2017年3月1日、日本テレビ系列『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』では「日本列島 大学の旅」の企画で東京大学、京都大学に続き、3番目の帝国大学として創立された理系が超強い東北大学で月面探査機の開発やマッハ5のスピードで飛ぶ事が可能になるという夢のエンジンを開発している大学生と出会います。

 

鳥人間コンテストを5回も優勝を誇る人力飛行の名門クラブ「Windnauts(ウインドノーツ)」の究極の人力飛行に青春を懸けるトンでる学生たちと2017年末に月面探査レースに出場して優勝賞金約20億円を狙う東北大学について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

ロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」とは?

Googleがスポンサーとなり、1995年に人類に利益を与える技術の開発を促進することを目的として設立された非営利組織「Xプライズ財団 (X Prize Foundation)」が民間組織によって月面無人探査を競い合う総額3000万ドルの国際賞金レース。