2018年5月17日、テレビ東京系列『日経スペシャル カンブリア宮殿~村上龍の経済トークライブ~』では、兄弟4人で「すかいらーく」創業した横川家の三男で写真入りメニューやスティックシュガーを発案した外食業界の常識を作ったレジェンドといわれている高倉町珈琲会長の横川竟さんが出演です。

 

中学を卒業後に上京して東京・築地の「伊勢龍」に就職して徹底した客目線を学び、50年培ってきた経験と心地よい接客が売りの高倉町珈琲のメニューや新たに取り組んでいるパート向け株式割り当て「株分配制度」、社内フランチャイズ「ふるさとFC」制度など含めて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

高倉町珈琲会長の横川竟が新たに発案した斬新メニューと制度とは?

パート向け株式割り当て「株分配制度」 

 

 

社内フランチャイズ「ふるさとFC」制度

 

 

WIKIPEDIAより詳しい?横川竟のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前  横川 竟(よこかわ いわむ)
生年月日  1937年11月1日
出身地  長野県諏訪市
血液型  
身長  
体重  
出身中学校  長野県諏訪中学校
(現長野県諏訪清陵高等学校)
出身大学  
職業  
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム