2016年1月12日、TBS『マツコの知らない世界』では新春もマツコの食欲が止まらない2時間SPと題して「マツコの知らないフライドチキンの世界」をテーマに収入の8割を肉につぎ込んできたという肉のコンシェルジュ、肉マイスターこと2世タレントの田辺晋太郎さんが出演されました。

田辺 晋太郎

出典:@tanabeshintaro

AKB48のまゆゆこと渡辺麻友さんに「ヒカルものたち」作曲提供したり、TOKYO MX『パ・リーグ主義』やJ-WAVE「HELLO WORLD(ハローワールド)」、文化放送「田辺晋太郎 あなたへバトンタッチ」などのMCの経験のある田辺晋太郎さんとフライドチキン戦国時代の今食べるべき一品について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?田辺晋太郎のプロフィール

田辺 晋太郎2

出典:http://volcano-inc.jp/

名前:田辺 晋太郎(たなべ しんたろう)
生年月日:1978年11月5日
出身地:東京都
血液型:A型
最終学歴:成城大学文芸学部文化史学科
職業:作曲家、音楽プロデューサー、MC、肉マイスター
著名な家族:田辺靖雄(父・歌手)、九重佑三子(母・歌手)、
配偶者:本村由紀子(フリーアナウンサー)
家族:息子2人
事務所:株式会社Volcano
音楽作家窓口:株式会社 Griot
備考:自他共に認めるほどのTM NETWORKファン、野球好き(野球経験は無い)
ブログ:「Nice to MEAT you!!!」
Twitter(ツイッター):@tanabeshintaro

お花見で集まっている時に田辺晋太郎さんとmyco(マイコ)さんが出会って同じ志向同士で話が盛り上がった後、知人からの紹介で辺見鑑孝さんが参加。辺見鑑孝さん(key)がリーダーを務め、myco(マイコ)さんが(vo)、田辺晋太郎さん(g)で3人のユニットChangin’ My Lifeで2001年5月30日、シングル『Luv.Remix』でデビューしました。

2003年5月、辺見鑑孝さんが脱退し、解散と存続との形で田辺晋太郎さんも脱退しましたが、2005年9月11日に田辺晋太郎さんとmyco(マイコ)さんのブログにてChangin’ My Life再始動を発表し、2005年11月24日にChangin’ My Life「再始動」ライブを決行しました。

2007年3月、本村由紀子さんと結婚し、同時に妊娠中であることを本村由紀子さん自身のブログで発表しました。

2007年8月10日長男が誕生しました。

2012年4月6日、次男が誕生しました

田辺 晋太郎1

出典:http://kimamana-topic.com/

その後は音楽作家・プロデューサーとして、俳優の城田優、瀬戸康史、海外アーティストではパク・ヨンハ、飛輪海(フェイルンハイ)、ヴァネス・ウーなどに楽曲の提供や2012年11月21日、AKB48の渡辺麻友さんの3作目の3rdソロシングル「ヒカルものたち」の作曲をしています。
※同楽曲で自身初のオリコン週間ランキング1位を記録

2013年5月、ムック本「焼肉の教科書」の監修を務め、食肉の知識、調理法、扱い方など多様な分野において造詣は深く、生産者、料理人から、肉食文化を伝えるリエゾン(組織間の連絡役)として活躍し、専門家からの支持の後押しによって「肉マイスター」として肉の旨さを伝えています。
※著書「焼肉の教科書」は15万部を超えています

2014年10月には一般社団法人「食のコンシェルジュ協会」を立ち上げて代表理事に就任し、年4回(2月、5月、8月、11月末)に「焼肉コンシェルジュ検定」を実施するなどの活動を行っています。

 

田辺靖雄と九重佑三子の2世タレント(長男)?

