愛敬重之の現在や父親との夢(五輪)を事故で行けずも陸上を続けた理由は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TBS『消えた天才』では、青山学院大学の原晋監督が当時、中京大学の先輩でカーマニアでスポーツカーが大好き、最も過酷なトラック競技「3000m障害」で日本ジュニア記録が36年間破られていない不滅の日本記録を持つ伝説のランナー・愛敬重之さんの現在が特集されます

1984年ロサンゼルスオリンピックの前哨戦のプレオリンピックに出場して2位という好記録で日本人初のメダルが期待されるも事故で出場できず、現在は46歳に転身して14万人を支える三重県桑名市市議会議員の愛敬重之さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

愛敬重之と3000m障害日本一の父親(愛敬実)に親子感動秘話に涙

愛敬重之がロス五輪に行けなかった事故は「右膝靱帯損傷」だった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています