2016年10月18日、日本テレビ系列『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』では「トリオTHE女子校育ちのお嬢様」をテーマに幼少期からの学校生活や恋愛事情など女子校のお嬢様ならではの華麗なる学園生活と通っていた制服姿で八木沼純子さんが出演です。

家系に総理が2人もいる事や高輪プリンスの貴賓館で一族会、母から受け継ぐ超高額プレゼントといったケタ外れのお嬢様ライフを明かし、小学校の頃から症状が出ていた外反母趾の手術をした事をブログで明かした八木沼純子さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク


Wikiより詳しい?八木沼純子のプロフィール

出典:

名前:八木沼 純子(やぎぬま じゅんこ)
愛称:ジュンジュン
生年月日:1973年4月1日
出身地:東京都港区
血液型:B型
身長:157cm
体重:44kg
スリーサイズ:B― W― H―
カップ:
出身小学校:森村学園初等部
出身高校:品川中学校・高等学校(現・品川女子学院中等部・高等部)(中高一貫校)
最終学歴:早稲田大学教育学部
嫌いな食べ物:貝類
職業:プロフィギュアスケーター、解説者
事務所:株式会社スポーツビズ(マネジメント契約)

ブログ:http://ameblo.jp/junko-yaginuma/

フィギュアスケート情報

元コーチ:福原美和
所属クラブ:品川プリンスクラブ
引退:1995年

表現力が豊かでスピンの技術が高く、中でも1990年のNHK杯のショートプログラムで「綺麗なレイバックスピン」と解説されています

主な成績

1988年 世界ジュニア選手権大会 2位
1988年 カルガリー冬季オリンピック出場
1991年 世界選手権大会 11位 ※自己最高位(世界選手権には7回出場)
1993年 アジアカップ 優勝
1993年 冬季ユニバーシアード大会(ポーランド) 優勝
1994年 NHK杯国際フィギュアスケート大会 3位
1995年 3月 世界選手権を最後にアマチュア 引退

5歳でスケートを始めて小学校1年生からジャンプを飛び始めて小学校5年生の時にはトリプルルッツが飛べるようになっていました。

品川プリンスクラブに所属してからは福原美和さんに師事。1987年、世界ジュニア選手権でショートプログラムともに1位だったが総合2位で優勝を逃した。

福原美和さんは、オーストリアで1964年に開催されたインスブルックオリンピックではフィギュアスケートにおいて日本女子選手初の冬季オリンピック入賞(5位)を果たしてからはコーチ転向

1988年、全日本選手権に初出場で2位になったことで14歳でカルガリーオリンピック代表に選出されてから「銀盤のゴクミ」と呼ばれて人気を博しました。
1987年の新語・流行語大賞流行語部門 銅賞に選ばれた後藤久美子さんの愛称「ゴクミ」になぞられて呼ばれていました

1995年、早稲田大学を卒業後は株式会社プリンスホテル入社してからプリンスアイスワールドに所属しプロスケーターに転向し、テレビ番組のスポーツキャスターやフィギュアスケート解説の第一人者として活躍。

 

1999年4月よりフリーに転向。2003年からプリンスアイスワールドのチームリーダを務めました。

2007年、「JOCスポーツ環境委員会」環境アンバサダーに就任しました。
スポーツを楽しめる地球環境保全を啓発・実践することを目的としています

2009年6月、1歳年上の一般男性(会社員)と婚約し、同年9月6日に東京グランドプリンス高輪にて挙式・披露宴を行いました。

2014年からプリンスアイスワールドの10年間務めたチームリーダを離れてディレクターやプリンスアイスワールドが主催するスケート教室で講師として参加やジャパンコンソーシアムのフィギュア解説なども務めています。
※ビッグイベントの際だけに結成される日本放送協会(NHK)と日本民間放送連盟加盟各社が共同制作する放送機構

(2016年8月時点)