2016年3月24日、日本テレビ系列『ダウンタウンDXDX 春の2時間スペシャル』では「自宅から裸まで!仲良しコンビのウラ事情 大暴露スペシャル!」のコーナーで、世界戦再挑戦に向けてモデルボクサーとして活躍している高野人母美さんが出演します。

高野人母美

出典:http://wpb.shueisha.co.jp/

プロ6戦目にカイ・ジョンソンに強烈なパンチを浴び、顔面崩壊しかけて顔面に数千万円単位の保険をかける計画を立ててたり、現WBA世界フライ級王者の井岡一翔さんのトレーニングに参加したVTRを公開されたTOMOMIこと高野人母美さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?高野人母美のプロフィール

高野人母美3

出典:http://office-cotton.co.jp/

本名・リングネーム:高野 人母美(たかの ともみ)※1
芸名:TOMOMI(モデル活動時)
別名義:高野 ともみ(当初はアベニューワン所属していた芸名)
生年月日:1987年6月12日
血液型:O型
出身地:東京都墨田区両国
出身高校:立志舎高等学校
身長:177cm
体重:52.1kg(2014年10月時点)
スリーサイズ:B85 W57 H85(2013年12月時点)
カップサイズ:D
趣味:筋トレ、食べること、水泳、美容研究、掃除、登山、パワースポット巡り
特技:ボクシング アマチュアフライ級(歴2年)、キックボクシング(歴7年)、ダンス、蹴上(2メートル以上)
資格:普通自動車免許、温泉ソムリエ
股下:90cm(身長比:50.8%)
靴のサイズ:24.5cm
事務所:株式会社オフィスコットン
ボクサー所属事務所:山上ボクシングスポーツジム → 協栄ボクシングジム
好きなボクサー:天笠尚、井岡一翔、井上尚弥
備考:9頭身
ブログ:TOMOMIオフィシャルブログ「MODEL & PRO BOXER TOMOMI…..」
Facebook:https://www.facebook.com/tomomi.takano.161
Instagram(インスタグラム):tomomitakano797

※1 名前の由来は「人より母より美しく育って」という両親の想いからだそうです

【受賞歴】

2008年

資生堂テクニカルコンテストまとめ髪部門 1位

2009年

アジアスーパーモデルコンテスト6位

2011年

ミス・アース・ジャパン ファイナリスト
JJモデルコンテスト2位
グレア・コンテスト2位

2012年

神戸コレクション ファイナリスト
ミスビキニジャパン ファイナリスト
新橋こいち祭り ファイナリスト
ミス・オール・ネーション日本代表
ミス・ツーリズム・インターナショナル日本代表

2013年

ミス・ツーリズム・インターナショナル ミスチャーム
スーパーモデル・インターナショナル日本代表

2014年

ベストスタイリングアワード2014スポーツ部門

【ラウンドガール歴】

2012年7月20日 日本フェザー級タイトルマッチ 天笠尚 vs 渡邉卓也
2013年2月25日 日本ライト級タイトルマッチ 加藤善孝 vs 鈴木悠平

高野人母美2

出典:http://www.sponichi.co.jp/
(プロデビュー戦より先に角海老ジムにも出稽古をきっかけに角海老ジム関係者からオファーを受け快諾)

2013年3月25日 日本ウェルター級タイトルマッチ 高山樹延 vs 尹文鉉
2013年11月13日 WBA女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ 山口直子 vs 藤岡奈穂子

【戦績】

アマチュア:4戦 4敗
プロ:10戦 8勝 5KO 2敗(2015年11月11日時点)

父親は岐阜県高山市出身で父方の祖母は地元で大相撲の浴衣を縫う仕事をしています。高野人母美さんは、5歳から9年間水泳、小学校6年間はサッカー、中学3年からはキックボクシングを始め、高校時代からシェイプアップのためにキックボクシングのジムに通っていました。
※あくまで趣味のため試合未経験

立志舎高等学校在学中に竹下通りでスカウトされ、グラビア活動を始め、卒業後にモデルデビューを果たしました。当初は、事務所アベニューワンに所属し、芸名を高野ともみとして活動をしました。

2009年7月26日、広西チワン族自治区南寧市で行われた第4回「2009年アジアスーパーモデルコンテスト」の決勝戦に須川春輝さん(現:春輝、モデルガールズ)と共に日本代表として参加し6位入賞しました、

