角度から指導を受けたイド・ポータルさん、可動域を広げつつしなやかにバランスやスピードの調節、様々な角度で力を出すことを意識し、反応への反射を高め、身体をより効率的に動かすトレーニング「イドポータルメソッド」を確立。

実際にアメリカの総合格闘技団体「UFC(Ultimate Fighting Championship)」のスーパースターでフェザー級チャンピオン総合格闘家コナー・マクレガーのストレングス&コンディショニングトレーナーとして話題になり、その結果ジョゼ・アルドとの戦いではコナー・マクレガーが瞬殺KOで勝利しています。

イド・ポータルさんは、イスラエルで考案された近接格闘術クラヴ・マガの達人といわれている人物でもあるようです。

THE MOVEMENT! Ido Portal

 

2016年7月以降にイギリスの総合格闘家マイケル・ペイジもイド・ポータルを取り入れていたことが判明し、2016年7月16日、イギリス・ロンドンで開催された「Bellator 158」でエヴァンゲリスタ・サイボーグと対戦し、右跳び膝蹴りでKO勝利している。

総合格闘家マイケル・ペイジが実際にイド・ポータルメソッドを実践している動画もありました。

Michael Venom Page – Ido Portal movement training – teaser

 

近接格闘術クラヴ・マガの達人でイド・ポータルさん自身が行っている「イドポータルルメソッド」のトレーニング動画を見ると人の動きとは思えない動作もあり、圧巻です。

MOVEMENT! Training | Best of Ido Portal 2017

 

現在、イド・ポータルさんは、アスリートや各国のフィットネス愛好家が支持され、組み立てられた「ido portal(イド・ポータル)」のワークショップ「「Movement Camp」が人気を集めている。