男性にとどまらず、女性人気が拡大中のスニーカー。マツコを唸らせる王道の定番モデルから、高機能スニーカーまで至極の名品を国井栄之さんが2015年7月7日の「マツコの知らない世界」で伝授するそうです。

マツコの知らない世界

出典:https://www.facebook.com/

マツコを満足させた究極のオリジナルスニーカーのデザインとは一体どんなものなのでしょうか。そして国井栄之さんとはどんな方なのか当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?国井栄之のプロフィール

国井栄之

出典:https://www.facebook.com/

名前:国井栄之(くにい しげゆき)
年齢:1976年4月12日
在住:東京都
職業:ミタスニーカーズのクリエイティブ・ディレクター
悩み:スニーカー屋の職業病が出てしまう
野望:東京五輪の選手用スニーカーをデザイン
※クリエイティブ・ディレクターとは・・・製作物の企画から制作、納品というすべての過程を一気通貫して見届ける総責任者。

スニーカーを初めて購入したのは小学校の時だそうです。当時はアディダスが人気だったそうですが、あまのじゃくな性格だったそうでコルテッツを履いていたそうです。スニーカーに目覚めたのは、16~19歳の時のようです。

車のレースをしていた時にレーシングシューズを履く機会が多く、レーシングシューズを追求しているとソールが素足に近くてはいけない、燃えない素材、ステッチと機能性が盛り込んでいたのがスニーカーだったそうで、それから他のスニーカーにも興味が出始めていったと明かしています。F1レーサーを目指していたそうです。

ミタスニーカーズに入るきっかけは、元々靴屋で働こうと思っていなかったそうです。漠然と「物を作りたい」と思っていたそうです。アメリカのフットロッカー別注みたいものを日本でもできたらおもしろいだろうなという気持ちで20歳くらいの時に面接を受けました。

車のレースをしていたこともあり、スニーカーと車の構造がスゴイ似ているそうです。国井栄之さん曰く、車のボディーがスニーカーのアッパー、サスがミッドソール、タイヤがアウトソールのように思ったそうです。

実は、面接を受ける時に、靴屋で働いたことは無かったのに働いていたことにしていたそうで、受かってから焦って某大型靴店に行き、1週間だけバイトをして入社初日に挑んだそうです。今までに履いた

現在では、「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターとしてさまざまなコラボレーションや別注モデルのデザイン、世界規模のスニーカープロジェクトに携り、活躍しています。

 

会社概要

ミタスニーカーズ (mita sneakers)

出典:https://www.facebook.com/

商号:株式会社サンタ
屋号:mita sneakers(ミタスニーカーズ )
代表取締役:三田弘昭
住所:〒110-0005 東京都 台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
営業時間:月 – 金:11:00 – 19:30 / 土 – 日:10:00 – 19:30
定休日:第3水曜日 / 元旦
電話番号:03-3832-8346
公式サイト  http://www.mita-sneakers.co.jp/
公式ブログ  http://www.mita-sneakers.co.jp/blog/
楽天市場   http://www.rakuten.ne.jp/gold/mitasneakers/
ヤフーストア http://store.yahoo.co.jp/mita-sneakers/

世界で圧倒的な支持を受け、ミタスニーカーズの別注モデルは、即SOLD OUTになるそうです。別注モデル以外にも各メーカーが展開している世界プロジェクトへのデザイン提供・マーケティング協力など多岐に渡って活躍をし注目されているお店です。

 

国井栄之さんの代表作品とは?続きは次へ