2017年1月8日、日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』では「傷ついた心を世界の渡部が癒しますSP」と題して世界の渡部こと渡部建さんが芸能人通う絶品の鴨すき鍋と傷ついたゲストを癒す超繊細!花模様アートの滝川真由美さんが出演です。

 

2016年10月2日に放送されたテレビ東京系列『〜突撃!はじめましてバラエティ〜イチゲンさん』でも博多華丸・大吉の博多大吉さんを描いた日本イラストレーター協会に所属している滝川真由美さんと絶品の鴨すき鍋について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?滝川真由美のプロフィール

出典:

名前:滝川 真由美(たきがわ まゆみ)
生年月日:196?年??月??日
出身地:神奈川県大和市
血液型:
趣味:SUPER GT観戦

最終学歴:日本デザイン福祉専門学校

受賞歴

第4・5回 OSM公募大賞 奨励賞
2013 アートムーブ絵画コンクール 入選
第14回 インターナショナルイラストレーターコンベンション 優秀賞
第39回現代童画展 入選

ブログ:Mayumiのアトリエ イラストレーターのMayumiです!花もようで描いたイラストを中心に、大好きなお料理。趣味や日々の出来事などを公開しています!(http://ameblo.jp/tenchan-918/)
ホームページ:Mayumiのアトリエ(http://mayumi-atelier.sakura.ne.jp/)

 

油絵を描いていた叔父に上野などの美術展によく連れて行って貰ったことがきっかけで絵に興味を持ち、幼少時代にピアノを習っていたことで高校時代は美術部と軽音楽部でリードギターを担当して音楽と美術共に熱中していたいそうです。

日本デザイン福祉専門学校卒業後は印刷会社に就職し、広告のデザインを担当していましたが結婚してからも2児の母親になりましたが、離婚してから子育てをしながら36歳で熟女キャバクラで働きながらも常に絵は描き続け、公募展には参加し続けていました。

2013年2月3日に放送された『行列のできる法律相談所』で毛細管現象を利用してインクを吸い上げる佐瀬工業所のガラスペン*が紹介されて存在を知った滝川真由美さんは学生時代から色鉛筆とパステルを使用していましたがドイツ製(シピン)のガラスペンに出会い、描きやすさ感動したそうです。

46歳の時に熟女キャバクラの成績が落ち込み、2013年5月に辞めざる終えなくなってから、様々なアーティストの作品を見て独学で2年程、絵ばかり飽きていたそうです。

思いつきで直径約4mmの花びらが5枚の花模様アートを色鉛筆で、色番まで細かく下書きを描いてドローイングインクとガラスペンを使って作品を完成させる独自のアートを生み出し動物を中心にイラスト描いています。

2016年2月、イギリス・ロンドンのチェルシータウンホールで3日間開催された「Parallax Art Fair」にmusukoの助けと英語の話せる親友が同行してくれたおかげで高評価を手に入れました。

 

世界の渡部の究極の鴨すきとは?

【店舗情報】

店名:とりなご
住所:東京都渋谷区恵比寿3-7-3 大倉ビル 1F
電話番号:03-5420-1075 予約可
オープン日:2011年11月1日
ホームページ:http://www.facebook.com/torinago2

本店は京都府福知山市御霊神社裏参道前にある「鳥名子(とりなご)」で東京都渋谷区恵比寿に初の支店を開店しました。鳥の干物「とぼし」をはじめとした鳥料理、鴨の刺身や鴨の燻製などの鴨料理、「鴨すき」が名物だそうです。

料理長・足立憲吾さんが番組に出演されていました。世界の渡部こと渡部健さんが紹介されていましたが、堤真一さんは以前に「とりなご」に行った事もあり、お知り合いだったそうです。