2015年11月13日、日本テレビ系列『アナザースカイ』では、世界最先端!ニューヨークのファッションウィークに潜入し、新進気鋭デザイナーの最新コレクションからヒールなのに疲れない?人気の靴、下着ブランドで試着ルームで撮影中断するほど本気で大人買いをした篠原ともえさんが出演されました。

スクリーンショット 2015-11-13 22.28.12

出典:http://travel.mdpr.jp/

シノラーブームを経て今やユーミンのステージ衣装を手掛けるほどの人気デザイナーになった篠原ともえさん。再ブレークを果たした真実に迫るそうです。16年の間に一体何があったのか当たり障りなく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?篠原ともえのプロフィール

 篠原ともえ

出典:@tomoeshinohara

本名:篠原友恵(しのはら ともえ)
生年月日:1979年3月29日
出身地:東京都青梅市
血液型:AB型
スリーサイズ:B82 W62 H89
身長:152cm
最終学歴:文化女子大学短期大学部・服装学科
趣味:裁縫、天体観測、仏像巡り
ジャンル:テクノ、ロック、エレクトロニカ、実験音楽
職業:歌手、女優、デザイナー
担当楽器:ギター、ベース、ハーモニカ、サンプラー
活動期間:1995年 –
事務所:古舘プロジェクト
備考:「シノラー」ブームを巻き起こした
公式サイト:篠原ともえ OFFICIAL WEB
公式ブログ:http://lineblog.me/shinoharatomoe/
Twitter(ツイッター):@tomoeshinohara

【資格】

星空準案内人(星空準ソムリエ)
宇宙検定3級(星空博士)
アロマ検定2級
フラワーカラー アドバイザー
アシスタントカラー コーディネーター
色彩コーディネーター

【受賞】

1996年 ゴールデン・アロー賞 新人賞 (芸能部門)
2000年 第17回 ベストジーニスト 協議会選出部門
2015年 COTTON USA AWARD 2015

6歳年上と3歳年上の兄がおり、篠原ともえさんは長女で、3人きょうだいです。子どもの頃はよく兄にイジメられていたそうです。実家は、東京都青梅市で寿司屋「孝寿司」を経営されていました。
※2009年ラーメン「味睦」に変わり2010年10月頃閉店後、台湾酒場 39という居酒屋に変わっているようです

幼少時代は親の夢でもあった宝塚歌劇団への夢を実現するために、背を伸ばすために母親に足を持って振り回されたこともあるそうです。

学生時代のお弁当がお寿司だったこともあるそうです。長男は寿司職人、次男はフランス料理人になっているそうです。長男が寿司屋を継いでいるという事になるようです。

幼少時は大人しい性格だったそうです。小学4年の時にバレエを始めたのを機に明るい性格に変わり、デザインに興味を持ち、人形の服や小物を自作するようになりました。

中学1年の時に軽音楽部で当時はユニコーンのファンでコピーバンドでギター兼ボーカル担当し、中学3年の夏休みにソニー歌手オーディションに合格。新人開発部に所属し、デビューに向けてボイストレーニングのレッスンを受けました。

東京都立八王子工業高等学校・応用デザイン科に1994年4月に進学してから翌年の春、ソニーのラジカセ「Dr.CHANGER」のCMの企画を持ってきたディレクターに見出されました。

他に2名候補がいたそうですが、篠原ともえさんをプロデュースした石野卓球さん曰く、選んだ理由は「この子なら変な関係(男女の関係)になりそうもなかったから」という理由で1995年7月1日に「篠原ともえ+石野卓球」名義のシングル「チャイム」でデビューしました。

1996年、フジテレビ系列『HEY!HEY!HEY!』で、「誰やねん」のコーナーでの出演がきっかけとなりダウンタウンにシノラー人形を投げられる等、機転の利いた傍若無人ぶりで強烈な印象を残しました。

フジテレビ系列『LOVE LOVEあいしてる』ではレギュラー出演でゲストの楽屋襲撃コーナー「篠原ともえのプリプリプリティ!!」でハイテンションな人懐こいキャラクターで人気を集めました。「篠原ともえのプリプリプリティ!!! International」で、海外ミュージシャンとの交流が多数あり、

1997年3月1日石野卓球プロデュースによる最後のシングル「ウルトラリラックス」を発表。

Shinohara Tomoe – Ultra Relax

 

この年に東京都立八王子工業高等学校・応用デザイン科を卒業し、高校の推薦により戸板女子短期大学・被服科に進学しましたが、裁縫技術を学ぶため翌年に文化女子大学短期大学部・服装学科を一般受験し再入学しています。

1997年4月19日~6月28日、日本テレビ系ドラマ『FiVE』で連続ドラマ初出演し、8月には映画『デボラがライバル』で映画初出演も果たしました。

1997年12月8日、初のバラードシングル「ココロノウサギ」を発売。
※シングルジャケットは篠原ともえさん自身のイラスト

エステティックサロン・たかの友梨のTVCMとして本人も出演しました。

たかの友梨 篠原ともえ b

 

1997年の「TOYOTA新カローラツーリングワゴン」CMで「カローラツーリングワゴン=カロゴン」と愛称づけられたところから始まった「カロゴンズ」は、当時、まだ売出し中だったころのユースケ・サンタマリアさんと共演し、2枚のシングル「カロゴンズのテーマ」、「カロゴンズのラブソング」を発表しました。

同年8月発表のアルバム『MEGAPHONE SPEAKS』からはセルフ・プロデュースのもと、作曲を始めました。1999年の20歳の誕生日記念ライブ「しのドーム in 武道館」ではアリーナ席をステージにし、主にレギュラー音楽番組『LOVELOVEあいしてる』で出会ったミュージシャン&コーラス隊含め総勢80人出演者と共に無料ライブを行いました。

2000年1月、ファッションショーの企画・音楽・演出を手がけ「しのコレ~21世紀に作る21歳の篠原ともえがデザインする21体の服~」を在学中の大学にて開催しました。10月に作詞・作曲・衣装デザインを手掛けたミュージカル『天使からの招待状』で初舞台を踏みました

2001年3月、文化女子大学短期大学部・服装学科を卒業後、ミュージカル「ありがとうサボテン先生」では出演・自身初のコスチュームデザイナーとして参加しました。

2002年、初めてのストレートプレイ舞台・第九回竹中直人の会『月光のつゝしみ』に出演した体験が自分の大きなターニングポイントとなったと語られています。
【詳細を別ページで紹介しています】

2002年4月24日、篠原ともえさんが出演するストリーミングビデオ毎週水曜日の17時から18時まで生放送「Happy Store」の配信を開始。日本初の生中継でのレギュラーパーソナリティを務め話題となりました。

2004年4月から2008年9月こども・アニメ専門チャンネル「キッズステーション」の教育番組『モンすたージオ』で歌のお姉さんとして出演。篠原ともえさん本人のコスチューム製作を担当と篠原ともえさん本人作詞・作曲による楽曲提供もしていました。

2005年、アニメ『こどものおもちゃ』がフランスのテレビ局でも放送され、篠原が歌っていた後期OP曲「ウルトラリラックス」にも注目が集まり、クラブで頻繁にプレイされるなどヨーロッパで注目を集め、2005年11月、2006年3月・6月に渡仏、パリでライブを行ないました。

2004年8月、アストリッド・リンドグレーンの童話『長くつ下のピッピ』原作のミュージカル『ピッピ』の主演を務め、2006年8月に全国5ヵ所(東京、神奈川、愛知、大阪、福岡)で再公演されました。それ以降、積極的に舞台に出演しています。