2016年9月25日、TBS系列『情熱大陸』では映画やミュージックビデオ、舞台などで有名アーティストBUMP OF CHICKEN、ゆず、Mr.Childrenなどの衣装を手掛けるデザイナーで表参道に事務所兼アトリエを構えても実店舗は持たないファッション界の異端児・スズキタカユキ(仕立て屋)さんに密着です。

%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%a6%e3%82%ad

2002年から自身の名前を冠したブランド「suzuki takayuki」をスタートさせ、今はパリより東南アジア(インドネシア)に目を向けて新ブランドを立ち上げてファッションの新しい可能性を追求しているスズキタカユキ(仕立て屋)さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

スズキタカユキがウエディングドレスの製作も大切にしている理由は?

ウエディングドレスの製作も大切にしているスズキタカユキさんは、挙式を3ヶ月後に控えたカップルのデザインや着丈の打ち合わせた後に紅茶を煮詰めて酸化させた染料を使って白い生地をほんのりクリーム色に染めていました。

目指すのは顧客が着た時に初めて完成するようなドレスを試行錯誤して作るのは、とてもたまらないことを明かしていました。

なぜ、ウエディングドレスが純白ではなかった理由は、新婦が着たことで「新婦の肌の色とナチュラルに調和させたかった」という答えがわかりました。

「肌の色を見ていてくれたんだなと思って 心強いです。大事に作って貰ったものを着て結婚式に行けるのが」

と、新婦も大変喜んでいました。

 

情熱大陸が密着したスズキタカユキが仕掛けるインドネシア新ブランド誕生の舞台裏とは?

経済が発展すればファッションも進化するに違いないとジャカルタファッションウィークのコレクションで確信を得たスズキタカユキさんは

パリに出すことがステータスになる時代は僕は終わったと思っていて 僕のアプローチというのは、もう少し現地の人とコミュニケーションをとることによって、そこの土地にあったものを提案してきたい。そういう意味で海外は、特にアジア・アセアンは魅力的だと思っています。

と、語っていましたが、現実は甘くなかったようです。DAN LIRIS社のミシェル社長とニヌッ副社長から2016年3月から3ヶ月で売れたのは6着だけという結果でした。

お客様からの意見は

  • 価格設定が中流階級以上だからパーティに使える華やかな洋服が欲しい
  • 中途半端
  • 普通の白いシャツに見えるから高価なことが理解出来ない
  • スズキタカユキさんのデザインの良さが分かる人は珍しい(ほとんどいない)

日本で顧客を掴んできたセンスもインドネシアでは通用しにくいという憂鬱な報告を聞くことになりました。

しかし、スズキタカユキさんは、むしろファイトが湧いてインドネシアで古くから伝わるろうけつ染め「バティック」の工房や現地の人が口にしている料理も積極的に手を伸ばし、今の日本にはない優しい湿度などからクリエイターとして刺激を受けたようです。

2016年8月、現地でカタログ撮影でスズキタカユキさんは初めて自分の商品に全面的に柄を施すことを考え、従来のスタイルからインドネシア伝統の柄を踏まえながら上品なオリジナルも加えたことでメーカー側も確かな手応えを感じていました。

2016年9月、次の冒険が決まったのかスズキタカユキさんはフィリピン・マニラにいました。

僕はエネルギーを見てますね。活気というかパワーというか 5年後、10年後にどうなっていくのかを見ながら、どういう人達に向けてものを作ることが出来るのかを。どういうジョイントの仕方が出来るのかを考えたいので絶対に見て感じたいなと思っています。

と、語っていました。

最後にナレーターの窪田等さんは

世の中には、多分2種類の人間がいる。「困難を巧みに避けようとする者」と「乗り越えることを楽しむ者」

と、番組を締めくくっていました。

 

スズキタカユキのプロフィールと経歴や妻・涼子の出会いから結婚については次のPAGES2へ