2016年6月3日、日本テレビ系『アナザースカイ』ではアメリカの大ヒットドラマ『HEROES』シリーズ「HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン」のミコ・オオトモ 役に大抜擢され、アメリカンドリームを成し遂げた日本人女優の祐真キキさんが出演です。

祐真キキ2

出典:http://news.mynavi.jp/

普段暮らしているリアルなロサンゼルスでの生活に密着取材し、台詞の勉強やアクション稽古で多忙な中、ストレス解消にひとりカラオケで熱唱したり、過酷なオーディション漬けの日々、人生を一変させた感動物語を含めて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?祐真キキのプロフィールと経歴・学歴

祐真キキ3

出典:http://www.imdb.com/

本名:祐真 希依(すけざね きき)
生年月日:1989年4月5日
出身地:京都府京都市
身長:153cm
体重:―kg
スリーサイズ:非公表
出身高校:京都市立紫野高等学校 ※有力説といわれている情報なだけです
職業:俳優
特技:アクション、イラスト、英語
著名な家族:ファッションエディターの祐真朋樹(叔父:父の弟)
家族構成:父親、母親、兄、妹、犬(ゴッちゃん)
事務所:株式会社スカイコーポレーション
Twitter(ツイッター):@KikiSukezane
Instagram(インスタグラム):kikisukezane
Facebook:https://www.facebook.com/kikisukezane/
ブログ:祐真キキ オフィシャルブログ Powered by Ameba
オフィシャルサイト:https://sukezane-kiki.amebaownd.com/

京都府の侍の家系に生まれ、小学校の頃から目立ちたがりやで、兄の友達や男友達とばかり外で走り回って遊んでいたそうです。
※やんちゃすぎて両腕を骨折していた事があるそうです

中学生の頃になるとアメリカの映画やドラマの世界に憧れ、英語が話せるようになりたいと思い続けていました。アメリカの高校に行きたかったそうですが、京都の高校に入学し、親にお願いして1年だけアメリカのサウスダコタ州の高校に留学し、英会話を習得しました。

高校卒業後は大学にはもともと行く気はなかったので進学せずにアルバイトをしながら、マザー・テレサやアンジェリーナ・ジョリーに憧れと芸能界に興味があったため、エキストラの仕事などで東京に数回行ったそうです。

20歳頃から女優か難民支援の仕事か本気で思い立って目指すようになりましたが、どちらに就くか迷っていたそうです。、また、アフリカに興味があり、アルバイトで貯めたお金で1人でバックパッカーとしてアフリカのタンザニアに1ヶ月旅した時に国際機関で働き、難民を助けている南スーダンでも仕事をしたアメリカ人に出会いました。
※子どもの頃から途上国の支援に興味があったそうです

祐真キキ

出典:http://promo.search.yahoo.co.jp/

出会ったアメリカ人と色々話をして

「死ぬまでそこにいる覚悟がないとできないとか、大学院を出て知識や情報を得ないと難しい仕事だという結論に達した」

女優になろうと決心した理由は、もともと発展途上国で苦しんでる人、死にかけているたくさんの人を救いたい。環境や自然破壊の現状を伝えたい。という理由です。まずは有名になる事が必要だという事で女優になる事にしました。日本だと世界で有名になる事が難しいと思ったのでアメリカでやる事にしました。
http://promo.search.yahoo.co.jp/から引用

そうです。

高校卒業3年後の21歳の時に日本だけではなく、演出家、映画監督、作詞家、キャスティングディレクターの奈良橋陽子が代表を務める海外でも活躍できる俳優を育てるアップスアカデミー(略称:UPS)に1年間学んでから日本国内の活動だと世界的に有名になる事が難しいと思ったことにより2011年の夏にロサンゼルスに移住しました。

渡米してからはアメリカで俳優をしている人たちにアドバイスを貰い、祐真キキさん自身でネットでオーディションを探し、できる限りのオーディションを受けて3年間で200回以上だそうです。
※オーディションを受けた内容は、「エキストラ」、「ウェブサイトのドラマ」、「結局放送されなかったドラマ」、「YouTubeの番組」、「学生映画」、「ウェブドラマ自主制作」、「声の仕事」、「イベントの着物モデル」など

オーディションを受けている間にエージェントも見つったそうですが、裏切られたり、だまされたりしながら3回程変わったそうですが、その時アメリカでは口約束は通用しない事を学んだそうです。

2015年に入ってから「HEROES」のオーディションを受けることができ、3人のキャスティングの前で演技をした後、別室で待つよう指示されてから、再度呼ばれると「HEROES」のプロデューサ含め新しい5人の計8人の前でまた演技をしたり、いろんな質問をされ、普段なら10分のオーディションが2時間も経過していたそうです。

4日後に電話がかかってきて、合格を知らされて大ヒットドラマ『HEROES』シリーズ「HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン」のミコ・オオトモ 役に大抜擢されました。

祐真キキ1

出典:http://www.mademan.com/

(2015年時点)

Kiki Sukezane Action Demo 2014

Kiki Sukezane (スケザネキキ)Stage Combat★