TBS『立派なお家にピンポンしてみた2』では、ピンポン隊としてオードリーの春日俊彰さんが、2019年2月10日にロケをしてハードルが高いエリア神奈川県横浜市にある和モダンな雰囲気の立派な家の主人を訪問して家族の危機が救われたそうです。

鈴木奈々が茨城県の立派なお家にピンポンしてみた2

街ナカでふと見かける立派なおウチは「どんな人が、どうやって建てたんだろう?」という疑問を解消するために日比麻音子アナも同行して披露された豪邸や家の主人の職業や豪邸を拝見させてくれた理由など当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

和モダンな家に住むご主人の職業や奥様の画像と取材許可の理由は?

ロケ日は2019年2月10日の3連休の中日の日曜日、午前9時から開始したオードリーの春日俊彰さんと日比麻音子アナは、撮影隊が来たおかげで助かった!という家族の事情がありました。

今回、家に受け入れてくれた1軒のみで、後のピンポンは、テレビ朝日の関係者だったり、留守や取材NGで断られて閑静な住宅街でピンポンしたオードリーの春日俊彰さんの一言目が「トゥース!」だったのですが、撮影隊が一緒でいなければ不審者ですよ(苦笑)

家に受け入れてくれたご主人は、玄関しか撮影はダメという条件で玄関のアプローチ部分までを見せてくれた所でオードリーの春日俊彰さんが交渉してOKに。

奥様と3人の娘さんの5人家族で奥様は旅行中で、長女は外出中ということでご主人は次女と三女とお留守番中でした。

家の内装は、ご主人の意向で木の家で落ち着いて住みたいという思いから「木と光と石」をコンセプトにしており、リビングには、シンガポールから取り寄せたソファやノルウェーから取り寄せた薪ストーブなど世界中から取り寄せた家具を設置しています。

中庭では、バーベキューや娘の誕生日パーティなどを開催したろ、ご主人が料理を振る舞うこともするそうです。

リビングの奥には、奥様の意見を取り入れたキッチンがあり、水道はなんと自動式でアメリカ製の冷蔵庫を使っています。

左側の棟には子供部屋があり、内装は姉妹それぞれが考えてご主人がチョイス。

外観では家が2棟あるように見えるのですが、2棟は繋がっており、一回りできる造りになっていました。

2階はフリースペースと横浜市が一望できるテラスがあり、ご主人専用のドレスルームやバスルームがもう1つありました。

もう1つのバスルームはご主人専用で、娘が成長するにつれて気まずくなったことで作ってしまったそうです。

ご主人の職業は創業50年の建設関係会社の2代目代表取締役で某有名スポーツチームのスポンサーをする超スゴイ人でした。

さらにご主人は、今までに3軒の家を建てており、落ち着いた家で暮らしたいと今回建てた家は自ら設計に携わって和モダンな家を建てたそうです。

娘の長女・エレンさん、次女・カレンさん、三女・レインさんは今の和モダンな家の中でリビングが一番のお気に入りだそうです。

今回、家の取材許可を得られたのは、ピンポンする妹と父親と喧嘩して家を飛び出していった長女・エレンさんを呼び戻せて子供たちが喜んで空気が和むのではと思ったからだそうです。

【立派なお家にピンポンしてみた2の関連記事】

セレクトショップの社長は誰?世田谷区成城の立派なお家にピンポンしてみた2

雛形あきこ&天野浩成夫婦が兵庫県の立派なお家にピンポンしてみた2の結果は

鈴木奈々が茨城県の立派なお家にピンポンしてみた2の結果は