ソムリエ世界一の田崎真也が38年前ワインに目覚めたフランス・ブルゴーニュで本を片手にひとりワイン畑を巡った貧乏旅行を再現しながらワイン畑を巡り、当時の安宿を探したりとロマネコンティの秘密が明らかに!絶品フレンチでマナー講座も必見です。

 

ロマネコンティの畑で驚きのコメント、1本100万円のワインの秘密が明らかに。お金がなくても夕食だけは勉強のために贅沢をしていた。懐かしの絶品フレンチでサービスの極意を語る。ソムリエ世界一を目指して修行時代お世話になった方と感動の再会。田崎真也にとってソムリエとは?当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

田崎 真也のプロフィール

田崎真也

出典:http://www.balstokyo.com/

本名:田崎 眞也(たさき しんや)
生年月日:1958年3月21日
出生地:東京都渋谷区
出身高校:幾徳工業高等専門学校(中退)
血液型:B型
身長:175cm
※新字体で田崎 真也(たさき しんや)と表記されることもある

東京都渋谷区に生まれて間もなくして神奈川県相模原市へ移りました。幾徳工業高等専門学校を中退後、レストランでウェイターの仕事を行っている中でワインの世界に触れ感化されました。

その後1977年、本場フランスに渡り、ブルゴーニュ地方やボルドー地方のワイン蔵元を訪ね歩き始め、一度帰国してから再度フランスに渡り、ソムリエ学校を卒業しました。

1980年に帰国後、1983年に第3回全国ソムリエ最高技術賞コンクールで優勝。1995年に第8回世界最優秀ソムリエコンクールに、日本人として初の優勝しました。

この快挙も相まって、日本のワインブームの立役者となり、有限会社サンティール、有限会社インターソムリエ、有限会社エルミタージュ、ヴィノテーク(ワイン雑誌)の各代表取締役社長を務めています。

田崎真也ワインサロン(愛宕山)主宰。また、レストランS、ワインバーカノン、焼酎居酒屋 眞平をプロデュース。長野県原産地呼称管理制度ワイン官能審査委員長を務め、2010年11月には、国際ソムリエ協会の会長に就任。

【賞歴】
1983年 日本における、全国ソムリエ最高技術章コンクールに優勝
1995年5月 第8回世界最優秀ソムリエコンクール優勝

【栄典】
1999年 – フランス農事功労章シュヴァリエ
2011年 – 黄綬褒章

番組が終わり次第更新していきたいと思います。