海外発の次世代スニーカーブランドとしてdiadora(ディアドラ)、KEEN(キーン)、BROOKS(ブルックス)。diadora(ディアドラ)はヨーロッパを中心にブームが再燃しているそうです。マツコ・デラックスは「懐かしい! 今日の今日まで存在を忘れてた。ちょっと古い感じがいい」と絶賛していました。

 

diadora(ディアドラ)

N.9000

diadora(ディアドラ)N9000

1948年に登山靴メーカーとして創業し、サッカー、テニス、ランニング、サイクリング、モータースポーツ、ライフスタイルなどあらゆるジャンルを展開しているイタリアのメーカーです。N.9000は1990年にリリースされたハイパフォーマンスランニングシューズだそうです。

 

KEEN(キーン)

UNEEK

KEEN(キーン)UNEEK

国井栄之さんもスニーカーとして紹介していいのか、全く理解が出来ないスニーカーとキッパリ発言されていました。2本のヒモとソールで作られたオープンエアスニーカー。2003年設立と歴史はまだ浅いアメリカになるメーカーだそうです。

BROOKS(ブルックス)

Chariot

BROOKS(ブルックス)

ランニングシューズだけを作り続けて創業101年を迎えます。国井栄之さん曰く、ランニングシューズがトレンドの今がオススメだそうです。

スポンサードリンク


今の時代は、自分でスニーカーを作れる時代になっていると語った国井栄之さんが紹介されていたのが下記の2つです。

adidasの「miZXFluxPhotoPrint(マイ ゼットエックス フラックス フォトプリント)」

miZXFluxPhotoPrint

使い方は

①スマホにアプリをダウンロード

②靴の形に合わせて写真をレイアウト&オーダー(16.000円(税抜)

③後は発注して約4週間ほど届くのを待ちましょう

マツコ・デラックスにプレゼントしたスニーカーは新宿・歌舞伎町の写真をベースにして作られてスニーカーを大絶賛していました。特に喫茶店の上高地にとても反応していました。歌舞伎町では有名喫茶店のようですね。

新宿歌舞伎町上高地

 

NIKEの「NIKEiD」

究極のスニーカーカスタムサービスだそうです。自分好みに100種類以上ある靴・素材・カラーからアレンジできるサービスで4~6週間で完成するようです。キモカワイイ物をリクエストして後日、国井栄之さんが持ってきたものが下記の映像です。

マツコスニーカー(19,500円(税込)

NIKEIDマツコスニーカー

NIKEIDマツコスニーカー1

赤い部分はベースにしているスニーカーの色を残しているそうで花魁をテーマにしたそうです。希望通りに気持ち悪いという反応でマツコ・デラックスは「こんなん履いているヤツ嫌だ」と言っていました。(笑)