按田優子(按田餃子&料理家)レシピ本や彼氏とWiki(経歴)・セブンルールへの思いは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

按田優子の年上彼氏と出かけた公園で取り出したものとは?

按田優子(按田餃子&料理家)レシピ本や彼氏とWiki(経歴)・セブンルールへの思いは12

独創的な餃子を作る按田優子さんのプライベートにも密着した番組スタッフは、按田優子さんの彼氏・岩野和政さんとも出会っていました。

グラフィックデザイナーをしている岩野和政さんとは、1年前から付き合い始めたそうです。

公園に向かった按田優子さんと彼氏・岩野和政さんが取り出したものは、ゴム手袋をして銀杏拾いを始めた。

按田優子(按田餃子&料理家)レシピ本や彼氏とWiki(経歴)・セブンルールへの思いは13

番組スタッフが按田優子さんにインタビューをしている中で彼氏・岩野和政さんが。銀杏を夢中に拾っている姿が愛くるしいかったです。

東京にずっと住んでいる按田優子さんは、ちょっと緑にあるところに行くと意外に春夏秋冬とそれぞれに収穫物が普通にあり、拾えるものにも価値はあると拾った食材で様々なアイデア料理を生み出していました。

按田優子(按田餃子&料理家)レシピ本や彼氏とWiki(経歴)・セブンルールへの思いは14 按田優子(按田餃子&料理家)レシピ本や彼氏とWiki(経歴)・セブンルールへの思いは15 按田優子(按田餃子&料理家)レシピ本や彼氏とWiki(経歴)・セブンルールへの思いは16

ある日の仕事帰りにも捨てられていた柿を見つけて躊躇せずに持ち帰る按田優子さんは、ゴミ捨て場付近をうろうろして何かないかと探して見つけた時は後から拾いに戻ろうと思わずにすぐに持ち帰るそうです。

番組で戦利品?も紹介されていました。

WIKIPEDIAより詳しい?按田優子のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:https://mdpr.jp/

名前  按田 優子(あんだ ゆうこ)
生年月日  1976年
出身地  東京都世田谷区
血液型  ??型
身長  ??cm
体重  ??kg
スリーサイズ  B?? W?? H??
カップサイズ  ??
出身高校  
出身大学  東洋大学 文学部哲学科
職業  水餃子店「按田餃子」のオーナー、料理家
SNS・ブログ
ホームページ  https://andayuko.xyz/
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム
 

按田優子さんが食に興味を持ち始めたのは、幼い頃のある経験がきっかけでした。

東京都世田谷区で3人兄妹で年の離れた男兄弟の末っ子として生まれた按田優子さんは、健康面である問題を抱えていました。

小さい頃はいつもすごくダルく、風邪気味で体力がなく生きる意欲が薄かったそうです。とにかく食事だけで体質を改善しなきゃいけないっていうことで医師の指導を受けながら母親が食事を作っててくれていました。

ほんの少し食べ合わせを変えるだけでみるみる体調が良くなったそうです。その経験が食の道へと突き動かすことに。

大学在学中からパンとお菓子の製造のアルバイトをして東洋大学文学部卒業後は、飲食店の工房長、乾物料理店店長などを経て2011年にフリーの料理家として独立。

食品加工専門家としてNPOの方と共にペルー領内のアマゾン上流域で活動したり、共著を含めて5冊のレシピ本を著書と雑誌へレシピ提供もしている。

著書

2010年3月1日『男前ぼうろとシンデレラビスコッティ』農文協
2011年8月4日『冷蔵庫いらずのレシピ』ワニブックス
2013年6月27日『わたしのとっておき麺』(共著)家の光協会
2013年9月27日『わたしのとっておき常備菜』(共著)
2014年5月26日『あの人のおうちカレー』(共著)柴田書店
2016年9月28日『あの人のおうち餃子』(共著)柴田書店
2018年1月27日『たすかる料理』

(2018年1月時点)

ミシュランガイド・ビブグルマン部門に3年連続で認定された按田餃子の場所や口コミや評判は?

按田優子(按田餃子&料理家)レシピ本や彼氏とWiki(経歴)・セブンルールへの思いは

6年前・・・按田優子さんは、友人に誘われたのがきっかけで水餃子店「按田餃子」をオープンしました。「冷蔵庫いらずのレシピ」という本を出版した時にレシピ本の中に出てた水餃子をカメラマンの鈴木陽介さんが、気に入って「イベントでもやろうか」っていう感じで遊びのノリで始めたのが実店舗になったそうです。

按田優子(按田餃子&料理家)レシピ本や彼氏とWiki(経歴)・セブンルールへの思いは1

共同オーナーだった鈴木陽介さんと按田優子さんは素人で、オープン1日目の貯金2万円からスタートして自転車操業で酷かったそうです。ランチ営業しても1~2人しか客は来ず、夜も雨が降れば客はいないと客足は遠かったそうです。

5000円以下で食事ができるパフォーマンスの高い飲食店が掲載されるビブグルマン部門の3年連続で認定されてミシュランガイド東京2018に掲載されている。

開店前から按田餃子の店の前には油を一切使わないヘルシーさ素朴の味わいが特徴の看板メニュー水餃子「鶏 香菜と胡瓜」やユニークな食材の組み合わせた斬新なメニュー「豚 大根とザーサイ」が女性のハートを掴んできました。

番組でお客さんにインタビューした口コミ評価は

  • スパイスが上手に使われている感じがして飽きない
  • 美味しかった、火鍋グァーとか無いからめっちゃ美味しかった
  • 何を付けなくても旨味が口の中で広がる餃子

開店と同時に忙しさのピークを迎える水餃子店「按田餃子」は客足が途絶えず、全部手作りだから休む暇も無いそうです。

ビブグルマン部門の3年連続で認定はスタッフみんなの頑張りが集結してとれているものなのですごく嬉しいと語った按田優子さんは、按田餃子に対してある思いを寄せています。

「必要とされていたいですね 実家みたいな感じっていうか 「今日は按田餃子にしよう」とかっていうふうに選んでもらえるような 誰かの助けになりたい」

幼い頃の自分がそうであったように食で誰かを助けたい。誰が来ても、そっと迎え入れるように今日も按田餃子は営業しています。

【店舗情報】

店名:按田餃子
電話番号:03-6407-8813 ※予約は3名以上から
住所:東京都渋谷区西原3-21-2 1F
アクセス:代々木上原駅西口から徒歩3分
営業時間:11:30~23:00(L.O.22:30)、日曜営業
定休日:なし
ホームページ: https://andagyoza.tumblr.com/
オープン日:2012年4月14日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています