ソフトバンクが遂にauを挑発?ぱっかーん!

auの桃太郎を挑発してるように見えてしまうCMが下記になります。

スポンサードリンク

2015年6月2日からソフトバンクのCMでは、岡山県の奥津峡でも電波がつながるようになった広告にも見えますが(今までつながらなかったのか?とツッコミを入れてしまった方もいると思います。)お婆さん(市原悦子さん)が上流から流れてくるモモを捕まえようとするが、そこにお婆さんの携帯電話が着信。「はい、はい…」と話しはじめます。

モモは、そのまま下流に流れてしまいお婆さんが「あらあら、モモが…」と戸惑いますが、なすすべはなく、お父さんは「歴史が変わったな」と嘆息。隣にいたサルやキジとともに、流れていくモモを呆然と見送ります。

その後、モモは鬼が島に流れ着いたのか、鬼に取り囲まれてオノかナタのようなものでバッサリと叩き割られ残酷に見える結末を迎えた直後に市原悦子さんの声で「ここでもつながりましたとさ。ソフトバンク」とナレーションが入って終わります

明らかに桃太郎が一刀両断を連想させる内容で、auへの当てつけだとの指摘されてしまうかもしれません。auを露骨に意識していると受け止める視聴者が大半ではないでしょうか。

ソフトバンクは白戸家が全国を旅する「旅父」シリーズの一環で、今回のCMについてもあくまで旅父シリーズ第6弾となる最新作と説明し、他社のCMとの関連は否定されています。 CMの放送終了予定は未定のようです。

どのように受け止めるかはあなた次第です!