2015年9月4日に放送された日本テレビ系列『笑神様は突然に・・・』は、「スーパーサラリーマン鳥人間プロジェクト完結編SP」と題した2時間スペシャル“スーパーサラリーマン”ことドランクドラゴン・鈴木拓さんが「鳥人間コンテスト2015」に挑戦したました。

 鈴木拓スーパーサラリーマン

『笑神様は突然に…』のコーナー企画から東芝電波プロダクツの社員チーム・チームてぷとのパイロットとして2度目の出場しました。今回も感動と記録が生まれたようですね。“スーパーサラリーマン”ことドランクドラゴン・鈴木拓さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

鈴木拓のプロフィール

 鈴木拓1

出典:@ebinakarakitem1

本名:鈴木拓(すずき たく)
生年月日:1975年12月7日
出身地:神奈川県綾瀬市
出身高校:神奈川県立綾瀬西高等学校
血液型:O型
身長:167cm
趣味:ルアーフィッシング
特技:格闘技【ブラジリアン柔術(紫帯)】
出身:スクールJCA5期
コンビ名:ドランクドラゴン
相方:塚地武雅
芸風:コント(ツッコミ)
事務所:プロダクション人力舎
活動時期:1996年 –
同期:バッドボーイズ、ハローバイバイ (解散)

何かやった人の名前を呼ぶので音声だけのラジオでもわかりやすいことから「ラジオツッコミ」が得意で、塚地がレギュラー出演するドラマでゲスト出演することが多い印象が強い。

1975年、神奈川県綾瀬市に生まれ、実家は海老名市で居酒屋「黒兵衛」を経営しています。いとこの娘(いとこ姪)にモデルの三浦葵さん、三浦萌さん姉妹がいて、祖父は代議士をしており、小さい頃は金持ちだったそうです。

高校卒業後に警察官、教習所教官などの試験などを受けましたが就職できませんでした。コネの関係で消防士の試験に99%受かるはずでしたが、三段跳びが全く出来ないなど成績があまりに酷く合格できなかった事も明かしています。

2007年9月1日放送された『さんまのまんま』のトークで、書店で立ち読みした本に「簡単になれる職業(最高が星5つのランク付けで星一つ)」としてお笑い芸人が挙げられていたことから芸人を志したそうです。

タレントであるさかなクンは中学、高校時代の同級生で、『はねるのトびら』で同様に出番が少ない山本博さんと仲が良いそうです。

スクールJCA5期生として入所。当初は男性3人、女性1人からなるカルテット「4人組」を組んでいたが、メンバーの男性の1人と女性が男女の関係となり、残った1人の男性ともそりが合わなかったことからカルテットを解消しています。
※芸能事務所プロダクション人力舎が1992年に開校したタレントの養成所

鈴木拓さんの消極的な性格を、「お笑いを目指しているのに執拗に前に出ない、センスがある」と勘違いして誘ってきた塚地武雅さんと1996年にコンビを結成しました。

2002年、『はねるのトびら』で彼女に強制的にプロポーズさせられたから始まり、両親が経営する居酒屋など私生活ネタが番組で紹介されることが非常に多くなったのですが、鈴木拓さん本人は嫌がっていたそうです。

それが理由なのか不明ですが、2003年の挙式や2004年に長男が産まれたことは番組スタッフはおろか塚地武雅さんやマネージャーにも打ち明けていませんでした。

家族は夫人と2児の男児がいます。現在、鈴木のみが都内にマンションを借りて、単身赴任生活中のようです。

2015年7月25日、26日に滋賀県彦根市の琵琶湖東岸で開催された第38回鳥人間コンテストに2回連続でパイロットとして参加しました。

(2015年9月時点)

 

Iwataniスペシャル鳥人間コンテストの結果はどうだったのか?続きは次へ