2015年11月18日、TOCOLから「スマホ天体望遠鏡 PANDA」発売されました。対物・接眼とも高品質光学ガラスアクロマートレンズ採用したことでスマートフォンで月面を綺麗に撮影できる光学約35倍の型抜きされた白黒のカラーダンボール(Fフルート)を組み立て式の天体望遠鏡です。

PANDA3

出典:http://www.enfete.net/

iPhone 6Sなど4K動画の撮影に対応している機種であれば美しい動画が撮れるそうです。デジタルズームと組み合せると約140倍のズームも可能なバローレンズの代わります。黒点や日食、金星の日面通過などの観察やピント合わせもスマホがしてくれる「スマホ天体望遠鏡 PANDA」について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

スマホ天体望遠鏡「PANDA」で撮影した実写動画 /スマホ天体望遠鏡「PANDA」

 

【商品の詳細】

商品名:スマホ天体望遠鏡 PANDA
発 売:2015年11月18日
価 格:5,000円+税
サイズ:縦236mm×横180mm×厚さ32mm
付属品:スマホ25顕微鏡+スマホ25偏光顕微鏡
出版社:株式会社リリス
ISBNコード:978-4-903808-17-8

【セット内容】

①スマホ天体望遠鏡 PANDA

PANDA2

出典:http://www.enfete.net/

光学倍率は約35倍(スマホデジタルズーム使用時 約35~140倍)。スマートフォンとの相性が良い構造になっているため、口径40mmでも最高クラスの描写力を実現しています。
※安全に太陽観察ができる「太陽投影板」付属なので黒点や日食の観察可能ですが、絶対に望遠鏡で太陽を直接見ないでください

迫力満点! iPhone 6sの4K動画で撮影した神秘的な月面

 

②スマホ25顕微鏡/スマホ25偏光顕微鏡

PANDA1 PANDA

出典:http://www.enfete.net/

「スマホ天体望遠鏡 PANDA」天体望遠鏡の接眼レンズ(アイピース)が「スマホ25顕微鏡」として利用でき、スマホ25顕微鏡は「スマホ25偏光顕微鏡」にもなります。

顕微鏡は拡大することを主な目的としています。偏光顕微鏡は拡大することの他に偏光下における鉱物の光学的性質で岩石などに含まれる鉱物の同定・岩石の組織ばかりではなく、それを構成する個々の鉱物の観察などを行うことを目的としています。

【スマホ顕微鏡で観察できるもの】

植物の種や葉
花の雄しべ・雌しべ
果物や野菜の種
チリメンジャコ
キノコ・コケ・シダなどの粘菌類
人の皮膚や爪
鳥や蝶などの羽
カブトムシやトンボなどの昆虫
幼虫や卵
服などの布
紙や印刷物
パンやお菓子の表面
雪や氷の結晶
砂や石
金属などの表面
モニタ
小さな電子部品や小物 etc…

ヤマトヌマエビの観察/スマホ天体望遠鏡 PANDA

 

頭の構造や腹の斑点、金色と鮮やかな青色が印象的な尾扇(びせん)も鮮明に観察が出来るようです。

【スマホ25偏光顕微鏡で観察できるもの】

セロハンテープの重ね貼り
プラスチック片
岩石の薄片
氷の結晶
クエン酸の結晶(洗剤)
酒類の結晶 etc…

岩石薄片(斜方輝石)の観察/スマホ天体望遠鏡 PANDA

 

③図録「Astrographia」

恒星や星雲・星団・彗星などを収録した写真カード集(49枚)付き

 

スマホ天体望遠鏡 PANDAの購入する方法は?

「スマホ天体望遠鏡PANDA」は下記の書店で取り扱い中です。

丸善&ジュンク堂書店(一部取り扱いの無い店舗もあるようです)
紀伊國屋書店 新宿本店
ブックファースト 新宿店
未来屋書店 岡山店

※2015年11月時点

教材販売サイト「リランフェート」、「Amazon」でも購入可能のようです。

 

TOCOL®、トーコル®とは?

TOCOL®、トーコル®とは、連携団体:株式会社トイの登録商標で、Test of Color and Light の略称です。合否・選抜にとらわれずに本物の実力が身につけられる、色彩系では唯一の能力養成テストだそうです。
※スコアの有効期間は3年間で、トーコル事務局より更新時期が近づいてきたお知らせが送られてきます

 

天体観測や地上望遠鏡として是非活用してみてはどうでしょうか。