ボクシングを始めたのは友人に誘われ、日本フェザー級王者の天笠尚選手の試合を観戦したところ、熱い戦いに心ひかれて天笠尚選手が所属する山上ボクシングスポーツジムで2010年3月から練習を始めボクシングに転向しました。

「リーチの長さとスタイルがあれば世界で通用するよ」と周囲の薦めと、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんにも刺激され、ロンドンオリンピックを目指しオリンピックに2度出場した三浦国宏より指導を受けました。

2010年23日、24日に行われた全日本女子アマチュアボクシング選手権大会の東京都予選会で三田祥子選手と戦い、1R 2分7秒でRSC負けでした。(また、試合後バンデージミスで失格となっています)

2011年7月3日、東京・原宿のラフォーレミュージアムで行われた世界4大ミスコンテストの一つである「2011ミス・アース・ジャパンの最終選考会」の日本代表ファイナリスト23人の1人に選出され、ファイナリストベスト10入りを果たしました。
※ミスコン荒らしの美貌の持ち主。他のコンテストについては下記でまとめています

高野人母美1

出典:http://miss-earth.jp/

2011年12月の全日本女子選手権予選は発熱のため欠場し、ロンドンオリンピックへの道を絶たれ一度ボクシングを諦めていましたが、(山上ボクシングスポーツジムの)山上哲也会長からプロを勧められ「負けて泣くんだったら、勝って笑おう」と目標をプロボクサーへ転換し、2012年11月、最初のプロテストは筆記で96点だったものの実技は評価されず不合格でした。

【RSCとは?】
アマチュアボクシングでは、プロボクシングのTKOに相当するものとして「レフェリーストップコンテスト(RSC)というものがあり、選手がカウント内に立ち上がった場合でも「ダメージが甚大である」、「規定のダウン数を超えた」、「実力差が甚だしい」、「負傷によりレフェリーまたはドクターが試合続行不能」と判断した場合に適用されます

2012年9月に「うそつきや泥棒が大嫌い」と警察官の採用試験を受験するも不合格という結果に終わりました。

(山上ボクシングスポーツジムの)山上哲也会長にボクシングをやめると伝え、「もうボクシングはやめよう」という失意の頃にマレーシアでミスコンの合宿で空いた時間にホテルのジムでシャドーボクシングをしている自分に気付き、2013年1月に弟と行ったタイ旅行でムエタイジムに練習をさせてもらったことで帰国後に再受験を決意。

2013年1月30日、2度目のプロテスト受験で合格を果たしました。
※プロテストでは最初の相手をKOし、急遽前WBA王者天海ツナミさんが相手を務めています

2013年4月6日に在日米軍キャンプ座間屋内体育館でプロデビュー戦(階級はスーパーフライ級)が行われました。最初に落ちたプロテストの時の相手だった大空ヒカル選手(アルファ)にストレート、フックの連打を繰り出しわずか32秒でKO勝利してデビューを飾りました。
※KO勝利に浮かれ食べ過ぎたため、一時体重は60kgまで増えてしまったそうです

2013年7月25日、後楽園ホールで角海老宝石ボクシングジ主催におけるセミ(カード)としてプロ2戦目の対戦相手は初の海外選手ヨッカオ・ローエイシティジム(タイ)に対してセミで戦う緊張から手数が減り消化不良となり左ジャブ中心の攻撃に終始して判定で勝利しましたが、話題先行型のせいかファンから「モデルやっとけ! ボクシングなんかやめちまえ!」という野次を浴びせかけられました。
※KO勝ちすればプロモーターから異例の100万円の「KO賞」が贈られることになっていました

2013年9月30日に後楽園ホールでセミとしてこの試合がプロデビュー戦となるジプリン・デリーマ(フィリピン)と対戦し、25cmの身長差がある相手に対してジャブとストレートで攻め立てたところ、相手が横を向いた為、レフェリーが戦意喪失とみなし、1R 43秒でレフェリーストップTKO。プロ転向後3連勝を飾りました。
※3戦目のファイトマネーは6万円だそうです

2013年10月6日から2014年3月23日までの間、TBS系列大久保佳代子さんが初めての単独冠番組『大久保じゃあナイト』のリポーター2期生として出演しました。

2013年11月7日、スター性と将来性にほれ込んだ協栄ジムの金平桂一郎会長が(山上ボクシングスポーツジム)山上哲也会長譲渡を申し入れ、合意に達し、協栄ボクシングジムへ移籍が決定しました。

