Wikipediaより詳しい?田中彩子のプロフィールと経歴・学歴の続き

両親から仕送りは「大学4年間だけ」という約束で送金されていたそうですが、卒業したらピタリと送金は止まり、必死で自立するために歌う場所を探したそうです。

大学卒業後、22歳で日本史上最年少でスイスの首都ベルン市立劇場にて、ダニエル・インバル指揮で難易度の高い風刺的な戯曲『フィガロの結婚』を代役なしでソリストデビューを飾り、4年間の努力が実って大きな話題を集めました。

23歳の時に世界中の50以上の都市から代表者が集う「国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタ・コンクール」ではオーストリア代表として本選出場を果たし、オーストリア・ウィーン9区にある名門の歌劇場ウィーン・フォルクスオーパーとオペラ「ホフマン物語」のオランピア役で契約を果たしました。

ブルガリアのブルガス国立歌劇場でジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全3幕からなるオペラ『リゴレット』のヒロイン、ジルダ役を務め、「透き通るような透明感のある声が素晴らしい理想的なジルダ」と評価されて大成功を収めました。

2011年、オーストリアのウィーンで活躍した作曲家・指揮者のグスタフ・マーラー没後100周年でドイツ・ルーマニア合同フェスティバル「Musica Coronensis」にて交響曲第4番第4楽章『天上の生活』のソプラノソリストで出演。

オーストリア政府公認スポンサーで2012年からモーツァルト作曲の高音域で有名なオペラ『魔笛』のオーストリアの劇場を回るオペラツアーで夜の女王 役を3年間に渡って公演しました。

2013年、アルゼンチンの首都ブエノス・アイレスでもコンサートツアーでは「高音は信じられないほど正確、それにもかかわらず響きは柔らかで、まさに天使のよう」と絶賛され、、その年のベスト・イベントに選ばれました。
※南米公演の時に肉の美味しさにハマり、以前からお肉大好き人間だったのに拍車がかかり肉類がないとダメだそうです

モーツァルトのあらゆる声楽作品の中で最も高い音を要求される曲「テッサリアの民よ Popoli di Tessaglia! K.316」 をジュネーヴで披露した時には、名歌手エッダ・モーザをはじめとした聴衆から「人生の中でそう聞けることのない素晴らしい声」と賞賛されました。

2013年~2014年、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ソフィア交響楽団、ストラスブール室内管弦楽団などの定期公演に招待されました。

2014年2月にハンガリーのTVコマーシャルに出演しています。

Commercial Hungary “Yuki Around The World” Ayako Tanaka

2014年11月26日、avex CLASSICSからデビューアルバム『華麗なるコロラトゥーラ』を発売。
※録音は2014年7月、録音場所:ブダペスト(ハンガリー) 指揮者:ピーター・イレイニ ブダペスト・スタジオ・オーケストラ

%e8%8f%af%e9%ba%97%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%a9%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%bc%e3%83%a9

出典:https://www.amazon.co.jp/

田中彩子 / 「華麗なるコロラトゥーラ」レコーディング映像

「魔笛」夜の女王のアリア レコーディング風景

 

2014~2015年、ウィーン2大コンサートホールの1つでもあるウィーン・コンツェルトハウスの大ホールにて作曲家としてジャンルを特定させない特異性を持っていたカール・オルフ作曲の『カルミナ・ブラーナ』をソプラノソリストで大成功を収めました。

2016年8月26日、アジア人に厳しいといわれる欧州オペラ界で精神的にも金銭的にも厳しい生活を経てきた軌跡の半生を写真とともに綴ったフォトエッセイ『Coloratura』を小学館から出版しました。

coloratura

出典:https://www.amazon.co.jp/

2016年9月、愛知県、長崎県、三重県、東京都、福岡県、静岡県で『田中彩子ソプラノ・リサイタル~華麗なるコロラトゥーラとウィーンの調べ~』を開催しました。

(2016年9月時点)

スポンサードリンク

田中彩子は歌う時はいつもノーブラの理由は?

2014年3月22日に放送されたTBS系列『ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』の「ジョブチューン 世界で活躍するプロフェッショナルSP」に田中彩子さんが出演していた時の話です。

職業のヒミツぶっちゃけるという番組で田中彩子さんは

「ほとんどの女性オペラ歌手は、本番中はノーブラです」

「邪魔なんです(笑)。オペラを歌うには、のどというより全身の筋肉を使います。歌うときは横隔膜がパッと開く。腹式呼吸で、体がポンプのようになります」

と、息を深く吸うために締め付けるものはなくして歌っていることを明かし、番組で歌声を披露するためにドレスを着用しているため、番組内でもノーブラであることをぶっちゃけていました。

他には、コンサートに来ていた億万長者の別荘に招待され、1か月間その億万長者のためだけにコンサートで歌ったことがあり、歌わない日はプールで泳いだりしていたというセレブエピソードも披露しました。

コンサートの本番中のハプニングでは、隣の人の顔にたかっていたハエが呼吸とともに口に入り、そのまま飲んでしまったことがあったそうです。

田中彩子さんは、海外在住でTBS系列『ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』の番組のためだけに帰国して日本語も忘れてしまいそうになったことを明かしていました。

【情熱大陸でのハプニング映像】

 %e7%94%b0%e4%b8%ad%e5%bd%a9%e5%ad%90-%e6%83%85%e7%86%b1%e5%a4%a7%e9%99%b8%ef%bc%91 %e7%94%b0%e4%b8%ad%e5%bd%a9%e5%ad%90-%e6%83%85%e7%86%b1%e5%a4%a7%e9%99%b8%ef%bc%92

出典:https://livedoor.blogimg.jp/

2016年6月5日にTBS系列『情熱大陸』に放送されていた舞台に立つ前の楽屋で外したブラジャーのホックが羽織っていたショールにひっかかってきたシーンでは「いやん」と笑ってやりすごしていたシーンを放送する意味があったかどうかは謎です。

 

オペラはアスリート?

2014年10月23日の『「美人すぎるソプラノ歌手」「かわいすぎるオペラ」と大評判』の記事では

「体が何を欲しがっているかと聞きながら自分で作ります。パスタを食べると体の回復が早いので、私の場合、疲れているときはミートスパゲティ。もっとガッツリいきたいときはビーフステーキです。オペラの途中で、お腹がすいたと思ってから食べると遅いので、バナナを常に持っていきます」
https://www.zakzak.co.jp/から引用

と、オペラは4~5時間を歌いっぱなしの体力勝負なることが多いため、多い時は牛肉を中心に1日5食になることもあるそうです。