2015年9月6日に放送された日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』では、高校2年生女流棋士の中で最年少・美少女将棋棋士・“べにぴー”こと竹俣紅さんの伝説の神対応が紹介されます。

 15歳の女流棋士・竹俣紅1

アウトデラックスでも話題になった「言葉にトゲがありすぎる女流棋士」として竹部さゆりさんとのコラボ色紙の事件を当たり障りなく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

竹俣紅のプロフィール

15歳の女流棋士・竹俣紅2

出典:竹俣 紅オフィシャルブログ

名前:竹俣 紅(たけまた べに)
生年月日:1998年6月27日
出身地:東京都港区
高校:渋谷教育学園渋谷高等学校在学中
趣味:ミニ盆栽
資格:英検2級、漢検2級
プロ入り年月日:2012年10月1日)
棋士番号:45
棋風:居飛車党(相矢倉を得意)
好きな駒:「金」
師匠:森内俊之九段
段位:女流1級

【昇段履歴(プロ入り)】
2012年10月1日 2級
2015年7月1日 1級

竹俣紅さんは、小学生のときにアマチュアとして出場した将棋大会において、女流プロ棋士を次々に破るという好成績を収め、中学2年生でプロデビューした女流棋士です。

将棋を始めたきっかけは、小学校の入学前、ソロバンの本を探しに近所の書店へ行ったのですが、目的の本が見つからず、かわりに将棋の入門書が目に付いたという偶然から始まりました。

新聞を読めるようになりたくて漢字にとても関心があったそうで「漢字がいっぱい書いてあったので」という理由で購入した本で猛勉強。同じ頃に手に入れた詰将棋の本は、背表紙が壊れるまで繰り返し読んでいるそうです。小学校2年生夏頃から「将棋サロン荻窪」に通い続けています。

2008年、小学4年生の時に日本将棋連盟主催の第1回駒姫名人戦優勝。2010年、第5回白瀧あゆみ杯争奪戦に出場し、熊倉紫野女流初段と鈴木環那女流初段を破って決勝戦に進出という快挙を果たし実力と名前を全国に轟かせました。

さらに、第32期女流王将戦の予選にアマチュア代表で出場。北尾まどか女流初段、山口恵梨子女流初段に連勝して、アマチュアの小学生として史上初めて女流タイトル戦の本戦に進みましたが、本戦1回戦の中村真梨花女流二段に92手で敗退した。

2012年10月1日付でプロの女流棋士となった竹俣紅さんは森内の弟子になりました。(森内俊之さんが弟子をとったのは竹俣紅さんが初めてです)

運動とミッキーマウスが苦手で、ミッキーマウスが苦手になったのは、「2、3歳のころ、両親とディズニーランドに行きました。着ぐるみのミッキーを目の前にして大泣きしたのがトラウマになったみたいで……」ということで、それ以来、ディズニーランドにも行ったことはないそうです。

はオシャレで、女子力が高いそうですが、本人曰く「洋服を選ぶのは面倒くさい。生まれ変わるとしたら男の子がいい」と言っています。

(2015年9月)

竹俣紅さんの中学時代までの軌跡について特集された動画がありましたのでご覧下さい。

趣味が渋い?ミニ盆栽の画像も紹介!

小学校の高学年のころにお年玉でミニ盆栽を購入したそうです。梅や桜、紅葉などを自宅で育てているそうですが、「梅は水をあげすぎて巨大化してしまいました。もう『ミニ』じゃありませんね」と明かしています。初めて買ったミニ盆栽は桜だそうです。

15歳の女流棋士・竹俣紅盆栽

出典:竹俣 紅オフィシャルブログ

ブログに掲載されているのですが「盆栽世界」と「将棋世界」を定期購読されているようです。実際に手入れしている画像もありましたので紹介したいと思います。

15歳の女流棋士・竹俣紅盆栽の手入れ

出典:囲碁将棋画像ブログ

趣味がミニ盆栽というのもかなり渋いですね。実際に竹俣紅さんが持っているミニ盆栽を惜しまなく?紹介したいと思います。

白梅

白梅

桜

サワラ

サワラ

紅葉

紅葉

 

渋渋将棋部のマネージャー?アウト×デラックスで放送されたコラボ色紙の事件は?続きは次へ