田辺 晋太郎4 田辺 晋太郎5 田辺 晋太郎6 田辺 晋太郎7

田辺晋太郎さんの父・田辺靖雄さんは、社団法人日本歌手協会8代目会長を務めている田辺靖雄さんです。

田辺靖雄さんは高校在学中にティーンエイジャーの遊び人グループ(六本木野獣会)を結成したのがきっかけで、1961年に渡辺プロダクションからスカウトされ芸能界入りしました。
※六本木野獣会のメンバーには、峰岸徹さん、中尾彬さん、大原麗子さん、小川知子さん、井上順さん、ムッシュかまやつさん、福澤幸雄さんらがいたそうです

1963年、梓みちよさんとのデュエット「ヘイ・ポーラ」が大ヒットしました。第14回NHK紅白歌合戦に「雲に聞いておくれよ」で初出場しました。1964年に発売した「二人の星を探そうよ」も大ヒットして人気歌手の仲間入りを果たしました。

マイ・カップル(田辺靖雄・梓みちよ) ヘイ・ポーラ


田辺晋太郎さんの母・九重佑三子さんは、1962年、ダニー飯田とパラダイス・キングの一員としてデビューし、1963年、「シェリー」でレコードデビューを果たしました。

横山光輝により「週刊マーガレット」に連載されていたコメットさんが1967年に特撮テレビドラマ化され、コメットさん役に抜擢されました。また、当時史上最年少(21歳)で第18回NHK紅白歌合戦紅組司会を務め、第5回ギャラクシー賞を受賞しています。
※ギャラクシー賞とは、1963年に創設され、日本の放送文化に貢献した優秀な番組・個人・団体に贈られる賞(年1回毎年5月に発表)

コメットさん オープニング

 

1973年に森繁久彌夫妻の結婚の仲立ちにより、田辺靖雄さんと結婚し、育児のため一時芸能活動を休止しましたが、復帰後は、夫の田辺靖雄さんとのコンサート活動や、バラエティ番組のコメンテーターとしても活躍しています。

 

食のコンシェルジュ協会と焼肉コンシェルジュ検定とは?

【協会概要】

名称:一般社団法人 食のコンシェルジュ協会

設立:2014年10月2日

住所:東京都品川区西五反田2-4-2 東海ビル4F ENBUゼミナール内
TEL:03-5437-3550
FAX:03-5437-3551
ホームページ:http://syoku-con.com/
お問い合わせ:syoku-info@syoku-con.com

【代表理事】 田辺 晋太郎

【理事】 市橋 浩治

【顧問】 高垣 佳典、廣政 愁一、青山 勝彦

【アドバイザー】 横川 潤

【検定主催および運営母体】

主催:一般社団法人 食のコンシェルジュ協会
運営:ENBUゼミナール

協会の目的

当法人は、広く一般市民に対して、食に関する情報の提供、人材の育成等を行い、正しい食文化の普及、啓発と社会教育の推進を目的とし、その目的に資するため、次の事業を行います。

1. 各種セミナー、イベント、講演会等の企画、立案、運営及び実施に関する事業
2 .検定、資格試験等の企画、運営、実施及び資格認定に関する事業
3 .書籍、出版物、印刷物、映像ソフト等の企画、開発、制作、編集、デザイン、販売に関する事業
4 .各種人材の教育、指導、育成及び養成に関する事業
5 .前各号に附帯又は関連する一切の事業
食のコンシェルジュ協会から引用

 

焼肉コンシェルジュ検定は、「焼肉コンシェルジュ検定・並コース(初級)」、「焼肉コンシェルジュ検定・上コース(中級)」の2種類があるようです。

「焼肉コンシェルジュ検定・並コース(初級)」では、肉や焼肉に関する基本的な知識と、焼肉の基本4種類(ロース・カルビ・タン・ホルモン)の美味しい焼き方について学んだ後に、検定受験(30分)があるようです。

「焼肉コンシェルジュ検定・上コース(中級)」では、肉や焼肉に関する専門的な知識と、美味しい焼き方について実技試験があるようです。
※受講資格は「焼肉コンシェルジュ検定・並コース(初級)」に合格していることが必須のようです

 

マツコ・デラックスさんも絶賛したフライドチキンの世界については次のページへ