2015年11月17日、TBS『マツコの知らない世界』では、【板橋チャーハン】と題してチャーハン激戦区は板橋だそうで、「美味しい炒飯は板橋にアリ」と提唱し「パラパラ炒飯に異論しているチャーハン歴35年、食べた数は2150食の板橋のチャーハンを知り尽くした男・山本晋さんが出演されました。

山本晋

出典:http://www.tbs.co.jp/

パラパラ否定派マツコ・デラックスさんも納得の昔ながらの中華屋のしっとり炒飯が実演もされました。番組で紹介された5つのお店の情報と板橋のチャーハンを知り尽くした男・山本晋さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?山本晋のプロフィール

山本晋1

出典:http://www.tbs.co.jp/

名前:山本 晋(やまもと しん)
ペンネーム:刈部山本、sy、結構人店主※1
出身地:埼玉県川口市
好きな食べ物:ラーメン、揚げ物全般、そば、煮込み、焼きとん、うどん、チャーハン、ハンバーグ
ブログ:デウスエクスマキな食卓
※1 山本晋さん曰く、刈部山本に統一しているそうです

【書籍】

自費出版ミニコミ誌『デウスエクスマキな食堂』シリーズ
ぴあMAP、飲食業界誌にコラムの寄稿を数回

川越街道町中華編

出典:http://www.amazon.co.jp/
街道deチャーハンを食う-デウスエクスマキな食堂14年冬号

だがめし

出典:http://www.amazon.co.jp/

 

山本晋さんは、ペンネーム・刈部山本としてB級グルメの取材やミニコミ誌『デウスエクスマキな食堂』シリーズを自費出版されています。

また、東京都文京区でスペシャルティ珈琲と自家製ケーキの専門店・結構人ミルクホールを経営されています。お店のモットーは、お一人様に特化した読書空間のため、お二人以上での入店はご遠慮願っているそうです。

しっとりさせるのは少し堅めのお米を炊いて、かなり多めの油で炒めます。火加減はもちろん強火で素早く炒めるのがポイントだそうです。今回の『マツコの知らない世界』では3つの観点から放送されるそうです。

  • ねぎの甘味と薄味が絶妙にマッチする激うまチャーハン
  • 濃い目の味付けにレタスたっぷり、シャキシャキレタスチャーハン
  • 進化した冷凍チャーハン

 

デウスエクスマキな食卓のブログ内容はチャーハンが少ない?

ブログポリシーは、

少なからず、旨い!と感じた店以外の味の詳細は述べず、食事という時間と空間を楽しむことを第一義としています。
どんなに上品に振舞っても誰彼も御命を殺生して生きてるゆえ、開き直って堂々と道端で飯を貪り、骨までしゃぶり尽くしたい…

デウスエクスマキな食卓から引用

たそうです。ブログの内容はラーメン、中華料理にお関する内容は多いように思います。

 

山本晋が経営しているスペシャルティ珈琲と自家製ケーキの専門店とは?

結構人ミルクホール

出典:http://narashi.blog.jp/

店名:結構人ミルクホール
住所:〒113-0022 東京都文京区千駄木2丁目48−16 ゆたか荘1階
営業時間:12:15頃~19:00(L.O.)
定休日:金曜日定休(祝日は営業:振替休有)
電話:050-1433-4288
店舗ブログ:http://kekkojin.blog.jp/
Twitter(ツイッター):@kekkojin_mh
Facebook:https://www.facebook.com/kekkojinmilkhall

 

パラパラチャーハンは美味しくない!チャーハンはしっとりに限る!理由とは?なぜ板橋なのか?

チャーハンは米を食べる料理。

願望が生み出した幻想

山本晋さんの勝手な分析では、世に中ではパラパラチャーハンを好むのは、家庭で作る時に土曜日は半ドン(午後から休みのこと)で昨日残った冷や飯と冷蔵庫の余り物で作るため、ご飯が固まりになりやすい。

板橋チャーハン

ご飯が固まりになりなったチャーハンも美味しいが、火が通っていなかったりと味付けにもムラが出てくる為に、パラパラニしたいという願望が生み出した幻想であると語られていました。
町の中華屋さんのチャーハンということを第一に念頭に置いていった中で、どこにでもあるそういったお店が何故か板橋に集中しているそうです。理由は謎のままでした。(笑)
※板橋は狭い道が多く開発し辛いようです

 

しっとり炒飯の神様の5店舗の情報については次のページへ