2014年6月24日に東洋太平洋スーパーフライ級1位のカイ・ジョンソン(T&H)と対戦。3Rに左フックでダウンを奪いましたが、5回にショートパンチの連打を浴びレフェリーストップTKOでプロ初黒星を喫しました。
※連勝は5でストップしました。T&Hジムとは、竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジムの略称

高野人母美 顔面
出典:http://www.tokyo-sports.co.jp/
(カイ・ジョンソンの強烈なパンチを浴びる高野人母美(左側))

高野人母美(協栄)VSカイ ジョンソン(竹原慎二&畑山隆則)


カイ・ジョンソンの強烈なパンチを浴びるのは2:20あたりです

2014年10月23日に初のグラビア撮影をサイパンで行ない、1stDVD『STARTING LINE』が発売されました。

2014年10月23日発売『STARTING LINE』

出典:http://www.amazon.co.jp/

2014年11月6日には書籍 『高野人母美アクションポーズ ボクシング&ファイティングアクション』を発売しました。

2015年6月10日には、1位にランキングされていた高野人母美さんと2位のノーンブア・ルークプライアリー(タイ)と対戦し、相手にバッティングの減点もあり3-0でOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座を獲得しました。
※興行は坂田健史代表就任後初の協栄主催興行として行われた為、高野人母美さんは新体制初のタイトル獲得者になりました

2015年6月20日、タイを舞台に、これまでに見せたことの無い限界ギリギリのSEXYカットに挑戦した写真集『Positive High』が発売されました。

写真集『Positive High』

出典:http://www.amazon.co.jp/

2015年7月31日に待望の2ndDVD『高野人母美 ~Interval~』が発売しました。

『高野人母美 ~Interval~』

出典:http://www.amazon.co.jp/

2015年11月11日、後楽園ホールでWBO女子世界スーパーフライ級王者・ダニエラ・ベルムデス(アルゼンチン)に挑戦しました。4Rに連打を浴びて腰から落ちてダウンし、タオルを投げられて世界初挑戦はKO負けでした。
※CS放送「TBSチャンネル」で生中継しました

激闘の最中、相手のパンチの勢いが余り、思わず高野人母美さんのバストが露わになるシーンもありました。

高野人母美9

出典:http://www.sankei.com/

負けた後、明け方になって吐き気を催し、高野人母美さん自身で119番をして救急車で病院に運ばれてCTスキャンの検査の結果は鼻骨骨折の疑いが判明し、翌日の13日に別の病院で再度検査したところ、鼻骨骨折と診断されました。

高野人母美 手術

出典:http://www.tokyo-sports.co.jp/

メスを入れたわけではなく「治療」に近いレベルだったそうですが、職業がモデル、試合から2日経過していたことを考慮されましたが、鼻には局所麻酔ができないため全身麻酔で手術をした事を2015年12月22日に明かしていました。

「(世界戦での敗戦を)自分よりも周りが悔しがっていた。(引退して)大切な友人を悲しませたら悔いが残る」と再起を決意し、2016年6月に保持する東洋太平洋スーパーバンタム級王座の防衛戦で再起を予定しています。

(2016年1月時点)

 

 

高野人母美は試合前にトイレで泣いてスッキリする?

試合前のプレッシャーの克服法として試合が始まる30分から1時間前にバンテージを巻くそうです。その時に気持ちが高まるため、その前にトイレの中で泣いてスッキリした状態にするそうです。「一回落ちれば、後は上がるだけですから、切り替えですね」と明かしていました。

高野人母美はミスコン荒らしの美貌の持ち主だった?

【コンテスト/etc…】

2008年

資生堂テクニカルコンテスト まとめ髪部門 1位

2009年

アジアスーパーモデルコンテスト 2009 決勝大会 6位入賞

2011年

12月 JJモデルコンテスト2位、グレア コンテスト2位

2011年

ミス・アースジャパン2011 ファイナリストベスト10入り

2012年

2月 神戸コレクションファイナリスト
7月 ミスビキニジャパンファイナリスト
7月 新橋こいち祭り ファイナリスト
8月 ミス オール ネーション2012 世界大会ミスジャパン日本代表
12月 ミスツーリズムインターナショナル2012 ミスジャパン世界大会日本代表

2013年

5月 ミスツーリズムインターナショナルアジア2013 入賞 ミスチャーム受賞

 

高野人母美の計量パフォーマンス・水着姿の画像、CMを見たい方は次のページへ